マイラプソディが負けたんじゃない。ダーリントンホールが勝ったんだ。~共同通信杯回顧~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。今日は共同通信杯の回顧ブログです。

俺っちが思う「怪物」の定義

ここは1番人気のマイラプソディが4着に敗れるという波乱のレースとなりました。

うーん。悪くはない、悪くはないレースなんだけど、「悪くはない」と言う評価で止まってしまうことが残念と言うか……。

レースだけ見るとスローペースの上がり勝負だから展開的によく追い上げていると言えるのは言えるんだけど………、コントレイル、サリオスと「三強」を形成することが期待されている馬なら最低でもフィリオアレグロは交わして前の馬にもあと一歩くらいのところまでは迫ってほしかったところ。

それを前に行ったビターエンダーと同じ上がり3Fのタイムでしょ。正直俺っちの中では「三強」の位置づけから「二強」になったのは間違いない。コントレイル、サリオスの1点勝負かマイラプソディを加えた三角買いのどちらかなら間違いなく前者を選ぶね。

うーん。辛辣な言葉が続きますね。

それだけコントレイルとサリオスのレベルと言うか期待値が高いと言えるんだけどね。この2頭がいなくて上位が混戦ムードだったら「人気落ちるぜ!しめしめ。」って思ってるかもしれない。(まぁそんなに人気落ちると思えないけど。)

俺っちはコントレイルとサリオスは「怪物級」だと思ってるんだけど、その「怪物級」とタメをはるには「多少の不利をはねのけて勝つ」くらいはしてほしかったんだよね。

ダーリントンホールはレース後のファンの雰囲気があの二冠馬と重なる⁉

勝ったダーリントンホールについてはどうでしょう?

好位から競馬をして、ある程度早めに促しているのに最後叩き合いを制したのは底力を感じたね。あと、雨が降っていたとはいえこの時期にサドラーズウェルズ系が上がりの速いレースで結果を出したってことも注目すべきポイントだね。基本的にサドラーズウェルズ系はパワー型が多いから。

クラシックに向けてはどうでしょう。

正直見た目やラップのインパクトはコントレイルやサリオスに比べると薄い。ただ、「皐月賞前に重賞を勝ったサドラーズウェルズ系の牡馬」ってこれまで(手集計だと)テイエムオペラオー、メイショウサムソン、ロゴタイプ、ランスオブプラーナの4頭しかいなくてそのうち3頭は皐月賞馬。

たまたまなんじゃないですか?

一概にそうも言い切れないと思うよ。

サドラーズウェルズ系は晩成、中長距離向きで、スローペースの上がり勝負よりハイペースの耐久力勝負の方が向いているというのが一般的な見解なんだけど、これって2歳~3歳戦に求められる能力とは逆の性質を持っていると思うんだ。

確かに2歳戦から3歳戦は長くても2000mのレースが中心ですし、競馬を覚えさせるためにスローペースになることの方が多いですね。

「適性外のレースで結果を残せる」と言うのは裏を返せば「それだけポテンシャルが高い」と言うことの証左でもあると思う。ダーリントンホールの今後にも注目したい。感じとしてはメイショウサムソンの時と雰囲気が似ている気がしてる。

メイショウサムソンですか?

そう。メイショウサムソンが勝った皐月賞、は弥生賞を勝ったアドマイヤムーンとか若葉Sを勝ったフサイチジャンクが人気してたんだけど、実際はきさらぎ賞→スプリングSというローテを採ったメイショウサムソン、ドリームパスポートのワンツーで馬連が万馬券になった。この馬も派手さないけど、並んでも向かせなかった勝負強さがある。血統的に大一番での爆発力はあると思うし、この馬が「ジャイアントキリング」を成し遂げる可能性は十分にあると思うよ。

2着のビターエンダーについてはいかがでしょうか?

うーん。この馬もマイラプソディと同じく悪いレースはしてないし、むしろ良いレースをしてるんだけど、最後叩き合いになり、一旦前に出ながらもう一度ダーリントンホールにかわされたでしょ。

それを考えると力量的にはダーリントンホールの方が上なのかなという気はする。

とは言え上がりがある程度速い3歳春の重賞でオルフェーヴル産駒が2着を確保するって言うのは「切れ味」と「持続力」を兼ね備えた馬出るの可能性は高く力はあると思うから重賞路線でも好勝負は期待できると思うよ。

まとめ

1着 ダーリントンホール

◆晩成、長距離型が多いサドラーズウェルズ系でこの時期に重賞を勝ったというのはそれだけで価値が高い。

◆並んだら前に出さない根性は〇。上がり46秒台前半のレースで結果を出したのは今後に向けても大きい。

◆派手な勝ち方でない分人気は上がりそうにないが、それがなんとなく2006年のメイショウサムソンを想起させる。皐月賞でももしかしたら◎を打つかもしれない。

2着 ビターエンダー

◆レースぶりは悪くないが最後一旦前に出ながらもダーリントンホールとの追い比べに負けたのは、同馬との比較においては減点材料。

◆ただこちらもどちらかと言えばパワー型の血統でこの時期の上がり勝負のレースで結果を出したことは価値がある。

◆ダーリントンホールがメイショウサムソンとするならこちらはドリームパスポート?

4着 マイラプソディ

◆コントレイル、サリオスのと比較で言えば、この4着は大きな減点材料。正直この2頭に比べると評価は落ちる。

◆この2頭を除けば、それなり(感覚的にはブラックタイドとかリーチザクラウンくらい)の位置に入ると思うので人気次第では印を打っても良いけど……、人気落ちないんだろうなぁ。(;^_^A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です