競馬予想~京王杯SC~

競馬を愛する皆様。お元気ですか。館山速人です。

さて、土曜日は安田記念の前哨戦京王杯SC東京芝1400mで行われます。

僕の予想の具体的なやり方は、そのコースのラップの特徴を分析し、そのラップで実績のある馬を買う。という方法をとっています。ですので、まずは東京芝1400mのラップ傾向をお話しします。

1.11秒台のラップを長く使える馬が有利。オープンなら最低5F出来れば6F欲しい。

2.11秒台前半のラップも何Fか欲しい。理想は前半と後半に2Fずつ

というイメージです。

では、それを踏まえて、私の予想です。

◎11エントシャイデン

前々走マイルで11秒台を7F続けて勝っているものの、2.の条件、つまりその持続的なラップを使ったうえで速いラップを使うという点にはまだ不安があります。ただ、この馬には3歳のころから注目していて、その理由がこぶし賞というレースなんですが、そのレースラップが

12.1-10.8-11.1-11.9-12.4-12.3-12.4-12.7

と、3歳春の時点としては異例のハイラップを刻んでいました。このレースをエントシャイデンは3番手追走から4着には7馬身つける3着と好走しています。そして、このレース1,2着は後方追走組でそれぞれケイアイノーテックとパクスアメリカーナというバリバリの重賞馬。つまり、彼らを相手に一番中身の濃い競馬をして好走したこの馬も、相当な素質があると見てとれます。

伸び悩んだ時期もありましたが、去年の秋に前半緩い上がり勝負と、淀みなく緩まないラップの両方で勝って3連勝と軌道に乗ってきました。前走は終始外々を回らされる苦しい展開。それでも掲示板を確保しており内容的には悪くありません。まだ、それほど人気も出ないであろう今回は絶好の狙い目だと思います。

少し長くなってしまったので、相手は簡潔に

〇3サトノアレス

東京のマイル前後の重賞では安定して力を出していて、この条件は得意。悪くても掲示板は確保してくれるだろう。

▲4トゥザクラウン

ここ2走は厳しいラップを逃げて好走。最後の1Fが両レースともガクッと落ちているのが気になるがそのスピードは魅力。本当に狙うべきはCBC賞あたりかも。

△6ロジクライ

×2ドーヴァー

この2頭は、好走条件の1,2を十分に満たす馬としてチョイスしました。

買い目は

馬連 3-11,4-11

3連複フォーメーション 11-3,4-3,4,2,6

3連単フォーメーション 11→3,4→3,4,2,6

こんな感じです。(^O^)/

当たるといいなっ。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です