ピンチでも 楽観的に 参りましょ~フェアリーS予想~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。3日間開催の最終日、中山のメインレースは3歳牝馬の重賞フェアリーSです。過去5年1番人気馬が1度しか馬券圏内に入ったことがない混戦模様のレース、穴を狙うには絶好の舞台ですね。

中山マイルは他の競馬場と違って「極端な上がり勝負」になることは少ないからね。特に折り合い重視の競馬が多く、淀みない流れの経験が無い若駒はそれで面食らう事があるのかもね。晴香ちゃんの言う通り、積極的に高配当を狙っていきたいレースだね。

では、早速予想に入っていきましょう。

過去5年時計&ラップタイム

2020年:スマイルカナ:1.34.0 12.1-11.1-11.7-12.1-12.0-11.8-11.2-12.0(良) 47.0-47.0

2019年:フィリアプーラ:1.36.0 12.4-11.8-11.9-12.2-12.4-12.2-11.5-11.6(良) 48.3-47.7

2018年:プリモシーン:1.34.6 12.5-11.5-11.9-12.111.611.611.6-11.8(良) 48.0-46.6

2017年:ライジングリーズン:1.34.7 12.5-11.0-11.2-11.4-11.9-12.412.0-12.3(良) 46.1-48.6

2016年:ビービーバーレル:1.34.3 12.4-11.3-11.8-12.0-12.111.611.2-11.9(良) 47.5-46.8

☆傾向

①極端なスローペースにはまずならない。最高速より、前半のペースにきちんとついていける馬が有利。

過去5年、テンの1Fを除くと道中で最も遅いハロンタイムはどんなに遅くても12.4で12秒台後半に突入することはまずない。過去5年の連対馬を見ても16年2着のダイワドレッサーを除く9頭が「(テンの1Fを除く)全てのハロンタイムが12.5以内のレースで勝利経験」を持っていた。

新馬戦にありがちな「道中は折り合いに専念し、最後の直線での上がり勝負」でしか勝ったことのない馬を狙うのはリスキー。

また、各年ペースはまちまちだが、テンの2F目と3F目が11秒台と言うのは共通しているので、このペースを既に経験している馬を狙いたい。

②道中でしっかりと加速できる馬が有利。一本調子のレースでしか買ったことがない馬は厳しい。

淀みない流れになりやすいとはいえ、毎年どこかで0.4秒以上の加速ラップがあり、スパートしてスッと反応できる加速力は最低限必要。

過去5年を見ても1400mを使ってきた馬が好走することはあるが1200mでしか好走したことがない馬は馬券圏内に来ていないので、道中に加速ラップのない一本調子なレースしか実績のない馬は割引

③血統にダンチヒを含む馬が3連勝中

過去3年血統表の3代以内にDanzig直系の血を持つ馬が3連勝中。

◆2020年スマイルカナ…母父母がDanzig系

◆2019年フィリアプーラ…父がDanzig系

◆2018年プリモシーン…母がDanzig系

この血を持つ馬には注意を払いたい。

抜けた馬のいないここはシステマティックな予想で

では、早速館山さんの本命を教えてください。

ずばり、

11オプティミスモ

だね。

その根拠は?

ここは正直能力的に抜けた馬がいない混戦模様のレース。であればある程度システマティックに予想しても良いのかなと。

だから今回は「☆傾向」を鑑みて以下の条件に当てはまる馬を探してみた。

◆(テンの1Fを除く)全てのハロンタイムが12.5以内のレースで勝利経験あり

◆テンの2F目と3F目がともに11秒台のレースで勝利経験あり

◆勝負所でしっかりと加速するレース(目安として0.3秒以上の加速ラップがあるレース)で勝利経験あり

◆1400m以上で勝利経験あり

で、この条件全てに当てはまったのがオプティミスモだった。

この馬はデビュー戦を勝った時のラップタイムが12.4-10.9-11.8-12.1-12.4-11.6-12.1と1400mとしては特に「速い」と言うラップではないんだけど、他のメンバーと比べた時、相対的には比較的厳しいラップと言えると思うし、テンの2F目に0.8秒の加速ラップがあるのも評価したい。

とは言え、あくまで「このメンバーの中では」良さそうって言う評価に過ぎないのでそこまで自信はない(;^_^A。人気も手ごろなので「この配当なら狙う価値はあるね」くらいの評価だと思ってほしい。

ぶっちゃけこのレースで狙いたかったのはカナリキケンと言う馬でこの馬は東京の1800mを12.5-10.7-11.2-11.5-12.2-12.6-11.9-12.1-12.4と言う前傾ラップを先行して押し切ってる。

本当はこういう「1600m以上の前傾ラップレースを前受けの競馬で押し切っている」馬を狙うべきレースだと思う。今回はそういう馬がいなかったけど。

であれば、「緩いペースしか経験のないマイル以上を走ってきた馬」より「厳しいペースを経験した1400m組」の方が上位に来る、と言うのが俺っちの見解だよ。

◎11オプティミスモ

〇8テンハッピーローズ

▲6ネクストストーリー

△5クールキャット

△10シャドウファックス

推奨買い目

自信度…☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です