競馬予想~8/3~

競馬予想~8/3~

こんちわ~す。館山速人です。

アシスタントの大澄晴香です。では、時間がありませんし、館山さんのアホみたいなトークを聞く気もありませんので「自信の◎」と「おすすめ穴馬」をちゃっちゃと紹介してください。

アホ見たいとは失礼な。まぁ、時間がないのは事実だからテンポ良くやっていくよ。

今日は「自信の◎」が2頭、「おすすめ穴馬」が4頭だよ。

自信の◎

新潟6R 2ホシフルドヒョウ

この馬のここ2走はともに福島ダート1150mで2着。いずれも前半から10秒台後半-11秒台前半-11秒台後半のラップを刻んで先行しての好走。

新潟ダート1200mはテンのダッシュ力を何より求められ上のように10秒台後半~11秒台前半のラップですっと先手がとれるこの馬には絶好の舞台。

他にこの舞台に適性がぴったりという馬も見当たらないし、ここは確勝級だろう。

えらい自信ですね。本当に大丈夫ですか?

………。連は外さないと思うよ。

(うわ、ちょっとトーン落ちた!)

小倉9R 5キャスパリーグ

ここはファンタジステラが人気だけれど、この馬前半3Fが33秒台のレースで好走したことがないんだよね。その点、キャスパリーグは今年の2月の小倉開催で前半3F33秒台前半の競馬で2度立て続けに好走してる。

ここ2走は人気を下回る着順が続いていますが…、

そこは前半3F34秒台の緩い流れだったこともあるんじゃないかな?小倉だとその可能性は低くなるし、人気も適度に落ちた今回は絶好の狙い目だと思うよ。

おすすめ穴馬

札幌4R 9ラサーサ

昔、「サラブレ」という雑誌に掲載されている「金満血統王国」というコーナーで、『ダート1400mはダート1700mとリンクする』ということが書いてあったのがおぼろげながら、でも確かに印象に残っているんだよ。

何ですか?突然?

良いから聞けって。その意味が最初分からなかったけど、ラップを見て予想するようになって、これは「ダート1400mとダート1700mではラップの傾向が似ているからだ」と俺っちは思うようになったんだ。

それはどういうことですか?

ダート1400mもダート1700mもどちらかというと「12秒前半のラップをだらっと続く」というラップになりやすいんだ。まぁ、実際は細かな違いもあるけどね。

そうなんですね。

で、ラサーサの場合はでこの馬の場合デビュー戦で11秒台後半~12秒台前半が6F続くレースで3着に好走してる。

今回はそれ以来の1年2か月の長期休養明けになりますが……。

それもかえって好都合。人気が落ちる要因にもなるし、この馬の新馬戦で勝ったラインカリーナは関東オークスを制覇してるし、2着のニシノコトダマは既に2勝を挙げている。つまり「この馬ももっと早く勝ち上がっていてもおかしくない」馬ということになるし、今の時期の未勝利ならあっさり勝ってもおかしくないと思うよ。

小倉11R 2タガノプレトリア

小倉12R 4ブライトエンパイア

2頭まとめて紹介って、確かに時間短縮にはなりますが……、手抜きですね。

まぁ、そう言うな、推奨理由が似ているからまとめて紹介しようと思ってさ。

この2頭はどちらも「現級で2着がある」「距離が嫌われてやや人気を落としている」という点で共通しているけど、さっきも言ったっとおり「ダート1400mとダート1700mはリンクする」という前提に立つと、どちらもダート1400mで実績があって、ラップ的にも1700mは対応できそうだから、この人気はおいしすぎると思うんだよ。

確かにタガノプレトリアは前走1番人気にも関わらず今回は8番人気、ブライトエンパイアも前走3着にも関わらず10番人気ですね。

どちらも8時20分段階のオッズだけどね。これだけ人気がないのなら、狙ってみて損はないと思うよ。

小倉7R 9タナロア

この馬は新馬戦で2着に来てるんだけど、その時のラップが

12.4-11.3-11.3-11.7-11.5-11.7-12.0

と小倉に必要な「11秒台の脚を長く使える持続力」を見せているラップになっている。ここは一発あるかもよ。

距離の1800mは大丈夫ですか?

そこは正直不安なんだよね。だから、上に挙げた3頭よりややトーンは落ちる。と思ってくれた方がいいね。

《公式》極ウマ・プレミアム

日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト

人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です