命運を分けた「芝」適性~フェブラリーS回顧~

こんちわ~す。”ダイヤモンドSで単勝3万円馬券を当てた男”館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。それ、いつまで言うんですか?

飽きるまでだよ。(`・ω・´)

……、わかりました。では今日はフェブラリーSの回顧をお願いします。

何度でも言う。ダートスタートなら……。

あーーーーーーーーーーっ!悔しいぃーーーーーーーーーー!!

モジアナフレイバー、残念でしたね。

芝スタートに戸惑っていたからね。素人目に見てもダートに入ってから明らかに走りのリズムが良くなっていたし、最後の追い上げを見ても「ダートスタートなら」と思わずにはいられないよ……。

それでもJRAのトップクラスの馬と比べても実力で劣っているわけではないと言うのは示せたと思うし、今年中に交流G1を勝てるめどは立ったと思うよ。引き続き追いかけていきたい馬だね。

モズアスコットは現状あくまで「東京ダート」で強い馬

勝負の方に目を移しますと、モズアスコットが根岸Sに続き連勝を飾りましたね。

今回のレースに関しては文句のつけようがない完勝だったね。

若干含みのある言い方ですね。

これは普段の予想からよく言っているけど、東京ダートって他のコースのダートより下級条件からラスト3Fのラップの中に11秒台が出るレースが多くて、ダートコースの中では比較的スピードを要求されるコースなんだよ。要するに比較的「芝に近い適性が必要とされる」コース。

だから東京ダートでしか結果を出していない馬に対して「ダート最強に君臨」と言う言い方はあんまりしたくなくて。中央のダートでも他のコースなら多少砂質は重くなるし、地方だとさらに重い。そういう「パワー重視」のダートコースなら全然付け入るスキはあると思うんだけどなぁ~。

とはいえ、モズアスコットはこれから海外で走るそうですから、他のコースのダートや地方のダートを走ることはあんまりないかもしれませんね。

それはモズアスコットにはとっては良いだろうね。上手くいけばフランケル産駒という日本では希少な血でもあるし、種牡馬としての価値が跳ね上がるかもしれない。

他にも先行勢で唯一上位に食い込んだタイムフライヤーも良い競馬してると思うけど、この馬もダートであれば「東京ダートのようなスピード勝負でこそ」感が強いんだよねぇ。

だから、タイムフライヤーもフェブラリーSの走りはG1で好勝負出来ると思えるくらい高い評価を与えたいけれど、じゃあ馬券の買いどころとなると「東京ダートで買い、他の競馬場のダートで軽視」というリズムが正解な気はするよ。

凄く自己中心的な事を言うと「他のコースで負けて評価を落としてきて武蔵野Sあたりに出走」が一番おいしいパターンという気はするよ。

やはりタイムフライヤーも「芝に近い適性が必要なダート」が良いという事でしょうか?

うん、そうだね。モズアスコットと違ってこの馬はに日本で走るし、モズアスコットより距離適性が長めな分、1800mとかの他場のダートで走ることも多いだろうからそのレースぶりは注目しておきたいね。

あと、これを書いてて思ったんだけど、今タイムフライヤーが芝のマイルとかに出てきたら面白いかもしれない。

芝のマイルですか?

うん。タイムフライヤーって結果が出なくなったレースって全部2000m以上のレースだし、ダートで2着にきた武蔵野S、ハイペースを先行して踏ん張ったフェブラリーSはともに淀みない流れで上がりに11秒台が出てくるような比較的「スピード」を問われるレースだったと思うんだよね。

だから芝に戻ってもマイルなら意外と(と言っては失礼だけど)、やれるんじゃないかなという気もするよ。極端な高速馬場にならない限りね。

ケイティブレイブは……、俺っちには予想できません<(_ _)>

2着のケイティブレイブはいかがでしょうか?

正直、俺っちには予想できなかったね。

この馬はモズアスコットやタイムフライヤーと逆で耐久力とパワーを生かすタイプのダート馬で、スピード重視の東京ダートは合わないんじゃないかと思ってた。実際フェブラリーSも2回挑戦して2回とも負けてるしね。

それに前走川崎記念の内容を見る限り「全盛期には程遠いな」と判断してしまった。

それでも実際今回は2着に食い込んできました。その要因は何だと思われますか?

Twitterで他の方の意見の中に「調教が抜群に良かった」ってのがあったし、調子自体は良かったんだと思う。

では今後は調教の様子も予想のファクターとして加えていきますか。

それはしないつもり。

調教(追い切り)は基本的にその週の水曜日、木曜日にならないと情報が入ってこないし、平場になると映像を見られる馬と見られない馬が出てくる。

それに、調教となると「感性」の方が重要になってくると思う、俺っちはそれより「論理」で予想を組み立てる方が性に合ってるんだよね。これは「どちらが優れている」とかの問題じゃなくて合う合わないの問題。

だから、今の予想スタイルをとっている以上、「誰かの調教予想を参考にする」ことはあっても、自分で調教を判断してそれを予想のファクターに入れることはないかな。

インティはやっぱり逃げた方が良い⁉

1番人気のモズアスコットが快勝する一方、2番人気のインティは14着と惨敗でした。これに関しては館山さんの戦前の懸念が当たっていたという事でしょうか?

スタートで若干寄られる不利があったとはいえ早々と手ごたえがなくなる完敗だったからね。やっぱり逃げないと厳しいのかなと言う印象は否めないね。そうなると、スピード優先の馬が多い1600m以下のレースだと今後厳しくなるかもね。

まとめ

1着 モズアスコット

◆強い勝ち方だが、東京以外のダートではまだ全幅の信頼は置けない。

◆東京以外のダートでさらに1800m以上の距離なら疑ってかかりたい。

◆とは言え、これからのローテは海外が中心になりそうなのであんまり関係ないかも。

2着 ケイティブレイブ

◆正直、東京ダートのマイルで来るとは思わなかった。

◆これは俺っちの予想では当てられない……。

◆鞍上の長岡騎手は好騎乗!

5着 タイムフライヤー

◆ハイペースを先行して唯一掲示板に踏ん張っており、内容としては濃い内容。

◆ダートなら東京ダートがベストなのは間違いない。

◆「東京ダートが専門」か「東京ダートがベター(他の競馬場のダートもこなす)」かは微妙。現状では東京以外のダートでは軽視したい。

◆狙い目は秋の武蔵野S。ただ、マイル前後なら芝で全くダメかはまだ明らかではない。マイル前後の芝を使ってきたら(高速馬場になると厳しいだろうが)面白いかもしれない。中京記念なんかは狙い目。

6着 モジアナフレイバー

◆スタートの芝でダッシュつかず。ダートに入ってからは走りもスムーズになっていたし追走にも苦労していなかった。返す返すも芝スタートでなければ……。

◆オールダートコースなら中央の一級戦相手にも通用することは改めて証明されたと思う。今後も追い続けたい馬。

14着 インティ

◆レース前までは「逃げた方が良い」だったけど、今日のレースを見る限り「逃げないとダメ」という感じがした。

◆その前提なら今後は1600m以下の快速馬が揃うようなレースでは狙いたくない。

競馬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です