競馬予想~京王杯SC~

競馬を愛する皆様。お元気ですか。館山速人です。

さて、土曜日は安田記念の前哨戦京王杯SC東京芝1400mで行われます。

僕の予想の具体的なやり方は、そのコースのラップの特徴を分析し、そのラップで実績のある馬を買う。という方法をとっています。ですので、まずは東京芝1400mのラップ傾向をお話しします。

1.11秒台のラップを長く使える馬が有利。オープンなら最低5F出来れば6F欲しい。

2.11秒台前半のラップも何Fか欲しい。理想は前半と後半に2Fずつ

というイメージです。

では、それを踏まえて、私の予想です。

◎11エントシャイデン

前々走マイルで11秒台を7F続けて勝っているものの、2.の条件、つまりその持続的なラップを使ったうえで速いラップを使うという点にはまだ不安があります。ただ、この馬には3歳のころから注目していて、その理由がこぶし賞というレースなんですが、そのレースラップが

12.1-10.8-11.1-11.9-12.4-12.3-12.4-12.7

と、3歳春の時点としては異例のハイラップを刻んでいました。このレースをエントシャイデンは3番手追走から4着には7馬身つける3着と好走しています。そして、このレース1,2着は後方追走組でそれぞれケイアイノーテックとパクスアメリカーナというバリバリの重賞馬。つまり、彼らを相手に一番中身の濃い競馬をして好走したこの馬も、相当な素質があると見てとれます。

伸び悩んだ時期もありましたが、去年の秋に前半緩い上がり勝負と、淀みなく緩まないラップの両方で勝って3連勝と軌道に乗ってきました。前走は終始外々を回らされる苦しい展開。それでも掲示板を確保しており内容的には悪くありません。まだ、それほど人気も出ないであろう今回は絶好の狙い目だと思います。

少し長くなってしまったので、相手は簡潔に

〇3サトノアレス

東京のマイル前後の重賞では安定して力を出していて、この条件は得意。悪くても掲示板は確保してくれるだろう。

▲4トゥザクラウン

ここ2走は厳しいラップを逃げて好走。最後の1Fが両レースともガクッと落ちているのが気になるがそのスピードは魅力。本当に狙うべきはCBC賞あたりかも。

△6ロジクライ

×2ドーヴァー

この2頭は、好走条件の1,2を十分に満たす馬としてチョイスしました。

買い目は

馬連 3-11,4-11

3連複フォーメーション 11-3,4-3,4,2,6

3連単フォーメーション 11→3,4→3,4,2,6

こんな感じです。(^O^)/

当たるといいなっ。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

予想についての前提事項

競馬を愛する皆様。お元気ですか。館山速人です。

さて、明日の開催分からこのブログでも予想を載せていきたいと思います。

もしかしたら、何万人にか一人くらいは「よし。館山速人の予想に乗ってやろうじゃないか」と思う方もいるかもしれません。

そういう、稀有で奇特な方のために、僕が予想で注意していること、というよりは僕の予想に乗って頂けるのであれば、知っておいてほしいことをお伝えいたします。

「お前の予想なんか乗るわけないだろ!!」という方は、読み飛ばしても大丈夫です。(;・∀・)

その1.回収率重視で予想します。

的中率と回収率どちらを上げるかは人によると思うのですが、私は回収率の方を重視します。なので、僕の予想は買い目をできる限り絞って予想いたします。具体的には以下の通りです。

1.馬券種別(馬連とか3連複とか)毎にその種別の購入金額の総合計より3倍以上の払戻金になるように買う。

2.ガミる買い目は買わない。

僕はどんなにうまい人でも3回に1回くらいしか馬券って当たらないと考えているので、プラスを出そうと考えた場合、最低でも購入金額の3倍にはなってほしい。という思想から来ています。なので、どんなに固そうであろうと、3倍つかない馬券はその時点で消しです。(まぁ、この場合は馬券は買わずケンすることがほとんどです。) なので、人気馬をムリヤリ消している場合もある。ということを前提に、どうしても当てたいという人は適宜買い目を増やしてください。

