【競馬予想】いざ!JRAアニバーサリー!!【おすすめ馬紹介】

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。
今日も今日とて競馬予想。
今回のブログでは月曜日の重賞以外の予想をしていきます。

月曜日はJRAアニバーサリーの特別企画。中山、中京の第1R~第10Rの馬券を500円分購入することで、それぞれのレースに対応した1000円分のクオカードが当たるチャンスがある。
また、「JRAプレミアム」と言って全レース・全券種の払い戻し率が80%になってるから馬券的においしい。
ここは全レース予想して、クオカードを当てるチャンスを少しでも当てたいね。

中山4R 2歳未勝利 4アサヒ

中山4R 2歳未勝利 10アスクビクターモア

この2頭は今年の札幌2歳Sの覇者、ジオグリフの新馬戦で2着、3着だった馬。このレースは上がり4F45.3と極めて速く、過去のデータから重賞級の上がりであることは間違いない(※1)。

※1…過去東京芝の2歳戦で上がり4F46秒を切った馬の一覧。コントレイル、クロノジェネシスなどそうそうたる面子が並ぶ。

この2頭は4着以下に5馬身差をつけており、未勝利では明らかに力上位。他のメンバーを見渡しても強敵になりそうなのは12メンアットワークだが、勝ち馬に1.0秒ちぎられていてラップも目立つようなものではない。
ほぼ間違いなくこの2頭の争いになると思う。

中山8R 古馬1勝クラス 15チアフルローズ

中山のダート1200mの特徴として差しが届きやすい、と言うものがある。

これは去年も示したグラフ。
どちらもダート1200mのラップ推移でオレンジが新潟で青が中山。新潟の方は残り600m~400mでペースが緩んでその後加速しているのに対し、中山のダート1200mはゴールまで一切ペースが緩まない。
ペースも速く最後の直線には坂もあるし、ゴール前一気に大勢が変わると言うレースも珍しくない。
ゆえに中山ダート1200mで狙うべきは差し馬。

チアフルローズは前々走が上がり3F1位、前走が上がり3F3位と速い上がりを使って差し届かずの競馬。
前々走のラップが
12.4-10.9-11.9-12.2-12.4
前走のラップが
11.9-10.7-11.4-11.9-11.8-12.9
といずれも後半までラップの落ちが少ないレース。
中山ならもう少し上がりのラップは大きく落ちるだろうし今回は差し届く公算大。
とは言え、脚質的に「絶対勝つ」とまでは言い切れないから買うなら複勝がベストだと思う。

中山10R ジャングルポケットメモリアル 5モーソンピーク

モーソンピークの前走は1勝クラスの中京芝2000m戦で勝ち時計の1.59.8はその開催最速。この開催には中日新聞杯も含まれていることから「開催最速」の価値は高い。
ラスト5F11秒台が持続していることからも優秀な持続力とスピードを兼ね備えていることは明らか。
実際そのレースを走った馬は2着のルビーカサブランカは1勝クラスだけでなく2勝クラスも勝ち3勝クラスでも全て馬券圏内。3着のイルーシヴゴールド、4着のペプチドヒミコも1勝クラスを勝っている。レベルの高いレースだったことは間違いない。

また、メンバーを見渡してもこのクラス、この距離で実績があるのは1ルヴェルソーか2年以上の休養明けである6パラダイスリーフくらい。メンバーに恵まれた感もある。このメンバーならあっさり勝ってもいいポテンシャルを持っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です