【競馬予想】またまたタイトル忘れてた【ヴィクトリアマイル】

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。
今日も今日とて競馬予想。
日曜日の東京メインは春の牝馬G1ヴィクトリアマイルです。

今年は去年の最優秀短距離馬グランアレグリアが出走しますが、いかがでしょう。

さすがに勝つんじゃないの?
これがパワーを生かす中山マイルみたいなコースだったらわからないけど、東京マイルなんてグランアレグリアにとって絶好の舞台。ウマ娘で言うならスピード1200でカンストしてるよ。

まぁ、さすがにここは勝つでしょうね(;^ω^)。

本当はそういう思考停止も良くないんだけどね。
適性的にもグランアレグリア有利は動かないと思うよ。

そうですか。
ではその適正日手のお話も伺っていきましょうか。

過去5年時計&ラップタイム

2020年:アーモンドアイ:1.30.6 12.0-10.9-11.3-11.4-11.1-11.2-11.111.6(良) 45.6-45.0

2019年:ノームコア:1.30.5 12.3-10.6-10.8-11.1-11.3-11.2-11.5-11.7(良) 44.8-45.7

2018年:ジュールポレール:1.32.3 12.4-11.3-11.5-11.6-11.5-11.1-11.2-11.7(稍重) 46.8-45.5

2017年:アドマイヤリード:1.33.9 12.6-11.2-11.8-12.3-12.2-11.110.8-11.9(稍重) 47.9-46.0

2016年:ストレイトガール:1.31.5 12.3-10.4-11.111.911.5-11.4-11.3-11.6(良) 45.7-45.4

騎手が”アイツ”でなければ、2頭軸にしたかもしれない

では早速ヴィクトリアマイルの傾向を教えてください。

ラップを見ると過去5年でラスト3F内に11秒台前半が1Fしかない年は2019年のノームコアが勝った年だけ。それ以外の年はみな上がり3Fに11秒台前半が2F以上あり、上がりの速さ=最高速の高さが問われるレースとなっている。

それも「スローからの上がりだけ速い競馬」ではNGで、テンの2F~3Fが11秒台前半そこからずっと11秒台が続くような緩みのない流れで、それでもなお終いにしっかりと脚を使える馬が良さそう。

そこ行くと、6グランアレグリアは去年の安田記念で
12.1-10.9-11.2-11.5-11.6-11.4-11.0-11.9
と上の条件をほぼ完璧に満たす競馬で勝っている。
適性的にもバッチシで正直死角はないかな。

強いて言うなら館山さんが本命にしていることくらいですね。

やかましわ( `ー´)ノ!

その他に気になる馬はいますか?

素直に考えれば、阪急杯を
12.1-10.9-11.2-11.5-11.6-11.4-11.0-11.9
で勝っている18レシステンシアが最有力なんだろうけど、
それじゃ面白みに欠ける。

そこで見つけたもう1頭の穴馬を個人的にはピックアップしたい。この馬は
12.5-11.2-11.5-11.6-11.1-11.3-12.2
と言うラップのレースを最速上がりで勝っている。

それはどの馬でしょう?

13プールヴィル
前走の阪神牝馬Sでも出走馬中3位の上がりで4着に来ている。
ペースは前走より速くなるだろうし、そうなればスローから差し脚を伸ばす方が良さそうな1マジックキャッスル5デゼルより上になる可能性も十分にあると思う。

さすがにグランアレグリアを負かすのは難しいかもしれないけど、2着、3着の穴なら十分にあると思うよ。

と言う事はグランアレグリアとの2頭軸ですか?

それも考えたけど、この馬鞍上が三浦皇成騎手なんだよね。
ぶっちゃけ俺っちは一昨年の宝塚記念で、粘り腰が売りのクリンチャーで簡単に前を譲った様子を見て「三浦皇成は二度とG1で軸にしない」と決めたからね。
だから、2頭軸にするのは心もとないなって思ってる。

◎6グランアレグリア

〇13プールヴィル

▲12サウンドキアラ

▲18レシステンシア

△3クリスティ

△5デゼル

推奨買い目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です