その2.目を付けた馬は徹底的に追い続けます。

馬券が外れた時に一番後悔するのは、「買い続けた馬が買わなくなった時に来る(しかも、人気薄で)」という場合だと思います。なので、一度気になった馬は自分が限界を感じる条件じゃない限り基本的には買い続けます。要するに、見切りが下手なので、「あっ、こいつ見切り時失ってるな」と思ったら、その推奨馬は買わないことをお勧めします。

その3.思い切り情で買うことがあります。というかその方が多いです。

これは、その2とも重なるのですが、基本、僕は「情のある馬」と「理論的には完ぺきな馬」だったら前者から買います。(もちろん「情」の強弱にもよりますが。。。)予想の理屈に無理がある場合や、納得できない場合はあんまり信用しないでください。特にアグネスタキオンの血が入った馬が本命だった場合は要注意です。

もし、僕の予想を参考にしていただけるのであれば、以上3つにご留意ください。

あっ、最後にもう1つだけ。

馬券は20歳になってから。未成年は馬券を買っちゃだめだぞ。( `ー´)ノ

思い出のG1~ヴィクトリアマイル編~2012年

競馬を愛する皆様、お元気ですか。館山速人です。

今回は、思い出のG1シリーズの第2回ヴィクトリアマイル編を書いていきたいと思います。

さて、皆様の周りには競馬をやるお友達はいらっしゃいますか?

私の周りにもひとり(ここではMくんとしておきましょう)いるのですが、そいつと一緒に飲んでいた時の話

M「なぁ、次のヴィクトリアマイル何来ると思う?」

彼が競馬を始めたのは私にあってからだったので、競馬の知識については私の方が断然上。私は先輩面して答えます。

私「いいか、M。ここは言うても牝馬限定のG1や。ものをいうのは『牡馬相手にどれだけ走れたか』や。ウオッカやブエナビスタはもちろん、2009年に12番人気で勝ったコイウタも、その前のレースでは牡馬相手の重賞で2着に来とる。おいしい人気の馬やったんや。(ちなみにこの時私はコイウタは買ってません。)今年はこの馬や。去年の秋に牡馬相手のマイル重賞で2度続けて2着に来とる。こいつで決まりや。(`・ω・´)」

M「そうなんや。わかった。じゃあ、この馬買うわ。(^○^)」

かくして、ヴィクトリアマイル当日。レースはホエールキャプチャが見事、念願の初G1のタイトルを手に入れ、2着は上がり馬ドナウブルー、3着には桜花賞馬マルセリーナが入るという結果になりました。

肝心の私の本命馬「アプリコットフィズ」はと言いますと、18頭中、、、

18着

なんでやねん!!Σ(゚Д゚)

そして、しばらくその友達とはビミョーな雰囲気となりました。orz

これをご覧になっている競馬を始めてまだ間もない皆様。

競馬歴が長く、うんちくを語っているような先輩がいても、その人の予想が必ずしも当たるとは限りません。だからと言って、その先輩のことは温かい目で見てあげてください。(笑)

競馬場の帰りに~お勧めお土産情報・京都編~

競馬を愛する皆様。お元気ですか。館山速人です。

ゴールデンウィークも折り返しを過ぎ、残すところ今日を入れて5日となりました。

今週末は、京都・東京・新潟で競馬が開催されています。特に京都は競馬場以外にも観光スポットがたくさんありますから、これを読んでいる方の中にも、週末京都にいらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

そんな方に向けて、今回は京都に寄ったら是非買いたい、僕のお勧めお土産を紹介します。(^O^)

えっ、競馬全く関係ないやないかって?

京都には競馬場があるから全く問題ありません!!(*´з`)

今日ご紹介するのはこちら

満月さんの阿闍梨餅です!!

(写真が美しくないのはご容赦ください。。。)

まぁ、いまやベタっちゃベタなんですが。このお菓子を簡単に説明しますと、「一口サイズのどら焼き」です。

普通のどら焼きと決定的に違うのは、生地の部分がお餅のようにモッチモチで弾力があるんですが、その中にしっとり感もあって食感が抜群に良いんです。(^-^)

味も、生地の口当たりが軽く、あんこも甘さ控えめ。だけれども、食べ応えもしっかりとあり、一つ食べると、もう一つ、もう一つとどんどん口に運びたくなります。ヽ(^o^)丿

僕は阿闍梨餅こそが「世界一の和菓子」だと思っているくらい大好きな一品です。(^^♪

京都駅の地下にあるお土産物屋さんで買えるので、是非とも買って食べてみてください。

お茶との相性も抜群ですよ。 ^^) _旦~~

思い出のG1~NHKマイルカップ編~ 2010年

競馬を愛する皆様、お元気ですか。館山速人です。

今週はG1NHKマイルカップが開催されるということで、私の思い出に残るNHKマイルカップについて書いてみたいと思います。

さて、皆様は「最強世代」と言われて思い出す世代というのはどの世代でしょうか?

