【競馬予想】ブログの分量が少ないのは「端的にまとめられている」と良い風に解釈して良いものかどうか【小倉記念】

こんにちは。競馬メンタリストのHayatoです。

今その自己紹介はやめんかい( `ー´)ノ。
アシスタントの大澄晴香です。
今日も今日とて競馬予想。
このブログでは小倉記念の予想をしていきます。

九州地方は長雨の影響が出そうだから開催どころか日常生活に影響が出ないか心配だけど、JRAが前売りを実施してる以上大丈夫と見て予想はやっていくよ。

ただ、その雨の影響で過去5年とはまるで違ったレースになりそうな気はするけどね。

確かに過去5年は全て良馬場での開催。
今年はこの感じだと重馬場は免れないでしょうから、馬場はだいぶ変わってきそうですね。
それでは、まずは過去5年の傾向から確認していきましょう。

【送料無料】 BREAKERZ ブレイカーズ / WITH YOU 【初回限定盤】 【CD】

価格:6,600円
(2021/8/14 17:58時点)
感想(0件)

過去5年勝ち時計&ラップタイム

ラップ・血統両面で狙えそうな馬が2頭

過去5年の小倉記念は中盤のラップの平均がテンの4F目を除いて全て11秒台。緩急のない高速ラップでスピードの耐久力が問われやすいレース。

ただ、今年は雨の影響を免れそうもなくこんな高速決着は望むべくもない。ゴールが近づくにつれてラップタイムが落ちていく、グラフで言うと右肩上がりのパワー型耐久力ラップになりそう。
イメージとしては七夕賞のラップ推移に近くなるんじゃないかなと思う。

あと見逃せないのが土曜日に行われた小倉芝2000mの2戦。
2戦ともオルフェーヴル産駒キングマンボ系のワン・ツー(1戦は1着同着なので正確にはワン・ワンだけど)で決まっている。
ステイゴールド系キングマンボ系は元々「パワー型耐久力勝負」に強い血統でもあるから、優先的に買っておきたい血統だね。

そうなると必然的に
5ショウナンバルディ
7ヒュミドール

当たりには目が行きますよね。

そうだね。
この2頭はパワー型耐久力勝負での実績もあるしね。
ショウナンバルディは前走七夕賞
12.4-11.7-11.7-12.6-12.4-12.3-12.0-12.1-12.2-12.8
というラップで3着。
ヒュミドールは去年の信夫山特別勝ちのラップタイムが
12.6-11.4-12.4-12.6-12.8-12.9-12.7-12.7-11.4-11.9-12.3-12.3-12.6
とこちらもゴール前で減速するラップを刻んでいる。
この2頭は今のような馬場でこそ真価を発揮するタイプだと思う。

馬券的にはこの2頭を中心にして買いたいな。

◎5ショウナンバルディ

◎7ヒュミドール

△6ダブルシャープ

△9モズナガレボシ

△10スーパーフェザー

推奨買い目

単勝:5,7 各500円

馬連・ワイド:5-7 各500円

3連複(フォーメーション):5,7-5,6,7,9,10-5,6,7,9,10 各100円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です