世代初の重賞ウイナーに輝くのはどの馬だ!~函館2歳S予想~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。今日は世代初の2歳重賞函館2歳Sの予想をしてもらいます。

過去5年時計&ラップタイム

2019年:ビアンフェ:1.09.2 12.2-10.4-11.0-11.5-11.7-12.4(良) 33.6-35.6

2018年:アスターペガサス:1.09.4 12.1-10.6-11.2-11.7-11.6-12.2(良) 33.9-35.5

2017年:カシアス:1.10.0 12.1-10.7-11.7-11.6-11.6-12.3(良) 34.5-35.5

2016年:レヴァンテライオン:1.09.2 11.7-10.7-11.1-11.6-12.0-12.1(良) 33.5-35.7

2015年:ブランボヌール:1.10.6 12.2-10.6-11.3-12.0-12.3-12.2(稍重) 34.1-36.5

では早速傾向の分析をお願いします。

うーん。今回は傾向分析はやめにしておくよ。

どうしてですか?

まず、全体的に上がりがかかる傾向にはあるけれど、それが明確な傾向とまで言えるかは微妙だし、何より傾向がわかったところでほとんどの馬が1戦1勝で出てくるわけだから、特徴もつかみづらいんだよね。

だから、この函館2歳Sは去年使った予想方法をそのまま使って予想していくよ。

…………、すみません去年の予想方法ってどんなんでしたっけ?

よし。じゃあ振り返ってみようか。

まず、去年注目したのが連対馬のデビュー戦での決まり手。2010年~2018年の連対馬18頭を「初勝利時3角及び4角通過順位がともに①だった馬」、「初勝利時3角及び4角通過順位のいずれかに①または②が入っている馬」、「その他」の3種類に分けて、2着馬との着差に注目してみた結果だよ。

A.初勝利時3角及び4角通過順位がともに①だった馬

  • 14年1着アクティブミノル 通過順位①①(2着との着差0.8)
  • 14年2着タケデンタイガー 通過順位①①(2着との着差0.4)
  • 13年1着クリスマス 通過順位①①(2着との着差1.1)
  • 13年2着プラチナティアラ 通過順位①①(2着との着差0.8)
  • 10年1着マジカルポケット 通過順位①①(2着との着差0.4)

B.初勝利時3角及び4角通過順位のいずれかに①または②が入っている馬

  • 18年1着アスターペガサス 通過順位②②(2着との差0.4)
  • 18年2着ラブミーファイン 通過順位②①(2着との差0.2)
  • 16年2着モンドキャンノ 通過順位②③(2着との差0.2)
  • 15年2着メジャータイフーン 通過順位③②(2着との着差0.7)
  • 11年1着ファインチョイス 通過順位②②(2着との着差0.5)
  • 10年2着マイネショコラーデ 通過順位②②(2着との着差0.4)

C.その他

  • 17年1着カシアス 通過順位③③(2着との差0.6)
  • 17年2着ウインジェルベーラ 通過順位③③(2着との差0.1)
  • 16年1着レヴァンテライオン 通過順位③③(2着との差0.0)
  • 15年1着ブランボヌール 通過順位④③(2着との着差0.0)
  • 12年1着ストークアンドレイ 通過順位③③(2着との着差0.2)
  • 12年2着コスモシルバード 通過順位⑤⑤(2着との着差0.0)
  • 11年2着アイムユアーズ 通過順位③③(2着との着差0.3)

このように逃げ切りで勝った馬と言うのは去年のビアンフェ以外押しなべて0.4以上の差をつけて勝っている。つまり、函館2歳Sはスタートからのダッシュ力だけで押し切ってしまうのは難しくて、逃げた馬でもきちんと直線で再加速できる馬が有利なのではないか?と思う。

だから、予想の方法論としてはまず、Aに該当する馬は0.4秒以上Bに該当する馬は0.2秒以上の差をつけていない馬はまず馬券検討の対象から外す。その次に終いのしっかりした馬、具体的には上がり3F35秒台かもっと速い上がりを使えている馬を狙っていきたい。

なるほど。ではまず馬券検討から外すA、Bを満たす馬はどの馬ですか?

Aで外す馬は1リキサントライ、2ホーキーポーキー、4リメス、8フォドラ、9ディープエコロジーの5頭。Bで外す馬は7ニシノエルサ、10レディステディゴーの2頭で残ったのは8頭。

この中で5ラジアントエンティと14フォルセティは速い上がり(目安は35秒台)を使えていないから少し評価を下げて残るは6頭。過去の傾向を見ると函館1200mでデビューした馬は有利だから、その馬に絞ると3ラブケリー、6カイザーノヴァ、15モンファボリの3頭が残ったよ。

その中から本命を選ぶわけですね。ズバリどの馬でしょう?

3ラヴケリー

だよ。

その根拠は?

3頭の中で最も人気がなさそうだったからだよ。

…………、それだけですか?

まぁ、新馬戦の勝ち方がいかにも函館2歳S向きという軽快さを感じたからと言うのもある。ただ、これは感覚的なものだから根拠としては薄いかなと思う。だから、このレースの自信度は☆とさせてもらうよ。

◎3ラヴケリー

〇15モンファボリ

▲6カイザーノヴァ

△13リンゴアメ

×11グレイトミッション

買い目

馬連(流し):3-6,15

3連複(フォーメーション):3-6,15-6,11,13,15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です