競馬予想~目黒記念~

競馬を愛する皆様。お元気ですか。館山速人です。

では、日本ダービーに引き続き、目黒記念の予想をしていきましょう。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

東京芝2500mのポイント

俺っちが東京芝2500mを予想する上で重要視しているのが、「持続性能」の高さです。

俺っちは基本的には競走馬のタイプは大別すると「持続力型」と「瞬発力型」の2パターンに分けられると思っています。わかりやすく違いを説明すると1000mのレースがあるとして、持続力型はラップが

12.0-12.0-12.0-12.0-12.0

となるようなレースが得意で、逆に瞬発力型は、

13.0-13.0-12.0-11.0-11.0

となるようなレースが得意と思っていただけると良いかと思います。

まぁ、本当に強い馬はどちらの要素も兼ね備えているんですがね。(*’▽’)

閑話休題。東京2500mに関しては、というより、長距離戦に関しては極端に上がりだけの競馬になることは少なく、残り1000mくらいからペースが上がることが多いので、持続型を狙うべきレースだと考えています。

そして、この持続力を測るための条件として、俺っちは「過去2年以内に5F以上11秒台が連続するラップを出したレースでの好走経験」を必要条件としています。

今回のメンバーでの当てはめ

そして、今回のレースでこれに該当する馬は以下の4頭です。

1ウインテンダネス

4ムイトオブリガード

5アイスバブル

6ブラストワンピース

で、この中から俺っちが本命に推奨するのはこの馬です!

4ムイトオブリガード

えっ?ブラストワンピースじゃないのかって?

ブラストワンピース本命にしたって捻りも何もなくて面白くないやろ。( ゚Д゚)

というのもありますが、一応、根拠もあります。

ブラストワンピースが「過去2年以内に5F以上11秒台が連続するラップを出したレースでの好走経験」という条件を満たしているのが、新潟2000mのレースなんですよねぇ。アイスバブルもそうなんですが、2000m以下だと該当条件の希少性が薄れますし、それが新潟やローカルの1800m、2000mだと結構頻繁に見られます。なので、相対的な評価としてはこの2頭を他の2頭よりやや落として考えます。

そして、残った2頭。ウインテンダネスとムイトオブリガードの優劣なんですが、これは

近走で2頭が同じレースを走った時の着順

瞬発力の有無(該当条件のレースで11秒台前半のラップがどれだけあるか)

をもとに決めました。

馬券は上記4頭に加えて、淀みない流れを先行して勝った経験があり、スタミナは豊富にあると考えられる 12パリンジェネシス を加えて勝負したいと思います。

買い目

馬連4-1,6 3連複フォーメーション4-1,6-1,6,5,12

当たるといいなっ。ヽ(^o^)丿

《公式》極ウマ・プレミアム

日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト

人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です