先週の競馬振り返り~ヴィクトリアマイル~

競馬を愛する皆様。お元気ですか。館山速人です。

それではヴィクトリアマイルの振り返りをしていきたいと思います。

タイム1.30.5 LAP12.3-10.6-10.8-11.1-11.3-11.2-11.5-11.7

総評 アエロリット(横山典)が主張してハナを取りに行く形。結果、半マイル44秒台というとてつもないハイペースに。これを見て俺っちは、2010年のNHKマイルCを思い出しましたね。(;・∀・) あの時も、横山典弘騎手騎乗のサンライズプリンスが鬼ハイペースの中2番手から4着に粘っていましたしね。直線残り200mまでアエロリットが頑張っていましたが、外からくるノームコア(レーン)らに差され、勝負は差し馬の争いに。最終的にはノームコアに凱歌が上がりました。以下、各馬の寸評です。

1着 ノームコア

ダミアン=レーン恐るべし。といったところでしょうか。戦前の僕、、、じゃなかった、俺っちの予想では、過去にハイペースのレースで好走経験がなかったので軽視していたんですが、驚くほど対応できていましたね。Σ(゚Д゚)

これで、好走条件の幅が広がって今後のさらなる活躍に期待が持たれるところでしたが、残念ながら骨折が判明したとのこと。一刻も早い治癒と復帰を祈っています。

2着 プリモシーン

◎にした身としては、不満のない競馬をしてくれました。リアルタイムで見たときは一瞬外に出すのが遅れたかなとも思いましたが、それがなくて早めに仕掛けたら、実際より早く垂れていたかもしれないので問題ないかなと思います。

マイルではペース問わず安定して走れるので、今後もマイル重賞では連軸として高い信頼性があるのではないでしょうか。

3着 クロコスミア

この馬はラッキーライラックと最後まで迷って切ったんだよなぁ~。(-_-;)

この馬、一昨年の北海道で、終始11秒台が続くレースで勝っているのでマイルは意外とこなせるんじゃないかと思っていたのに。。。(-_-;)

G2、G3では取りこぼしが多いですが、G1になると激走しますね。(;・∀・) これは、個人的にはG1で必要になる持続性能が備わっているからだと思っています。今後も大舞台やマイル重賞で狙いたい馬です。

4着 ラッキーライラック

戦前は「本質的にはマイルはあっていないんじゃないか」と書いていたんですが、その裏付けができるかはビミョーな結果に。(-_-;) 

本当はここで、「阪神2200mは合うと思うので、宝塚記念で狙いたい。」と書こうと思っていたんですが、どうも出走せずに放牧に出すみたいですね。。。個人的には十分勝負になると思っていたので残念です。

5着 アエロリット

一番しんどい競馬をして掲示板を確保できたのはこの馬の力の証明でしょう。ただ、サンライズプリンスもそうだったように反動で怪我がないか心配です。

以上です。大した回顧をしていませんが、ご覧いただきましてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です