先週の競馬振り返り~ラップから見る注目馬~

競馬を愛する皆様。お元気ですか。館山速人です。

さて、ダービーの回顧に続きまして、先週の競馬で気になった馬の紹介をしていきたいと思います。

5/25 京都6R 1着 ローザノワール

勝ちタイムの1.51.4は、翌日の古馬1600万戦より0.1遅いだけ。L4Fのラップ構成も12.4-12.1-11.8-12.4というこちらも古馬1600万戦で十分に勝ち負けできる時計。

そのラップを2着と6馬身、3着とは10馬身差をつけているのだから力量はオープン級と言っても差し支えないと思います。

また、この馬は牝馬ですのでJBCディスタフでも楽しみな存在になるでしょう。

5/26 東京10R 1着 フランツ

この馬はラップはあまり関係ないのですが。。。

この馬のデビュー戦。ラスト2F11.3-11.0という加速ラップを豪快に差し切っていて、「おっ」と思ったのですが、使っている脚が短かったので評価は保留としていました。

次戦、4角で一気にまくってきてこれまた「おっ」と思ったのもつかの間、直線はパタリと止まってしまい5着に敗れました。

この時、俺っちは「あぁ、この馬は使える脚が極端に短いタイプなんだな。持続性能を身につけない限り出世は厳しそうだな。」という評価に落ち着きました。

しかし、今回のレースではハイペースになっても最後まで脚色が衰えることはなく、それどころか、ゴール前で「グイ」ともうひと伸びしていたようにも見えました。

元々、加速力はある馬なので、そこに持続力が加わってきて、いよいよ本格化してきたのかなという気がします。夏の過ごし方いかんによっては秋競馬の超新星となるかもしれません。

地方競馬を楽しむならオッズパーク!
簡単登録で地方競馬へ投票

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です