2年連続的中、狙います!(そらそやろ)~クイーンS予想~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。日曜日の札幌メインはクイーンステークスです。去年のこのレース、館山さんは見事3連複万馬券を的中されていますね。

そのとお~り!去年のこのレースで大体の傾向をつかめたから今年も自信をもって予想したいね。気になる人は下にその時の予想のリンクを貼っておいたから見て見てみてちょ。

と、言う事で今年も行ってみよ!

過去5年時計&ラップタイム

2019年:ミッキーチャーム:1.47.0 12.2-11.9-12.1-12.2-12.2-11.9-11.511.1-11.9(良) 48.5-46.4

2018年:ディアドラ:1.46.2 12.1-10.8-11.5-12.1-12.6-12.5-11.8-11.3-11.5(良) 46.5-47.1

2017年:アエロリット:1.45.7 12.2-11.2-11.8-11.6-11.5-11.9-12.1-11.5-11.9(良) 46.8-47.4

2016年:マコトブリジャール:1.47.7 12.5-11.6-12.4-12.6-12.4-11.9-11.6-11.2-11.5(良) 49.1-46.2

2015年:メイショウスザンナ:1.47.1 12.3-11.6-11.6-12.1-12.3-12.1-11.7-11.6-11.8(良) 47.6-47.2

過去10年ラップタイム平均データ

☆傾向

①スピードorパワー…毎年どこかに11秒台が3F以上持続するラップは出ており、どちらかと言うとスピードが重視される。

②加速力or持続力…1Fの間で0.6以上の急加速を求められることはそれほど多くない。どちらかと言うと持続力寄りの競馬。11秒台前半の脚を使う必要はなく、逆にそれがあると切れ過ぎという不安もあり。

③前傾or後傾or緩急なし…1Fラップが最も速い区間と最も遅い区間を比べた差が1秒前後に収まることが多く、緩急は比較的少ない

④その他…中山重賞で好走経験(2着以内)のある馬が好成績。特に3歳春の重賞好走馬。

これらの傾向を条件化すると、

①11.5~11.9のラップが4F以上続くレースで好走(勝利orオープン級2着、以下同)がある。

②(テンの2F目【スタートから400m】までを除いて)1Fラップの最も速い区間と最も遅い区間の差が1.0以内のレースで好走経験がある。

③中山重賞で好走経験がある。

今年の出走馬をこの条件に当てはめた結果がこちら。

本命は去年も重い印を打ったあの馬

各馬のチェックの前に一ついいですか。

なんだい?

条件の①で「11.5~11.9」とあえて11.4以下の馬を省いているのはなぜでしょう?

俺っちはこのレースに必要な能力を「スピードの持続力」だと思ってるんだけど、11.5を切るタイムだとどうしても「最高速の速さ」に重きが置いてあったり、単純に高速馬場適性が高かったりする馬が浮上すると思ったからだよ。ここではあくまでも「一般的な馬場でのスピードの持続力」を持った馬を割り出したいからね。

なるほど。で、①~③すべて満たしたのは去年2着馬でその時館山さんが対抗に推していた2スカーレットカラー、去年3着馬でその時館山さんが本命に推していた6カリビアンゴールド、現在重賞2連勝中の8フェアリーポルカの3頭です。この中で館山さんが本命にされるのはどの馬ですか?

今年は

2スカーレットカラー

を本命にするよ。ダノンキングリーが勝った毎日王冠とほぼ変わらないラップ構成で勝った府中牝馬S、出遅れて仕掛けもやや遅れながら鋭い末脚で2着に来た阪神牝馬Sを見ても自力強化は著しい。

小回り、大箱コース問わずスピードの持続力を問われるようなレースではコンスタントに結果を残しているし、適性的にも申し分ない。去年はカリビアンゴールドを上位にとったけど、今年は充実度も加味してこの馬を推したい。

久々にあげる「特注馬」はこの馬だ!

それと今回の予想は久々に「特注馬」をあげてみたい。

ダイヤモンドSでミライヘノツバサの単勝万馬券を的中させたあれですね。いったいどの馬を指名されるのでしょう?

4タガノアスワド

だよ。

この馬は3歳時にオークストライアルのフローラSで3番人気に評価されるほど素質を高く評価されていた馬。結果自体も4着と馬券圏内には届かなかったけど、後のG1馬モズカッチャン相手にも決してヒケを取らない競馬をしていた。

この馬の最大の売りは11秒台のラップを持続しながら先行してもなかなかバテない耐久力。過去挙げている5勝のうち新馬戦を除く4戦のラップは

十勝岳特別:12.3-11.4-12.2-12.0-11.7-11.8-11.7-11.8-12.6

500万平場:12.4-10.7-11.5-11.7-11.6-11.5-11.4-12.4

西部スポニチ杯:12.8-12.0-12.8-12.2-11.9-11.2-11.3-11.2-12.1

マレーシアC:12.5-11.3-11.7-11.9-11.8-11.8-11.7-12.4-13.8

とすべてのレースで4F以上11秒台の持続がある優秀なラップ構成。

特に西部スポニチ杯では後にエプソムカップ4着と好走するアンドラステを3コーナーから早めに仕掛けて押し切る強気の競馬で押し切ったレースは本当に強かった。もしアンドラステがこのレースに出走したら結構な人気はするだろうし、それを考えるとこの馬にも十分チャンスはある。

安定感には欠けるけど、重賞のメンバーに入っても通用するポテンシャルはあるという、穴でねらうには持って来いの馬だと思うよ。

◎2スカーレットカラー

〇8フェアリーポルカ

▲6カリビアンゴールド

☆(特注馬)4タガノアスワド

×3ナルハヤ

×5アロハリリー

×10リープフラウミルヒ

×11モルフェオルフェ

×14シャドウディーヴァ

買い目

自信度☆☆☆

↓↓↓俺プロのリンクよりチェック↓↓↓

https://orepro.netkeiba.com/mydata/yoso_detail.html?id=47398056-2020

※俺っちのミスにより俺プロでは3ナルハヤの印が抜けております<(_ _)>。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です