【競馬予想】まるきり自信はございません【京王杯SC】

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。
今日も今日とて競馬予想。
今回のブログでは京王杯SCの予想をしていきます。

どうですか、館山さん。自信の方は?

ま~ったくないよ!

ないんかい( `ー´)ノ。

そりゃぁ、毎レース毎レース自信満々ってわけじゃないよ。
今年の京王杯SCはねぇ~、このレースに適性バッチリって馬があんまりいないかな(;^ω^)。

そうなんですね。
ではまずその傾向からお伺いしましょうか。

過去5年時計&ラップタイム

2020年:ダノンスマッシュ:1.19.8 12.4-11.5-11.3-11.510.910.9-11.3

2019年:タワーオブロンドン:1.19.4 12.3-10.9-11.0-11.3-11.0-11.1-11.8(良) 34.2-33.9

2018年:ムーンクレイク:1.19.5 12.3-10.9-11.0-11.2-11.2-11.2-11.7(良) 34.2-34.1

2017年:レッドファルクス:1.23.2 12.8-11.3-12.3-12.611.611.1-11.5(重) 36.4-34.2

2016年:サトノアラジン:1.19.6 12.4-11.1-11.1-11.510.9-11.2-11.4(良) 34.6-33.5

スプリント向きなのに加速力を問われる不思議なレース

では、京王杯SCの傾向を教えてください。

このレースは過去5年でその年のスプリントG1を勝つ馬が3勝していてどちらかと言えばスプリンター向きのレース。

でも、ラップの傾向を必ずしもスピードでガンガン押すタイプが有利と言う感じではない。直線でしっかりと加速できるギアを上げられるタイプの馬が良さそうだね。

スプリント向きでもスピードに任せた一本調子の馬ではダメと言う事ですね。
では、具体的にどういうタイプの馬を狙ったらいいんでしょう?

スプリント的な前半、つまりテンの2F目、3F目が11秒台前半でありながら、それでも後半3Fのどこかで加速ラップがあるようなレースで結果を残している馬が良いと思う。
俺っちの感覚としては京都芝1200mに近いイメージだね。

今回のメンバーで言えば
11ミッキーブリランテの阪急杯(2着)
12.2-10.6-11.2-11.4-11.2-10.8-11.8
12トゥラヴェスーラの淀短距離S
12.2-10.6-11.2-11.3-11.2-11.7
14タイセイビジョンの京王杯2歳S
12.4-11.1-11.4-11.8-11.3-11.3-11.5
が該当するかな。

この中だったら
12トゥラヴェスーラ
を狙いたいかなぁと思う。
近い適性が必要な高松宮記念で4着に好走しているし、個人的にも穴馬として狙っている。ここで狙わない理由はないからね。

ただ、これは「トゥラヴェスーラを買いたい」と言うより「他の2頭が人気ほど信頼できない」って意味合いも強い。

11ミッキーブリランテは父ディープブリランテだから高速馬場の切れ味勝負より消耗戦の方が良いイメージ。
14タイセイビジョンは現4歳のマイラー陣(クラシックに乗らなかった馬たち)のレベルが高いとは思えずこの人気で本命にはしたくないなと思った。

結局オッズですか?

同じくらいの自信度なら配当つく方が良いじゃない。

◎12トゥラヴェスーラ

〇11ミッキーブリランテ

▲14タイセイビジョン

△2ビッククインバイオ

△3グルーヴィット

推奨買い目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です