クラシックに新星誕生か⁉~2/1予想~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。早速土曜競馬の予想をお願いします。

ラジャ。土曜日は「自信の◎」が2頭、「おすすめ穴馬」が1頭だよ。

今日はやや少なめですね。

小倉は「自分なりに狙ってみたい馬」はいるけど、ブログで推奨するほどかと言われると……、という感じであまり自信はない。京都も同様で、東京は開幕週で馬場が読めないというのもあるし、こちらも推奨するほどの自信を持てる馬はいなかったって感じかな。

なるほど。

自信の◎

小倉9R 8ルンルンクオリティ

ルンルンクオリティは初勝利時の前半1000mが59.8、1勝クラス2着時の前半1000mが59.4と前半から淀みない流れで結果を出してきた。

どちらのレースも上がりに11秒台前半のラップがないことからも「上がりのかかる消耗戦」でこそ真価を発揮するタイプ。

それをもとに7着だった前走を見ると、上がり4F45.6、上がり3Fに2F11.4を切るラップが上がる「スパート後の最高速度」を問われる競馬で、適性外のレースだったと見ることが出来る。

今回は小回り2000mで各馬早めに仕掛けることが予想される上、馬場を考えても上がりの速い決着になることは考えづらく、この馬の適性にハマるレースになりそう。

京都9R 梅花賞 1ヴァーダイト

ヴァーダイトの新馬戦で記録された後半1000m58.6はここ10年の阪神芝2000mの新馬戦の中で(たぶん)最速。

「たぶん」ってテキトーな……。

手集計だからそこは許して。参考までに言うと、阪神2000mでデビュー勝ちした過去の名馬の後半1000mタイムを見てみると、アグネスタキオンの新馬戦が59.1、ルーラーシップの新馬戦が59.6、ディープインパクトの新馬戦が57.8。 今あげた馬は差しきりだったから単純比較はできないけれど、ヴァーダイトは過去の名馬とも遜色ないタイムを記録しているし、クラシックでも期待が持てる逸材だと思うよ。

速い上がりで勝ったのなら、今の京都の馬場は不安じゃありませんか?

いや、ヴァーダイトは姉に稍重でG1を2勝したマリアライトやクリソライトを筆頭にダートで活躍する馬が多数おり荒れ馬場も苦にしないことが考えられる。

正直、俺っちはこの馬に関してはコントレイル、サリオス、マイラプソディと争えるポテンシャルを持った馬だと思ってるし、ここはスンナリ勝ってクラシックをより盛り上げてほしいね。

おすすめ穴馬

小倉7R 6サンライズアキレス

サンライズアキレスの推奨理由については、ルンルンクオリティと似てるんだけど、函館で未勝利戦を勝った時の前半1000m59.9と淀みない流れで上がりもかかっている。

このレースはラスト2Fが12.6-13.0とかなり上がりがかかったレースだし、今の馬場はフィットする馬だと思う。

この2走はともに道中でラップタイムが13秒台まで落ちる箇所が2F以上続く緩急があるラップだったし、今の小倉1800mなら淀みない流れで上がりのかかる展開になる可能性は高く、巻き返す可能性は十分にあると思う。パターンとしては先週の日曜日に穴を開けたブライティアセルバのパターンと似てると思うよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です