楽しみな上がり馬2頭~月曜おすすめ馬紹介~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。今週は月曜日も競馬が楽しめると言う事で、館山さんには是非ともおすすめ馬をお伺いしたいです。

珍しく殊勝なことを言うね、明日は連勝中の上がり馬2頭に注目したいと思うよ。

自信の◎

中京10R メモリアルブエナビスタ 2サンライズオネスト

自信度…☆☆☆

☚おすすめポイント…連勝中の上がり4Fタイム

サンライズオネストはここ2戦マイルを連勝。未勝利戦はラスト4Fのハロンタイムが11.8-10.6-11.0-11.8で上がり4Fのラップタイムは45.2、1勝クラスはラスト4Fのハロンタイムが11.8-11.0-10.9-11.8で上がり4Fのラップタイムが45.5。

館山さんがよく言う「上がり4F45秒台で勝ち切る馬は持続的なスピードと瞬間的なスピードを兼ね備えた馬が多く出世しやすい」と言う理論に当てはまりますね。

この馬はスローの逃げ切りだから上がり4Fの速さを額面通りに受け取れるかは微妙なところだけど、それでも2戦立て続けにその上がりを出したことは評価に値すると思う。

ダイワメジャー産駒は耐久力に優れた馬が多いからペースが速くなっても対応できる下地はあるし、未勝利戦を勝った時の2着馬、4着馬はその後勝ち上がっているし、同様に1勝クラスを勝った時の2着馬、4着馬はその後同じクラスを勝ちきれないまでもその後も同じクラスで馬券に絡んでいる。メンバーレベルも決して低くはない中をきっちり差をつけて勝っている。ポテンシャルはこのクラスでも間違いなくトップのものを持っている馬だと思うよ。

中京11R JRAアニバーサリー 16メイショウソテツ

自信度…☆☆☆

☚おすすめポイント…優れた持続力とスピード

「持続的なスピードと瞬間的なスピードを兼ね備える」と言う意味ではこのメイショウソテツもそう。この馬の連勝も2走前の1勝クラスのラスト5Fハロンラップが12.7-12.2-12.3-12.2-12.3、前走の2勝クラスのラスト5Fハロンラップが12.2-12.3-12.4-12.1-12.3どちらも12秒台前半が4F以上持続している。もちろんダート自体の脚抜きの良さに助けられた面もあるだろうけど、ダート戦で12秒台前半のハロンタイムがこれだけ続くって言うのは条件戦ではレア。高い持続スピードの瞬間的なスピードの証明と言って良いと思う。

昇級戦でも通用するくらいですか?

これがオープンならそういうラップで走る馬もそれなりにいるし、何よりダートのオープンは息の長い活躍をする馬が多いせいか上がつかえていて昇級即通用と言うのはかなり難しくなってるんだけど、3勝クラスのこの距離なら「4F以上12秒台前半が続くラップ」はそこまで多いわけじゃない。2連勝した距離と同じ距離なら適性面も問題ないし、ポテンシャルはここでも上位なんじゃないかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です