【競馬】狙いすましたこの1頭!!【中山牝馬S】

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。
今日も今日とて競馬予想。
今回のブログでは土曜日の中山メイン中山牝馬Sを取り上げます。
ハンデ戦と言う事もあって混戦模様が予想されますが、
館山さんはどのように見ておられますか?

世間的には「混戦模様」と言う下馬評だけど、
俺っちは今回の本命馬が前走を走ってここを目標にしていると知った時から「中山牝馬Sの本命はこの馬や!」って決めてる馬がいたから何の迷いもなかったよ。

と言う事はかなり自信があると。

確実に勝てるとは言えないけれど、想定の人気を見る限り
「なんでこんなに良い配当つくんだ⁉」
って言うくらい人気がなかったから、ドカンと狙ってみる価値はあると思うよ。

それは興味深いですね。
では、早速予想に入っていきましょう。

過去5年時計&ラップタイム

2020年:フェアリーポルカ:1.50.2 12.7-12.0-12.3-12.0-11.8-11.6-12.2-12.3-13.3(不良) 49.0-49.4

2019年:フロンテアクイーン:1.47.7 12.5-11.6-11.9-12.311.5-12.4-12.2-11.4-11.9(良) 48.3-47.9

2018年:カワキタエンカ:1.49.0 12.5-12.1-12.312.3-12.1-12.3-12.0-11.5-11.9(稍重) 49.2-47.7

2017年:トーセンビクトリー:1.49.4 12.9-12.3-12.6-12.4-12.2-12.1-11.8-11.9-11.8(良) 50.2-47.0

2016年:シュンドルボン:1.50.3 12.8-12.7-12.9-13.112.211.5-11.8-11.6-11.7(良) 51.5-46.6

☆傾向

①中山芝1800mらしい後傾ラップのロングスパート戦

中山記念の記事の際も触れたとおり、中山芝1800mはテンの2F目が緩むことが多く後傾ラップになりやすい。そこからテンの3F目、4F目を頂点にジワジワとペースが上がるロングスパート戦の傾向が強く、ジワジワッとペースを上げてその分ゴールまでその脚を維持できる持続力が重要になってくる。

②キングマンボ系の血を持つ馬が好相性

過去5年中4年で「父か母がキングマンボ系の馬」が連対しており好相性。この血統はキングカメハメハのように一定のスピードを維持できる能力とパワーを両立できるタイプが多く、そういうタイプが合っているのだろう。

狙うのは条件時代から推していたあの馬!

では、その狙い撃ちしていたという本命馬を教えてください。

ずばり、
11ロザムール
だよ!

そういえばロザムールは条件戦の時から館山さんが猛プッシュしていた馬でしたね。

そうそう。
ロザムールは2019年の石狩特別から2020年の江の島特別まで7戦連続馬券圏内に入ってるんだけど、人気を見ていくと2→7→6→6→7→2→5とほとんど人気していない穴党にとっては心強い味方。

この馬の売りは、決して鋭く切れると言う末脚はないけれどハイペースで言っても簡単に止まらない耐久力、早めに仕掛けてもバテない持続力。

ロザムールは逃げ馬ですし「傾向①」にずっぽし当てはまりますね。

これほどピッタリ当てはまるのも珍しいくらいにね。
ロザムールの中山芝1800m適性を証明するのが前々走の常総S。
前半4F49.5と言うスローペースとはいえ、
12.7-11.8-12.7-12.3-12.0-12.1-11.9-11.5-12.3
と早めからジワジワとペースが上がる展開でウインカーネリアン、ニシノカツナリ、ルーカスと言った強豪牡馬を封じ切った。
このメンバーで勝てるなら、牝馬限定重賞なら十分通用すると思う。実際中山金杯でも4着に来てるしね。

イメージで言えば、先述の常総Sやトーラスジェミニが勝ったディセンバーS。ああいうレースをすれば、このメンバーで52キロのハンデならほぼ間違いなく勝てると思う。
仮に多少ペースが速くなってもマイルのペースに対応できるこの馬であればある程度の粘り込みも期待できるし好走する可能性はかなり高いと思うよ。

血統面を見ても父のローズキングダムは中山牝馬Sと相性の良いキングマンボ系だし、当日雨が降って馬場が悪くなっても、稍重より悪くなった馬場では【1/1/2/0】と苦にすることもない。外堀もしっかり埋まって死角はないと言ったところだね。

相手に筆頭候補は「ミス1800」を与えたいあの馬と重馬場の消耗戦で浮上しそうなあの馬

では相手はどの馬が候補になってくるでしょう

何頭か押さえるつもりだけど特に気になるのは、
7フェアリーポルカ
6アブレイズ
の2頭。

フェアリーポルカは去年のこのレースの覇者。
一瞬のキレはないけれど、一定のスピードを維持できる耐久力が高く、切れ味勝負になりにくいコーナーを4回周る中距離牝馬重賞だとコンスタントに結果を残している。
馬場が悪くなっても、去年吹雪の中で行われたレースで勝っているし苦にすることはない。

アブレイズは中山芝1800mで行われたフラワーCの覇者。
そのレースは
12.6-11.5-11.7-11.8-11.6-12.1-12.5-11.8-12.6
と上がりのかかる消耗戦で、それを先行して押し切っているタフな馬。
瞬発力では見劣るもののタフな流れでは強さを発揮するし、こういうラップで好走できる馬は重馬場を苦にしない馬が多い。雨は歓迎の口だろう。

◎11ロザムール

〇7フェアリーポルカ

▲6アブレイズ

△12インターミッション

△13ランブリングアレー

△14シーズンズギフト

推奨買い目

自信度…☆☆☆

ロザムールの複勝配当によってはワイドを複勝に変更する可能性があります。
ご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「【競馬】狙いすましたこの1頭!!【中山牝馬S】」への1件のフィードバック