先週の競馬振り返り~平安S~

競馬を愛する皆様。お元気ですか。館山速人です。

今週もさっそく、先週の競馬の振り返りをしていきましょう!まずは平安Sから。

時計1.58.5

LAP7.1-11.2-11.6-12.9-12.8-12.9-12.2-12.1-12.5-12.8

ラップ自体はやや平凡ながら、先週の競馬を見ていると、ダートはやや馬力が必要で時計がかかる馬場になっていた気がします。イメージとしては中山のダートに近い印象。ここでの好走馬は中山ダートでも結果を残せそうです。

俺っちの予想は外れましたが、いいところに目付は出来ていたと手前味噌ながら思います。といいますのも、俺っちが印をつけた馬はみんな中身の濃い競馬をしてくれたと思うのです。それでは、馬ごとに振り返っていきましょう。ヽ(^o^)丿

1着 チュウワウィザード

後方からの競馬。3角からオメガパフュームの動きを見ながら侵出を開始。4角の時点ではオメガパフュームに先手を取られた印象でしたが、最後はしっかりと足を伸ばし差し切り勝ち。オメガパフュームと比べると反応が鈍いように見えたのが気になりますが、長くいい脚を使った点は評価できると思います。

2着 モズアトラクション

後方からの競馬。オメガパフューム、チュウワウィザードと比べるとやや仕掛けを遅らせたように見えました。前崩れの展開の中、この判断は藤岡康太騎手のファインプレーではないかと思います。それでも、一度捉えたかに見えたチュウワウィザードに差し返されたのは、現時点での力の差が出たかなとも感じました。

3着 オメガパフューム

後方からの競馬。3角からまくって残り200m過ぎ、一旦は先頭に立つものの、最後は2頭にかわされ3着。とはいえ、「自分が一番早くに動いて勝ちに行ったこと」と「59キロの斤量」を考えると、一番中身の濃いレースをしたように思えました。

5着 サンライズソア

先手をとったものの終始マイネル2頭につつかれる形。最終的に上位をすべて差し馬が占めたことからもこの馬には展開が厳しかったように思います。むしろ、この展開で掲示板を確保したことにこの馬の地力の高さを見た気がします。

7着 マイネルユキツバキ

俺っちが一番「オッ」と思ったのがこの馬。前の馬にとって厳しい流れを、4角で動いて自分から勝ちに行く競馬をしながら、そんなに大きく負けてないんですよね。さすがにG1で好走できるような馬相手だと厳しい気がしますが、そのうち重賞で穴をあけるイメージが出来たレースでした。この馬についてはしばらくは、1800m~2000mの距離の重賞では必ず買うようにしたいと思いました。(当然ダートですよ。)

日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です