【競馬】ウマ娘ファン必見の重賞⁉あの馬の産駒が重賞初勝利へ躍進!!【フィリーズレビュー】

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。
今日も今日とて競馬予想。
このブログでは日曜日の阪神メインフィリーズレビューの予想です。

このレースは「ウマ娘プリティーダービー」をプレーしている方には是非見てほしいレースだね。
なんて言っても
「現役で唯一、父も母もウマ娘に登場している馬」が出走してくるからね。

そうなんですね。
(出馬表を見渡しながら)
あぁ、この馬ですね。
何となく館山さんの本命馬が分かった気がしますが、
早速予想に入っていきましょう。

過去5年時計&ラップタイム

2020年:エーポス:1.21.0 12.0-10.4-11.0-11.6-11.5-12.0-12.5(稍重) 33.4-36.0

2019年:ノーワン・プールヴィル:1.22.0 12.2-10.8-11.9-11.9-11.7-11.312.2(稍重) 34.9-35.2

2018年:リバティハイツ:1.21.5 12.3-10.3-11.1-11.7-12.0-11.912.2(良) 33.7-36.1

2017年:カラクレナイ:1.21.0 12.0-10.2-11.312.011.8-11.7-12.0(良) 33.5-35.5

2016年:ソルヴェイグ:1.22.1 12.2-11.2-11.6-12.211.711.5-11.7(良) 35.0-34.9

☆傾向

①特徴的なのは「テンの2F目のラップの速さ」ダッシュ力のある馬は積極的に狙うべき⁉

このレースで特徴的だと感じたラップはテンの2F目の速さ。過去5年平均が10.58秒で5年中3年で10秒台前半を記録している。

その後は中盤緩むことも多いので切れ味を強みとする馬も来るには来るが、この「テンのダッシュ力比べ」で置いて行かれる馬や脚を使われる馬は厳しいと感じる。

②後半に11秒台前半が出てくるのは稀。基本的には一定のスピードを維持できる耐久力のある馬が有利。

①では「切れ味を強みとする馬も来るには来る」と書いたが、基本的には一気にギアを上げられるような加速力のある馬よりも、一定スピードを維持してなかなか減速しないような耐久力のある馬が基本的には有利。

血統的にもディープインパクト産駒が未勝利でダイワメジャー産駒やトニービンの血を持った馬が頻繁に来ていることからも耐久力・持続力>加速力なのは間違いないだろう。

念願の「産駒初重賞制覇」へ!!

で、館山さんの本命馬は……。

もちろん、その「現役で唯一、父も母もウマ娘に登場している馬」である、父エイシンフラッシュ、母ダイワスカーレット(ついでに母父アグネスタキオン)の
4アンブレラデート
だよ。

やっぱり……。
念のために聞きますが、本命の理由は?

母がダイワスカーレットだからだよ。

でしょうね。
館山さん、母ダイワスカーレットの馬が出走するときは、必ず本命にしますもんね。

もうこれは信仰みたいなもんだから。

そんな思いっきり私的な感情に任せた予想をブログで発表していいんですか?

良いんだよ。こんなブログどうせ誰も当てにしてねぇよ(爆)。

それにアンブレラデート自身のレースも悪くなくて、
前走1勝クラスのレースとは言えテンの2F22秒台になるダッシュ力が求められるレースで先手を取って2着に粘っている。
これはテンの2Fが速くなりやすいこのレースの傾向に当てはめると十分アドバンテージになる長所だと思うよ。

母同様後続を潰すつもりで淀みないペースで先行出来れば、ダイワスカーレット産駒待望の初重賞制覇も期待できるんじゃないかなぁ。

相手最有力候補はファンタジーS組2頭

では、相手はどの馬が有力でしょうか?

絞る条件として
①ダッシュ力を問う→芝1400m以上のレースにおいてテンの2F22秒台で好走経験あり(そのレースで先行してれば尚良し)
②耐久力を問う→6F以上11秒台が続くレースで好走経験あり
これを満たす馬を中心にピックアップした。

その中でも特に推したいのがファンタジーS組の、
16オパールムーン
9ラヴケリー
の2頭。

オパールムーンはファンタジーSで
12.2-10.7-11.2-11.2-11.3-11.5-12.0
と言う耐久力ラップで2着。
その後の阪神JFは
12.4-10.8-11.7-11.9-11.9-11.2-11.4-11.8
と上がりの速いレースを出走馬中上がり3F3位の脚を使って6着といかにも「上がりがかかる耐久力勝負になれば巻き返せます」と言わんばかりの負け方。
1400mになる今回は絶対に買いたい1頭。

ラヴケリーはそのファンタジーSで2番手追走から3着と好走。
馬場が良かったとはいえ、テンの2F目から11秒台前半が4F続く淀みのない流れのレースで先行して3着に粘る内容は濃く、力の証明と言えるレース。
血統的にもこのレースと比較的相性がよく、耐久力勝負と言う適性にもマッチしているダイワメジャーの血を引いており、アドバンテージを誇れるタイプ。
チャンスは十二分にあるだろうね。

◎4アンブレラデート

〇16オパールムーン

▲9ラヴケリー

△3エルカスティージョ

△7ポールネイロン

△18スティクス

推奨買い目

自信度…☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です