【函館記念】邪眼の力をなめるなよ【競馬予想】

こんちゃっちゃー館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。
今日も今日とて競馬予想。
今回は函館メインレース、函館記念の予想をしていきます。

あと、某アモアス配信者の挨拶パクるのは止めてください。

いやぁそれにしても大相撲夏場所が佳境を迎えてるね。

千秋楽は白鵬対照ノ富士、全勝同士の一騎打ちですからね。

白鵬が優勝すれば、1993年トウカイテイオーの有馬記念みたいなもんだし、照ノ富士が横綱になるとそれはもう飛影みたいなもんだからね。

ひえい?

幽遊白書の飛影だよ!
飛影は元々A級妖怪クラスの力があったんだけど、ある事情から最下級妖怪まで妖力が落ちちゃうんだ。
でもそこから再び鍛錬を積んで「魔界三大妖怪」のひとり、軀の側近にまで昇り詰めるんだよ。
大関の地位にまで上り詰めたにもかかわらず、一度序二段mで落ちてから、再び横綱にならんとする照ノ富士を見ると、俺っちは幽遊白書の飛影を思い起こさずにはいられないよ。

……。
照ノ富士を飛影に例える人は、世界広しと言えど速人さんくらいでしょうね。

さぁ、そんなことより予想です。
ちゃっちゃとはじめて行きますよ。

過去5年時計&ラップタイム

2020年:アドマイヤジャスタ:1.59.7 12.4-11.2-11.711.7-11.8-11.8-12.0-12.1-12.4-12.6(良) 58.8-60.9 

2019年:マイスタイル:1.59.6 12.7-11.7-11.9-11.7-11.8-11.9-12.0-12.0-11.612.3(良) 59.8-59.8

2018年:エアアンセム:1.59.8 12.2-10.9-12.0-12.6-12.6-12.4-12.1-11.611.6-11.8(良) 60.3-59.5

2017年:ルミナスウォリアー:2.01.2 12.5-11.1-12.0-12.4-12.6-12.3-12.1-12.2-11.8-12.2(重) 60.6-60.6

2016年:マイネルミラノ:1.59.0 12.3-11.0-12.0-12.4-12.3-11.6-11.9-11.7-11.9-11.9(稍重) 60.0-59.0

函館記念にはいったいどんな特徴があるのでしょうか?

一つの大きな特徴はラップの緩急差が非常に少ないと言う事だね。
過去5年のテンの3F目以降のラップを見ると最も遅いラップが12.6、逆に最も速いラップが11.6でその差1.0秒。
テンの3F以降は全ての年でこの1秒以内のラップに収まっているわけだから、この傾向は非常に濃いものと言える。
よって、既に緩急差の少ないレースで実績のある馬は注目すべきだと思う。

もう一つ注目すべきは中山芝1800m~2000mに実績のある馬がこのレースで好走しやすい、と言う事。
過去6年の連対馬12頭のうち9頭は「中山芝1800m~2000mの準オープン以上勝利経験orオープン3着以内経験」があった。去年15番人気で1着だったアドマイヤジャスタもこの条件を満たしていた。
おそらくコース形態とか適性が似ているんだろうね。

今年は2頭の穴馬で勝負したい

では今年の本命はどの馬でしょう?

ぶっちゃけいまだに
4アイスバブル
15バイオスパーク
で揺れている。
2頭とも「緩急のないラップ重賞での好走実績」がある。

アイスバブルは19年目黒記念と20年目黒記念がそれ。
19年の目黒記念が
7.4-11.0-11.0-12.2-12.0-11.7-11.8-12.0-11.6-11.7-12.0-12.0-11.8
20年の目黒記念が
7.4-11.1-11.4-12.3-12.0-11.7-11.8-12.0-12.0-12.0-12.0-11.8-12.1
といずれのレースも残り2000m地点からは11.8~12.3の中でハロンタイムが推移してる明らかに緩急のないラップ。

今年の目黒記念は結果が出なかったけど、上がり3F32.8と言う切れ味比べ、いや、ポジション取り比べのレースになってしまっては致し方ない。
それでも上がり3F32.8の脚を使って8着に来ていることを考えると能力の衰えは感じさせない。
単勝50倍台の人気薄なら狙わない手はない。

バイオスパークは去年の福島記念が該当レース。
そのラップが
12.6-11.3-11.8-11.9-12.0-11.8-11.7-12.0-12.1-12.4
やや前傾ラップ気味なのが気になるけど、緩急のないラップは合うと思う。

ステイゴールド直系の馬は過去5年で2連対と血統的な相性も悪くないし、なにより去年も3着に来ている馬。適性がないはずはない。
近走同じような緩急のないラップで好走できていないのが引っかかるけど、小倉大賞典は1800m、新潟大賞典はコーナー2回の大回りコースだったから理由付けは可能。
得意の「小回り2000mパワー馬場」なら一変する可能性は秘めている。

これに今年に入ってから中山3勝クラスの美浦Sを勝っている
9サトノエルドール
を中心に馬券は組み立てたい。

◎4アイスバブル

○15バイオスパーク

▲9サトノエルドール

△7ドゥオーモ

△10マイネルウィルトス

△12アドマイヤジャスタ

推奨買い目

単勝:4,15 各300円

ワイド(BOX):4,9,15 各200円

3連複(フォーメーション):4.9.15-4.9.15-4,7,9,10,12,15 各100円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です