【競馬】完全にタイトル考えるの忘れてたorz【フローラS】

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。
今日も今日とて競馬予想。
このブログではオークストライアル、フローラSの予想をしていきます。

春の東京開催は毎年高速馬場のスピード決着となるケースが非常に多いことで知られています。
ここもやはりスピードを持った有利になるでしょうか?

ところが過去傾向を見るとそうでもないんだよ。
そこを見誤るとこのレースは的中から遠のく気がする。

そのあたりを踏まえて過去傾向をチャックしていこう!

過去5年時計&ラップタイム

2020年:ウインマリリン:1.58.7 12.5-11.3-11.3-11.6-11.9-11.9-12.511.8-11.8-12.1(良) 58.6-60.1

2019年:ウィクトーリア:1.59.5 12.9-11.4-11.6-12.2-12.5-12.4-12.3-11.7-11.0-11.5(良) 60.6-58.9

2018年:サトノワルキューレ:1.59.5 13.1-12.0-11.8-12.112.1-12.0-11.9-11.511.3-11.7(良) 61.1-58.4

2017年:モズカッチャン:2.01.3 13.0-12.1-12.0-11.8-12.6-12.8-12.3-11.511.2-12.0(良) 61.5-59.8

2016年:チェッキーノ:1.59.7 12.8-11.6-11.6-11.7-12.0-12.0-11.9-11.412.4-12.3(良) 59.7-60.0

☆傾向

①基本は後傾ラップがだが、極端な上がり勝負は少ない。ある程度イーブンラップで走れる馬が有利。

過去5年を見ると、うち3年が前半1000mより後半1000mの方が速い後傾ラップ。だが、ラスト3F中に11秒台前半が2F以上出てくるような「極端な上がり勝負」と言うのは意外と少なく、一定のスピードを維持できるタイプの方が良さそうなイメージ。

②キングマンボ系が好調

過去5年の連対馬を見てみると2019年以外の4年の連対馬いずれかは「父か母がキングマンボ系」の馬。過去10年に広げてみても7年で該当するデータで有力なデータと言えそう。

キングマンボ系は「一瞬の切れ味」ではディープインパクト産駒に劣るが「一定のスピードを維持する能力」や「パワー」では一日の長があるイメージ。これは①の特徴と合致する。

③「前走中山芝のコーナーを4回周るコースで4角3番手以内から勝利をおさめた馬」を狙え。

過去5年の連対馬の前走成績を見てみると毎年必ず1頭は「前走中山芝のコーナーを4回周るコースで4角3番手以内から勝利をおさめた馬」が連対している。

これも①が当てはまる印象で持続力・耐久力勝負になりやすい中山芝1800m~2000mで勝ってきた馬が適性的にフィットしやすいと言う事だと思われる。

穴っぽい3頭から手広く高配狙い

と言う事で、傾向から導き出された
「このレースにフィットする馬」
は耐久力や持久力のあるタイプと言う事になるね。

その条件に当てはまる馬はどんな馬なのでしょうか?

ペースに抑揚のないレース、具体的には道中に13秒台とか10秒台とか極端に遅いハロンタイムも速いハロンタイムもないレースでしっかり終いを伸ばして結果を残している馬が良いかなと思う。

今回のメンバーで言うと
7メイサウザンアワー
10ララサンスフル
13ジェニーアムレット

の3頭かな。

ではそれぞれの馬について説明をお願いします。

メイサウザンアワーは母父キングカメハメハだから傾向②に該当。
未勝利勝ちは
12.3-12.1-12.1-13.2-12.4-12.0-11.8-12.1-12.1
と4F目の13.2が気になる以外はほぼイーブンラップと言っていいレースだし、昇級初戦の赤松賞は
12.8-11.5-11.9-11.9-11.8-11.5-11.3-11.8
と距離は短いけれどずっと11秒台が続く耐久力を問われるレースで先行してアカイトリノムスメの2着。
内容的には濃いと思うしこのメンバーでも見劣りはしない。

ララサンスフルは前走中山芝2000mの未勝利戦を勝っていて傾向③に該当。
未勝利勝ちのラップタイムも
12.8-11.7-12.4-12.4-12.3-11.7-11.6-11.8-12.2-12.5
と後半じわっとペースが上がるフローラSのラップイメージに近いレース。
早めのペースアップを先行して押し切った内容も価値があるし母母はキングマンボ系だから血統の傾向にもかすっている。この距離ならチャンスは十分にあると見た。

ジェニーアムレットは高い持続力が魅力。
前走未勝利勝ちのラップは
12.8-11.5-12.7-12.8-12.5-12.3-11.6-11.3-11.9-12.0-12.3-12.6
残り1000m~800m地点で11秒台前半のハロンタイムが出てくるロングスパート戦を4角先頭から4馬身ちぎった内容はスタミナの豊富さを物語っている。
勝ちタイムもここで人気しているパープルレディーのゆりかもめ賞勝ちタイムより速いとなれば通用する算段は立つはず。狙ってみても面白いと思う。

その3頭から本命はどの馬をチョイスしましょう。

「これ」と決めてその馬を軸にするより、この3頭BOX買いで手広く買いたいなと思うよ。

◎7メイサウザンアワー

〇10ララサンスフル

▲13ジェニーアムレット

△1ウインアグライア

△6ルース

△9パープルレディー

△17エトワールマタン

買い目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です