中山ダート1200m、東京で差し届かなかった馬を狙えの法則~カペラS予想~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。

今日は全く前振りが思いつかないから早速本題行くよ!

カペラSの予想、行ってみよ!

過去5年時計&ラップタイム

2019年:コパノキッキング:1.09.3 11.7-10.2-11.0-11.6-12.0-12.8(良) 32.9-36.4

2018年:コパノキッキング:1.10.2 11.8-10.3-11.3-11.8-12.1-12.9(良) 33.4-36.8

2017年:ディオスコリダー:1.11.0 12.0-10.8-11.2-12.1-12.1-12.8(良) 34.0-37.0

2016年:ノボバカラ:1.10.2 11.8-10.4-11.1-11.9-12.0-13.0(良) 33.3-36.9

2015年:キクノストーム:1.09.7 11.6-10.0-10.9-11.8-12.3-13.1(重) 32.5-37.2

☆傾向

①とにかくハイペース!それに対応できるダッシュ力がないと厳しい。

過去5年のテンの2F平均が22.1と言うハイペース。逃げ馬はもちろん差すにしてもこのペースで置いて行かれず、なおかつ終いの脚を失わない程度のダッシュ力が必要で最低でもテンの2F22秒台での好走実績は欲しい。

②テンの2F目以降加速ラップになることはほとんどない消耗戦

過去5年、テンの2F目以降に加速しているラップはひとつもなく消耗戦の様相が強い。溜めて切れるタイプより一定のスピードを維持できる耐久力のある馬が有利。

③デピュティミニスターの血を持つ馬が好調

過去4年連続で2代以内に(父、父母、母、母のいずれかに)デピュティミニスター直系の血を持つ馬が連対。今年のメンバーで該当するのは1スズカコーズライン3ノーフィアー8サイタスリーレッド12レッドルゼル16イダペガサスの5頭。

④極端な枠順の馬が有利⁉

過去5年のうち4年で最内の1枠、大外の7枠、8枠の3つの枠から2頭以上が馬券に絡んでおり、極端な枠の成績が優秀。内ラチピッタリ走れて距離損なく先手が取りやすい内枠、芝の部分を多く走れて包まれずに追い込みやすい外枠がお得な印象。一方で3枠と5枠の馬は2012年以降1頭も馬券に絡んでおらず、人気が予想される9ダンシングプリンスにとっては不吉なデータ。

ハイペース必至なメンバー構成で狙いは差し馬⁉

では早速館山さんの本命を伺っていきましょう。

俺っちの本命は、

11テーオージーニアス

だよ。

去年の2着馬ですね。本命の根拠を教えてください。

今年のメンバーを見渡すと、ヒロシゲゴールド、ジャスティンと言うダート短距離重賞の常連組にダンシングプリンス、フォーテと言った上がり馬、芝からもジョーカナチャンが参戦しハナ争いは熾烈になる予感。往々にしてこんな時は「各馬牽制しあって結局スロー」って言うパターンもあるけど、カペラSに限ってそれはない。遅くともテンの2Fは22秒台前半、もしかしたら21秒台なんてこともあるかもしれない。ガンガンの前傾ラップになって差し馬有利な展開になるのは明白。

差し馬の中でもテーオージーニアスは去年のカペラS(テンの2F21.9)、今年の京葉S(テンの2F22.0)とハイペースで好走した実績があるし、昨日のおすすめ馬紹介でも触れた「中山ダート1200mで穴馬を探す方法」にも合致する。

そのブログを見てない方もいると思うので改めて説明をお願いします。

OK!その方法はハイペース実績があるのを前提に、近走「上がりの速いレースで差し損ねた馬」を狙うと言うもの。自身も速い上がりを使ったのに、レースの上がりが速すぎて届かないと言う事はレースの上がりさえかかれば届くと言う理屈。

テーオージーニアスのここ2走を見ると、前々走は京都の室町Sで最速上がりを記録するもラスト3F11.2-11.9-12.2で差し届かず5着。前走東京の霜月Sは出走馬中上がり順位2位の末脚を使うも1ラスト3F11.9-11.9-12.5と速い上がりのために前を捕まえることが出来ず8着。

対してカペラSの過去5年を見るとラスト2F目は12秒台、ラスト1Fは12秒台後半は確実にかかっているので、スムーズに競馬をして近2走に近い末脚を使えれば届く可能性は高いと思うよ。

相手は去年有用だったデータを再利用

相手はどうしましょう?

去年有効だったデータを再利用したい。

そのデータとはどんなものでしょう?

①(ダートのレースにおいて)F2F~5F11.9以内のレースで好走経験

②(ダートのレースにおいて)F2F~3F11.4以内のレースで好走経験

③(ダートのレースにおいて)5F12.4以内持続のレースで好走経験

の3つ。好走の定義は勝利、もしくはオープン競走2着だよ。

今年の該当馬はどの馬ですか?

「過去2年以内」と言う縛りをつけた場合、ラップの不明なレースもある地方所属馬を除くと1スズカコーズライン2ヒロシゲゴールド3ノーフィアー4シュウジ9ダンシングプリンス12レッドルゼル13ジャスティンの7頭。

この中で特に注意したいのが3ノーフィアー

逃げなくても結果を残しているし、このレースと相性の良いデピュティミニスター後も入っている。穴を狙うならこのあたりじゃないかな。

◎11テーオージーニアス

〇3ノーフィアー

▲12レッドルゼル

11スズカコーズライン

29ダンシングプリンス

310サブノジュニア

413ジャスティン

推奨買い目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です