買い馬ラボ~10/24おすすめ馬紹介~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。今週はびっくりする芸能ニュースが飛び込んできましたね。

そうだね。まさかの電撃発表だったよね。プラン9に元「カバと爆ノ介」の爆ノ介さんとチョップリンの2人が加入するという……。

そっちですか!

だってそうだろ!爆ノ介はともかく、チョップリンは元々吉本のライバル会社である松竹芸能のコント師のホープだったわけだから、それが吉本のプラン9に合流するんだから、俺っちにとっては「長野、人的補償でカープ移籍」級の衝撃だったよ。

まぁお笑いファンからすればその話題も十分びっくりする芸能ニュースでしたけど今週はやっぱり「ナイナイの岡村さん結婚」でしょう。

確かにびっくりしたよね。そんな噂ちっともなかったから。だから今週は枠連9-9とか狙ってみても面白いかもね。

いや、9-9とかないでしょ( `ー´)ノ。

バカなこと言ってないで予想はじめていきますよ。

土曜おすすめ馬紹介

新潟6R 古馬1勝クラス 10スワーヴシャルル

この馬のここがスゴイ単騎逃げが見込めるスピード

スワーヴシャルルはここ2走連続2着。いずれもテンの2Fが23秒を切るハイペースを先行してのもので価値が高いし、スタート直後が芝でペースが上がりやすい上、直線平坦で逃げ馬が残りやすい新潟ダート1200mでこのテンのダッシュ力は強力な武器になる。

他のメンバーを見渡しても「どうしてもハナを切りたい」と言うタイプは見当たらずこの馬がスピードを利してこの馬がすんなり先手を取れることが濃厚。3度目の正直で逃げ切る可能性が高いと思う。

京都7R 古馬1勝クラス 3ミスターウインディ

この馬のここがスゴイハイペースの1400mで早仕掛け好走後の距離短縮

ミスターウインディは俺っちがこの春よく使ってた「ハイペースの1400mを先行して好走した馬が1200mを走ってきた馬を狙う」って言う馬券術に当てはまる馬。

初めてみる人もいると思うので改めてその馬券術の説明をお願いします。

OK!今はグラフも使えるようになったからそれを使って説明するね。

上のグラフは過去5年10月に行われた京都ダート1200m(赤)と1400m(黒)のハロンタイムを比較してグラフ。

これを見ると芝スタートと言う事が影響してかテンの1F目は1200mより1400mの方が速い。平均だと2F目も1400mの方が速かったりする。3F目以降はさすがに1200mの方がけど、そこまでペースに極端な差はない。

つまり同じ京都コースであれば「1400mのハイペース」と「1200mの平均ペース」ってそこまでハロンタイムの推移に差はないし、なんだったら1400mの方が速いまである。それで「走っている方としてはこの2条件ってさほど大きな差はないんじゃないか」と思ったんだ。

だから、例えば「1400mのハイペースで残り200mまで先頭を走って最後だけ垂れた馬」が1200mに走ってくれれば絶好の狙い目になる。

ミスターウインディは先行していたわけじゃないけど前走3角から4角でまくっていき残り200mでは後続に差をとって先頭を走っていたんだけど、残り1Fで垂れて3着。

これが1200mになればラスト1Fで垂れることはないだろうし、ペースも前走と大差ないだろうから道中ついていけないってことは考えづらい。

7歳の高齢で休み明けってのが不安だけど、前走と変わらない状態で出てきてくれれば間違いなく上位を狙えると思うよ。

京都12R 古馬2勝クラス 14カムカム

この馬のここがスゴイ常に出走馬中上位の上がりを使える末脚

さっき「京都コースはダート1200mもダート1400mもそれほどペースが変わらない」と言う話をしたけど、逆に言えば「1200m→1400mに変わって差し届く馬もいるんじゃないか」と思うんだ。グラフを見ても京都ダート1400mはゴールが近づくにつれてハロンタイムが遅くなる消耗戦の傾向が見られるしね。

カムカムの前走は距離こそ1400mだけどハロンタイムの推移を見ると12.6-10.8-11.1-12.1-12.8-12.3-12.7と京都コースの平均と比べると前半ややゆったり入って直線で加速ラップが見られる前有利なレース。

それを出走馬中2位の上がりで差して5着だからペースが上がれば逆転も狙えると思う。

休み明け初戦が1.6秒差の7着、休み明け2戦目の前走が0.4秒差の5着といかにも次はと言う良化曲線を踏んでいるし、ここ5戦中4戦で「出走馬中上がり順位2位以内」を記録しており末脚は安定している。

決して上位人気ではないけれど十分に狙いが立つ1頭だろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です