菊花賞と言う大海へ~8/2予想~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。日曜日のおすすめ馬紹介ブログです。明日は何頭紹介していただけるんでしょうか?

明日は「自信の◎」が2頭、「今日の一騎打ち」が1レースだよ。明日は俺っちが「菊花賞の秘密兵器」と睨んでる馬が出てくるから注目しておいてほしいな。

自信の◎

札幌3R 3歳未勝利 14エルバルーチェ

自信度☆☆

耐久力勝負ならお任せあれ!バテない強みはローカルでこそ生かされる!

エルバルーチェは過去4戦連続馬券圏内と未勝利ではもはや安定勢力。

この4戦の中で上がり3F内に11秒台前半が出てきたことはなく、明らかにパワー重視の耐久力が売りの馬。

実際4走前3着のレースは13.0-11.5-12.1-12.3-12.4-12.4-12.4-11.8-12.3-12.2-13.1と前半からほぼゆるみがないレースを逃げて3着に来ているし、前走は差す競馬とはいえ前半1000m1分を切るハイペースを好走していることからも前述の「耐久力が売り」と言うのは間違いないだろう。

高速上がり決着になりにくい小回り中距離戦であれば前4走のような安定した走りが期待できる。

最高速に関しては物足りなさも残る馬なので「確勝」とまでは言い切れないけど、馬券圏内を外すことはまずないと思う。

↓↓↓買い目はリンクの俺プロより↓↓↓

https://orepro.netkeiba.com/bet/bet_complete.html?race_id=202001010403

札幌8R 積丹特別 5ビーマイオーシャン

自信度☆☆☆

菊へ向けての超新星!驚異のロングスパートは長距離でこそ光り輝く!!

この馬は前走がとにかく圧巻。

まず勝ち時計。2.37.3と言うタイムは歴代すべての函館芝2600m勝ちタイムのNo.2。いくら近年函館の芝質が良くなったと言っても未勝利でこの破格の時計をたたき出すのは異例。

ラップタイムも目を見張るものがある。残り1200m地点から12.1と12.5を切るラップが出てくるとそこから11.7-11.7-12.4-11.9-12.1と12秒後半のラップが出ることなく最後まで押し切っている。極端な高速馬場でない限り、2000m超のレースで6F以上12.5を切るラップが続くのはかなり優秀な持続力ラップと言って良い。

レースぶりも凄い。「ラップが上がったところでじっとしてて、他の馬がバテたところを差し切る」と言うような漁夫の利的な勝ち方ではなく、ペースが上がったっところで自身もペースを上げ、早めに逃げる馬を捕らえて直線ちぎるという度肝を抜くパフォーマンス。

エピファネイア産駒で言うと、兵庫特別を圧勝したロールオブサンダーが「菊花賞の秘密兵器」と話題になってたけど、個人的にはこのビーマイオーシャンこそが菊花賞路線と言う意味合いでは可能性が高いと思ってるよ。

↓↓↓買い目はリンクの俺プロより↓↓↓

https://orepro.netkeiba.com/bet/bet_complete.html?race_id=202004020409

やたら買い目多いですね。

ぶっちゃけ本当に馬券を買うときはもっと絞るかもしんない。

今週の一騎打ち

新潟9R 出雲崎特別

自信度☆☆☆

1ピンシェル

VS

8アリストテレス

新潟2000mは最高速と持続性能の総合力が重要!それを持ってるのはこの2頭だ!!

新潟競馬場の2000mって個人的には「ややこしい条件やなぁ」と思っている。

どういうことですか?

まずこの表を見てほしい。

これは夏の新潟開催で過去5年に行われた芝2000m1勝クラスの全レースのラップタイムをまとめた表。全18レース中17レースでラスト2F目(残り400m~200m地点)で11.5を切っており、その内11レースで11秒を切っている。要するに最高速が問われやすいラップ。

その一方で、2勝クラスと3勝クラスではキセキやグローリーヴェイズと言った「若干距離適性長めなんじゃね⁉」と言うような馬が勝ったりしている。だからスピードの持続力、特に高速馬場でも対応できるような馬場でのスピードの持続力も問われるイメージを俺っちは持っている。

なんとなくその2つの条件は相反するようにも思いますね。

でも、先に挙げたピンシェルとアリストテレスはこの2つの条件をともに満たすと思うんだよね。

ピンシェルは10秒台の上がりとまではいかないまでも、東京の1800m戦で上がり4F12.3-11.6-11.3-11.7と言う加速力と最高速を問われるレースで2着の経験があるし、2月の東京開催ではラスト7F(残り1400m地点)から11.7-11.9-11.9-12.0-11.8-11.3-11.7という高速馬場のロングスパート戦を先行して3着と踏ん張っており持続力もある。新潟2000mの舞台は合っていると思う。

それはアリストテレスにも言えて、この馬も2歳限定戦とはいえ1勝クラスでラスト4F11.6-11.0-11.3-12.1という加速力を問われる高速上がりレースで2着の経験があるし、すみれSではややスピードに物足りない面もあるけど残り1400m地点から12.2-12.1-12.1-11.7-11.3-11.7-12.3とペースが緩まない持続力ラップで2着がある。

2頭とも能力的にはこのクラス全体でも上位の存在だと思うし、出雲崎特別はこの2頭の馬連で勝負したいね。

↓↓↓買い目はリンクの俺プロより↓↓↓

https://orepro.netkeiba.com/bet/bet_complete.html?race_id=202004020409

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です