競馬予想~6月22日~

競馬予想~6月22日~

こんちわ~す。館山速人です。

大澄晴香です。では、早速日曜日のお勧め馬を教えてください。

OK。明日は「自信の◎」が1頭、「お勧め穴馬」が4頭だよ。

自信の◎

東京9R 16サトノギャロス

この馬に関しては前走時も推奨したんだけど、未勝利勝ちの時の時計、ラップがとにかく優秀なんだ。タイムは同じ日の1000万クラスと同タイムだし、11秒台も4Fある、このラップなら準オープンでもいきなりから通用すると思うよ。

なるほど。ここは通過点と見てもいいというわけですね。

そうだね。前走も0.8秒差の圧勝だし、個人的にはここもあっさり勝ってほしいと思うよ。

鞍上の川島信二騎手も日曜はこれ一鞍だから、渾身の騎乗を期待したいね。

川島信二騎手ですかぁ。私、川島騎手とは不思議と奇妙な「縁」を感じるんですよね。個人的な感情になりますが、この馬で悲願のG1を勝てるまでになってくれたらいいなと思います。

お勧め穴馬

東京9R 12ニシノコトダマ

この馬は、前走のラップが『7.0-11.0-11.2-11.5-11.8-11.7-12.4』と、重馬場だから割り引いて考えなきゃいけない部分もあるとはいえ、11秒台が5Fある優秀なラップで勝っているし、これだけ走れるなら昇級でも十分通用すると思うよ。

サトノギャロスの相手候補というわけですね。

うん。それに今年の3歳ダート路線ってかなりレベルが高いと思うんだ。その中で、1勝クラスとは言え安定して掲示板を確保してきたこの馬の力は侮ってはいけないと思うよ。

函館12R 6シュバルツボンバー

シュバルツボンバーは今回が初のダート戦ですね。

うん。個人的にダート替わりがプラスになりそうなイメージの馬って「加速力の足りない持続力型の馬」というイメージがあるんだ。

この馬の場合、デビュー戦でいきなり11秒台が6F続く優秀な持続力ラップを勝っているし、近走は上がりの速い競馬で大敗こそないけれど、イマイチ煮え切らない競馬が続いている。ダートに替わって新味が出やすいタイプだと思うよ。

なるほど。初ダートだからと言って割り引く必要はないと。

そうだね、むしろそれで人気が適度になってくれるならおいしいね。

阪神12R 1メスキータ

この馬も先ほど述べた「レベルの高い3歳ダート路線」の一頭だね。

この馬の強調材料はどんなところでしょうか。

まず、そのレベルの高いダート路線で2月の段階で2勝していること自体が強調材料になるね。重賞やオープンでも掲示板は確保しているしね。

ラップ的な観点からはどうでしょうか。

正直、未勝利勝ちの「上がり4Fに12秒台前半が2F」だと本来そこまで大きな強調材料ではないけれど、このメンバーは正直そこまでラップ的に秀でた馬もいないからね。このラップを持っていれば通用する可能性は十二分にあるよ。

東京12R 1アテンフェアリー

この馬も「レベルの高い3歳ダート路線」というのが推奨理由ですか?

いや、さすがに6月に未勝利を買ったばかりの馬ではその理由では推せないかな。

ただ、その未勝利勝ちのラップが「12秒台後半がなく」かつ「加速ラップを差し切って勝っている」という点に好感が持てるね。「ハマれば」というタイプだと思うから、最終レースの逆転にはもってこいの馬だと思うよ。

なるほど。

日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です