新年に 祈りし平和 金の杯~京都金杯予想~

こんちわ~す、館山速人で~す。あけましておめでとうございます。

アシスタントの大澄晴香です。新年あけましておめでとうございます。

さて、新年一発目の重賞は東西の金杯です。

普通は正月と言えば元日とか三が日なんだろうけど、競馬界の正月と言えば金杯!ここでJRAからお年玉をもらって幸先の良いスタートをきりたいね。

ではまずは京都の金杯ですね。と言っても今年は中京ですが。

「京都金杯」って言ってるのに中京開催って変な話だよね。今回は中京芝1600mの狙い方と合わせて予想していくから、今後の参考にしてみてね😉。

では、早速予想に入っていきましょう。

過去5年時計&ラップタイム(2015年~2019年中京記念)

2019年:グルーヴィット:1.33.6 12.4-11.3-11.6-11.411.3-11.4-11.9-12.3(稍重) 46.7-46.9

2018年:グレーターロンドン:1.32.3 12.1-10.7-11.0-11.5-11.7-11.7-11.612.0(良) 45.3-47.0

2017年:ウインガニオン:1.33.2 12.4-11.1-11.2-11.6-12.1-11.3-11.3-12.2(良) 46.4-46.8

2016年:ガリバルディ:1.33.6 12.3-11.4-11.8-11.7-11.8-11.2-11.5-11.9(良) 47.2-46.3

2015年:スマートオリオン:1.33.4 12.5-11.2-11.0-11.7-11.8-11.4-11.6-12.2(良) 46.4-47.0

☆傾向

①前傾ラップの耐久力戦が多い

2015年~2019年の5年間で(テンの2F目までを除いて)一番速いラップがテンの3F目と言う年が3年。また、最も遅いラップは全ての年がラスト1Fでどちらかと言うと後半の加速力や最高速より、一定の耐久力が必要とされるコース。

連対馬を見てもスマートオリオン、ピークトラム、ウインガニオンなど1800m寄りのマイラー寄り1400m寄りのマイラーが目立つ。緩急のあるラップで溜めて切れる馬よりも、ある程度一本調子でもいいから一息でスピードを維持できるタイプを狙いたい。

②パワーよりスピード重視

開催時期が変わるので馬場の差はあるものの、5年中4年で中盤6Fが全て11秒台。パワーよりもスピードを問われるコースであることは間違いない。

中京マイルは切れ味と耐久力のバランスが大事

さて、先ほども触れましたが例年京都芝1600mで開催される京都金杯、今年は中京芝1600mで開催されます。当然違いはあると思いますが具体的に気を付けた方がいい所はどこでしょう?

個人的に中京芝1600mのラップはマイルの距離がとれる各競馬場の中でも特殊だと思っていて、それはこのグラフにも表れていると思う。

これは過去5年中京、阪神、中山で行われた古馬のマイル戦のラップをグラフ化したもの。それぞれ白が1勝クラス、黒が2勝クラス、赤が3勝クラス、桃がオープンレースを表している。

中京芝1600mの3勝クラスだけサンプル数が3と少なく、そのうち1レースが不良馬場のレースだったから数値に偏りが出たけど、他は各競馬場ごとに似たようなラップ傾向を示す結果となった。

阪神はとにかく残り600m地点での加速が重要。スパートしていかに早く、そしていかに速い加速が出来るかが勝利のカギで東京芝1600mも似た傾向が見られる。上がりを重視すべきコースだね。

一方中山はほとんど緩急がないイーブンラップで、勝負所の加速力よりも一定のスピードを一息で維持できるような耐久力が重要になってくる。

そこへ行くと中京の芝1600mは中山ほど平坦なラップにはなってないけれど、阪神みたいに極端に山が出来るようなラップにもなっていない。個人的には耐久力の方が重要かなと思うけど、勝負所である程度再加速出来るような加速力も必要なコースだと思う。そのバランスを備えた馬が優位なんじゃないかな。

具体的なラップのイメージは

  • テンの3F目の方がラスト3F目、2F目のいずれよりも速い
  • 中盤の6F全て11秒台
  • ラスト3F目か2F目、いずれかが11秒台前半

ってところかな。

なるほど、でその条件に合いそうな馬はどの馬でしょう?

今回のメンバーでその条件を満たしたレースで勝利経験があるのは

1ケイアイノーテック:18年NHKマイルカップ:12.1-11.1-11.2-11.9-11.7-11.3-11.5-12.0

3ロードマイウェイ:19年ポートアイランドS:12.5-10.6-11.2-11.5-11.6-11.7-11.2-12.4

4ピースワンパラディ:20年キャピタルS:12.2-11.0-11.4-11.6-11.6-11.5-11.4-12.1

5メイケイダイハード:20年中京記念:12.3-10.5-11.2-11.8-11.7-11.3-11.4-12.5

10シュリ:20年納屋橋S:12.4-10.7-11.1-11.8-11.8-11.7-11.4-11.9

の5頭。この中でも俺っちは

4ピースワンパラディ

を推したい。

一昨年から館山さんが推し続けている馬ですね。

この馬のポテンシャルは十分G1も狙えると思うんだけど、その鋭い末脚を持て余している印象も強く、これまでは勝ち切れないレースも多かった。

しかし、前走はオープンに上がってからは初めてある程度位置を取りに行く競馬をして久しぶりの勝利。圧倒的な爆発力に安定性も加わり一皮剥けた印象を持った。

とまぁ、色々理由はつけたけど結局のところ本命にしたのは「推しだから」と言う要素が一番大きい。今年は本当にG1も意識してほしい逸材だから、このあたりで重賞のひとつくらいは勝っておいてほしい。

相手はどの馬が良さそうですか?

10シュリ

だね。この馬は中京マイルで既に2勝しているんだけど、その2勝とも中京マイルっぽいラップなんだよ。

  • 賢島特別:12.5-11.6-11.7-11.8-11.7-11.3-11.4-11.9
  • 納屋橋S:12.4-10.7-11.1-11.8-11.8-11.7-11.4-11.9

こんな風に中盤のペースの緩みが少ない分、残り600mから急加速するんじゃなくて、残り800mからジワジワ加速していくラップはいかにも中京っぽい。

前走のリゲルSは一転して、12.6-11.2-11.8-12.1-11.8-11.1-10.8-11.7と残り600mから急加速を強いられるレースだったけど、それでもしっかり勝ち切った。個人的にはこのレース切れ味勝負を不安視してたから結構驚いた。これは適性より能力面の要因が大きいと思う。適性的にさらにこの馬に向くようになる今回は楽しみも増すレースになる。今回の内容次第では今年のマイル路線の新星と言っていいくらいポテンシャルを秘めた馬だと思う。今回はこの2頭を中心に馬券は組み立てたいね。

◎4ピースワンパラディ

〇10シュリ

11ケイアイノーテック

23ロードマイウェイ

35メイケイダイハード

推奨買い目

自信度…☆☆☆

なんでアフィリエイトのやつが本棚なんですか?

個人的に欲しいと思ってるからだよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です