ダートでも吹くか⁉ハーツクライ旋風~2/8予想~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。今日も早速土曜日の注目馬を紹介して頂きます。

ラジャ!今日は「自信の◎」が1頭、「おススメ穴馬」が3頭、「寵愛枠」が2頭だよ。

自信の◎

京都1R 7スズカデレヤ

スズカデレヤは前走の後半3Fラップタイムが12.4-12.1-12.2と非常に優秀。これを逃げて(=自力で)叩き出しているのだから価値が高い。

その前走は1着馬とはアタマ差で2着とは8馬身、3着とは8馬身差をつけており未勝利では力上位という所を印象付けた。

ダート転向後は3戦連続2着と安定して結果を残し続けており、勝ち上がった馬も増えつつある現状の未勝利ならしっかりと勝っておきたいところ。

おススメ穴馬

東京6R 8ハラハラドキドキ

ハラハラドキドキは前走スローと見て向こう正面で順位を上げる競馬で4着。

このレースは前半1000mは1分4秒台とスローだったものの、後半5Fは11.9-12.1-12.4-11.6-12.0と早めにペースが上がる持続力を問われる流れ。

この流れを自分から早めに動いて4着に粘っているのだからこの馬のレース内容も中々に濃い。

東京の速い上がりに対応でいるかは微妙な所だが、2400mならロングスパートの勝負になる可能性は十分にあり、そのような持続力を問われる流れになれば十分チャンスはあると思う。

東京12R 6スズカアーチスト

スズカアーチストも注目すべきは前走。不良馬場で前半から緩みない流れになり前半4Fが45.5と芝でもハイペースに分類されるラップ。このペースで逃げては最後垂れても致し方ない。

むしろ、差し馬が上位独占したこのレースで8着に踏ん張っているのはむしろ褒められていい内容。

前走も2番人気に支持されているし、このレースを除けばこのクラスの東京ダート戦では3着、4着とコンスタントに上位に来ておりこのクラスでも通用する力は十分に持っている。

人気が落ちる今回は絶好の狙い目!

小倉11R 10フラル

フラルが好走したレースは、おしなべて、①5F以上11.5~12.4のラップが続く。②上がりに11秒台前半(11.4以内)のラップが出ない。③小回りO型1800m~2000mのレース。実はこの条件全てに当てはまるレースでは連対を外したことがない。

これをレース前に的確に読むのは難しいが、今の小倉の馬場状態なら①はともかく②はほぼ間違いなく満たすだろうし、この馬の好走条件に当てはまる可能性は高い。

こういう「好走条件が限られた馬」と言うのは、それに当てはまれば問答無用で狙っても損はないと思うし、ましてや昇級戦で人気が出ると考えづらい今回は是非とも狙ってみたい馬の一頭だ。

寵愛枠

東京9R 8ダイワクンナナ

ダイワスカーレットの娘だから!!以上!!

相変わらず進歩がないですね。それ以外になんかないんですか?

まぁ、前走に関しては、陣営は「成長分」と言っているけど個人的にはやや太め残りの印象があったし、一叩きされた今回は多少なりとも絞れて出てくるはず。

新馬戦のような走りが出来れば1勝クラスならばスンナリ勝てる実力はあると思うし、ここは期待したいところだね。

京都11R 6ロードレガリス

ロードレガリスに関しては、前走時館山さんは「交流重賞で大暴れする可能性がある」と仰っていました。ここは「自信の◎」でも良いんではないでしょうか?

確かにそれも考えたんだけど、このレースにはポルックスS圧勝のスワーヴアラミス、レベルの高い3歳ダート路線の重賞勝ち馬ハヤヤッコもいて一筋縄ではいかないレースになると思うんだ。

いくらロードレガリスでも、そう簡単に勝てるとは言えないメンバーだよ。

ロードレガリスでも絶対の本命にならないくらいメンバーレベルが高いという事でしょうか?

そういうこと。正直先にあげた3頭は、仮に東海Sに出ていたとしても十分勝ち負け出来たレベルの馬だと思う。今後のダート界の動向を左右する可能性もある注目のレースだと思うよ。

なるほど。それにしてもハーツクライは芝路線だけでなくダートにも注目馬を出してきましたね。

このレース次第では「ダートの中心もハーツクライ」と言うことになるかもしれないね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です