クロノジェネシスはリスグラシューになれるのか⁉~京都記念回顧~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。今日は京都記念の回顧をお願いしたいと思います。

クロノジェネシスはリスグラシューのようにグランプリで狙え⁉

勝ったのは昨年の秋華賞馬クロノジェネシスでした。

この馬は上がりがかかる展開だと本当に強いね。

馬場に恵まれたという感じですか?

少しニュアンスが違うかな。牝馬同士ならパンパンの良馬場でやれる実力はあるだろうけど、この馬が本当に力を発揮するのはこう言うパワー型の馬場なんだろうなって言う事。それこそ去年のジャパンカップに出ていたら頭まであったんじゃないかと言うくらい。

実際、秋華賞を勝った時のレースの上がり5Fが12.7-12.5-12.0-12.3-12.1、京都記念の上がり5Fは離して逃げた馬がいたとはいえ13.1-12.7-12.4-12.2-12.3といずれも11秒台が全くないもの。それに対して桜花賞、オークス、エリザベス女王杯と負けた3戦はいずれも上がり3Fに11秒台前半が出てくるレースで、上がりが速いレースより、パワーや耐久力が問われるレースの方があっているのは明らかだよ。

その条件なら宝塚記念や有馬記念が目標になってくるでしょうか。

そうだね。その2つのレースなら十分に狙いが立つと思うよ。なんなら「第二のリスグラシュー」になれるくらいの力を秘めているかもしれないね。

えらく絶賛されますね。

それくらい強い内容だったからね。

ただ、上がりの速い競馬だとアーモンドアイや牡馬の強い所と当たるとさすがに心もとないと思う。天皇賞秋やジャパンカップ(どちらも良馬場想定)だとちょっと評価を落としたいかな。

ヴィクトリアマイルではどうですか?

京都記念を始動戦に選んでヴィクトリアマイルを目指すとは思えないけど……、正直ヴィクトリアマイルは心の中で「本命を打つ」と決めている馬がいるから、印をつけても相手までかな。適性的にも「ドンピシャ」ではないと思うし。

カレンブーケドールは爆発力が欲しい

2着のカレンブーケドールについてはいかがですか?

この馬も持続性能やパワーはあるんだけど……、クロノジェネシスと比べると少し器用貧乏な気はするね。

器用貧乏ですか?

うん。クロノジェネシスより高速馬場になった時の対応力はあるんだけど、その分時計のかかる馬場での爆発力はかけるかなぁ~。

クロノジェネシスが高速馬場60点、荒れ馬場100点だとするならば、カレンブーケドールは高速馬場75点、荒れ馬場85点くらいのイメージ。

クロノジェネシスより取りこぼしは少なそうだけど、牡馬相手にG1を勝つイメージも薄いって感じかな。

まとめ

1着 クロノジェネシス

◆上がりがかかる耐久力勝負向き。この条件なら牡馬の一級戦とも戦えそう。

◆具体的には宝塚記念、有馬記念が狙い目。

◆上がりの速いレースだと牡馬一級戦だと厳しい印象。天皇賞秋やジャパンカップだと評価を下げたい。

2着 カレンブーケドール

◆この馬も上がりのかかるレースの方があってそうだが、クロノジェネシスより速い馬場への対応力はありそう。

◆その分いわゆる「器用貧乏」的な所もあるので、一級戦の牡馬相手となるともうワンパンチ欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です