思い出のG1~オークス編~2009年

競馬を愛する皆様。お元気ですか。館山速人です。

恒例となりました、俺っちが勝手に思い出のG1を語るコーナーです。

今日は2009年のオークスについて語ります。

この年のオークスには、俺っちにとっての史上最高の馬アグネスタキオンの子が5頭も出ていて(と言ってもそのうちの一頭ワイドサファイアは放馬の影響で発走除外になり最終的には4頭になったんですが。。。(;・∀・))、個人的に大変テンションの上がっていたオークスだったんですが、彼女たちの前には一頭、とんでもない強敵がおりました。その馬の名は

ブエナビスタ

父スペシャルウィークは言わずと知れたG1・4勝馬。母ビワハイジはG1阪神3歳牝馬S(当時)を制し、繁殖に上がってからもアドマイヤジャパン、アドマイヤオーラといった重賞勝ち馬を筆頭に、良い馬をコンスタントに送り出していました。

ブエナビスタ自身も、後に「伝説の新馬戦」と呼ばれるほど、上位馬が軒並み出世した新馬戦を3着としたあと、G1・2勝を含む4連勝で名馬の道を着々と歩み始めていました。

後に天皇賞秋やジャパンカップを制し、歴史的名馬となる馬なのですが、正直、オークスの段階では俺っちはそこまで評価してなかったんですよね。(;・∀・)

というよりも、「俺っちの大好きなアグネスタキオン産駒の邪魔をする悪役」という身びいきが過ぎる理由で、何となく好きになれなかったんですよね。なので、このオークスでもブエナビスタは押さえて買う程度で、馬券はブロードストリートから勝負していました。

レースは淡々としたペースで進み、ブロードストリートは中段から、ブエナビスタは後方2番手という位置取りで競馬。直線は外に出したブロードストリートがじわじわとしか伸びない中、内からスパッと切れたレッドディザイアが一瞬のうちに抜け出し、「大勢は決したか」と思われました。

そこに大外からグイグイと伸びてくる馬が一頭。それが誰あろうブエナビスタ!!

残り1Fで少なくとも4馬身はあったであろう差がみるみる詰まり、ゴール直前できっちりとらえての差し切り勝ち。

よく、競馬ではダビスタやウイポの様な競馬ゲームの影響もあってか「勝負根性」という言葉が使われます。この言葉は大抵の場合、「競り合いに強い」であったり、「並んだら抜かせない」、「先行してしぶとい」という意味で使われます。ただ、この時のブエナビスタは本当の意味での勝負根性=「勝利への意思」を思わせる「凄み」を感じました。

この「凄みを帯びた末脚」には俺っちの様なひねくれものや穴党の人も「こいつには逆らえん」と白旗を上げたのではないでしょうか。それくらい「度肝を抜く」勝ち方でした。

とはいえ、この後のレースでもたびたびブエナビスタに逆らっていた俺っちは、本物の馬券下手だったわけですが。。。(;・∀・)

さて、今年のオークスは安定して結果を残してきた桜花賞組に、コントラチェック、ラヴズオンリーユーと底を見せていない他路線組が加わって、本当に面白いレースになりそうな予感です。ヽ(^o^)丿

レースの日を楽しみに待ちたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です