スペシャルウィークやエルコンドルパサー、グラスワンダーが名を連ねる、1998年クラシック世代でしょうか?

それとも、今年、競馬界を席巻している2018年クラシック世代でしょうか?

私は2001年クラシック世代(アグネスタキオンやクロフネがいた世代ですね)が最強だと思っています。

そして、この今日紹介する2010年クラシック世代も、当時「最強なのでは」と評判になるほどレベルの高い世代でした。

2歳王者ローズキングダム、皐月賞馬ヴィクトワールピサ、無敗の青葉賞馬ペルーサ、名牝エアグルーヴが産んだ大器ルーラーシップなど錚々たる顔ぶれがダービーへの出走を予定していました。

このNHKマイルカップにも強豪が押し寄せ、極上の切れ味を持ったダノンシャンティ、前哨戦のニュージーランドトロフィーで不利と言われる大外枠から他馬をねじ伏せたサンライズプリンス、デビュー2戦の勝ち方が鮮やかだった骨折休養明け3戦目のリルダヴァルなど多士済々なメンバーがそろっていました。

レースは快足エーシンダックマンが半マイル44.8というハイペースで先行、2番手をサンライズプリンス、コスモセンサー、キングレオポルドがぴったりとつけ、リルダヴァルは中段、ダノンシャンティは後方からのレース。

直線、サンライズプリンスが一足先に抜け出す中、中段からリルダヴァルとダイワバーバリアンが追い上げる。3頭のたたき合いになるかというところ、大外からダノンシャンティの末脚一閃。見事な差しきりで快勝。タイムは当時の日本レコードとなる1.31.4という破格のもの。馬券はサンライズプリンス、リルダヴァルの2頭軸だったので外しましたが、

3戦連続最速上がりの強烈な末脚は、明らかに府中向きと思わせたダノンシャンティ

骨折から復帰3戦で本調子を取り戻しはじめた3着リルダヴァル

日本レコードが出るようなハイペースを自分から動いて4着まで粘り、「負けて強し」を誰しもに印象付けたサンライズプリンス

はダービー参戦を表明しており、馬券が外れた悔しさよりも「皐月賞組にトライアル組、そしてこのNHKマイルカップ組が加わるダービーは、いったいどんなレースになるんだろう」という、これまでに感じたことのないワクワクがあり、これ以降もこの時を超える「ワクワク感」はいまだに味わえていないというのが本音です。

ただ、この厳しいレースをした反動か、ダノンシャンティとサンライズプリンスは怪我が原因でどちらもダービーを走ることはできず、リルダヴァルも12着と結果を残すことが出来ませんでした。サンライズプリンスとダノンシャンティが出走できないとわかった時(ダノンシャンティに至っては前日での出走取消)の喪失感も大きかったのを覚えています。

思えばこのころから「極端な高速馬場は故障を誘発するのではないか」という論調が生まれてきたような気がします。そういう意味でも、印象に残るNHKマイルカップでした。


はじめましてのご挨拶

はじめまして!

私、館山速人と申します!!

元号も平成から令和へと移り変わり、私の方でも何か新しいことを始めようと思い立ち、

この度、ブログを開設することとなりました。

主に競馬に関するあらゆることを書いていきたいと思っております。

ギャンブルだけでない、競馬の面白さを皆さんにお伝えしたいです。

とはいえ、たまには野球やその他のことも書いていくことになると思います。

ブログ初心者ですので、デザインや広告バナーに関することも何もわかっていません。

なので、頻繁にデザインは変えていくかもしれませんし、

バナーも貼ることになるので、皆さんには見づらいブログかもしれません。

そのあたりは徐々に改善していきたいと思います。

実質の初投稿は今日中にはアップしたいと思っています。

どうぞ、よろしくお願いいたします。