野球講座~インフィールドフライについて~

野球講座~インフィールドフライについて~

こんちわ~す。館山速人で~す。

こんにちは。アシスタントの大澄晴香です。

今日は野球ブログを書いていくよ!

じゃあ私ははけてましょうか?

いや、今日はアシスタントとしていて欲しいな。

分かりました。今日は何の話をするんですか?

ずばり

インフィールドフライ

について解説していくよ!晴香ちゃんは野球は知ってる?

結構見ますよ!でも、インフィールドフライってテレビで見るときたまに実況の人が言っていたり、それこそパワプロなんかで「フライが上がったら勝手にアウトになる」っていうイメージですね。

実際のところ、何でアウトになるのか、どういったケースでアウトになるのかよくわかってないんですよ。内野フライが上がってもインフィールドフライにならないこともありますし…。

なるほど。インフィールドフライについては、野球の中でも一見するとわかりにくいルールのひとつだから、よくわからないまま見ている人もいると思う。

でも、「肝」の部分をつかんでいると、合理的でゲームを面白くするために必要なルールということがわかると思うから、今回はこのルールについて解説していくよ!

インフィールドフライは攻撃側のためのルール

まず、インフィールドフライというものを簡単に説明すると、「ある特定条件下」で「内野フライ」が上がった場合「審判の宣告」により、打球の捕球の成否に関わらず「バッターがアウト」になるルールだよ。

じゃあ、晴香ちゃんに質問だけど、このインフィールドフライというルールは、攻撃側と守備側どちらのためのルールだと思う?

言い方は正しいかどうかは分からないですけど、仮に野手がエラーをしてもアウトになるんですから、守備側が得をするルールなんじゃないですか?

ブッブー!残念!!このインフィールドフライというルールは実は攻撃側のために考えられたルールなんだよ。

えっ!どうしてですか⁉

じゃあ、それをこれから説明していくよ。

インフィールドフライは「ゲッツー」を防ぐためのルール

さっき、晴香ちゃんは「どういうケースにインフィールドフライになるのかよくわからない」って言ってたけど、この解説を聞けばインフィールドフライになるのはどういう場面かがわかると思うから、よく聞いておいてね。

わかりました。

まず、こういうケースを頭に描いてほしいんだけど、ノーアウトでランナーが一、二塁の場面で打者が高々とサードフライを打ちあげました。もし、晴香ちゃんがサードを守っていたらどういう行動をとるかな?

えーっと、

………

………

………

あっ!わざとワンバウンドさせてから捕ればいいんだ!!

ほう、それはどうして?

ワンバウンドさせてから捕って、サードベースを踏んでワンアウト、でボールをセカンドに送ってツーアウト。普通にキャッチしたらワンアウト1塁2塁になるところを、これでツーアウト1塁のケースが作れます。

そうだね。ノーアウト1塁2塁だと、フライの場合は一旦ランナーはそれぞれの塁に戻らなくてはいけない、いわゆる帰塁義務が発生するけど、ゴロのようにボールがグラウンドにバウンドした場合、ランナーはそれぞれ次の塁へ走らなければいけない、いわゆる進塁義務が発生するよね。

と、いうことはそのケースでフライが上がった場合、ランナーは野手がノーバウンドで捕ることを想定すると、自分の塁から動くことが出来ない。それを利用して野手は「わざと」ワンバウンドさせてから捕ることで、ダブルプレーを容易くとることが出来てしまうんだ。

でもそうすると攻撃側がめちゃくちゃ不利ですよね。

だから、インフィールドフライというルールがあるんだよ。

もし、フライが上がった瞬間に打者が「アウト」になれば、1塁ランナーと2塁ランナーは進塁義務がなくなるから、仮に打球がワンバウンドしたとしても、ダブルプレーになる心配はないよね。

なるほど!だから「インフィールドフライは攻撃側のためのルール」なんですね。

そういうことだね。そして、そう考えると「どういう場合にインフィールドフライが適用されるか?」ということもわかるよね。

えーっと。ゲッツーを簡単に取れないようにするためだから、ツーアウトでは適用されないですよね。

それと、「二人のランナーが次の塁に進まなきゃいけない」っていう状況も必要ですから、ランナーが一塁二塁か満塁の状況に限られますね。

大正解!その通りだよ。まとめると、

ノーアウト、もしくはワンアウトで

ランナー一塁二塁、もしくは満塁のケースで

内野フライが上がった場合に

インフィールドフライが宣告されるんだよ。

わかりました!

インフィールドフライが適用されないケース

さて、さっきは「インフィールドフライになる条件」を見てきたけれど、次は「インフィールドフライになる条件は満たしているが、インフィールドフライの適用を受けないケース」を紹介するね。

うっ!ただでさえ適用条件がややこしいのに、なんかさらにこんがらがりそうですね。

そこまで難しく考えなくても大丈夫。適用されないのはシンプルに「ライナー」と「バントの小フライ」のふたつと覚えておけばいいよ。

そのふたつでいいんですか?

そう、だからノーアウト一塁二塁のケースでバントで小フライが上がった時、わざとワンバウンドさせてから捕るという頭脳プレーをする選手もいるよね。

なるほど。そうするとダブルプレーどころか、あわよくばトリプルプレーも狙えますもんね。

ところで、インフィールドフライが宣告されて、仮にファールになったらどうなるんですか?

いい質問だね。フェアかファウルか微妙なあたりの場合、審判は「インフィールドフライイフフェア」という判定をするんだ。

つまり、ボールがフェアゾーンに落ちたらインフィールドフライでバッターはアウトだけど、ファウルゾーンに落ちたら普通にファウルとして試合が続くよ。

もちろん、どちらの場合も野手がノーバウンドで捕球したらアウトだけどね。

まとめ

じゃあ晴香ちゃんに確認のクイズを出すよ。次のケースの内、インフィールドフライが適用されるのはどのケースでしょう。適用される場合は〇、そうでない場合は✕で答えてね。〇はひとつとは限らないよ。ただし、今回のケースでは全てフェアゾーンに飛んだフライと仮定してね。

1.ノーアウト一塁でバッターがバントした球を打ち上げた

2.ツーアウト満塁でバッターがショートフライを打ち上げた

3.ワンアウト一塁三塁でバッターがセカンドフライを打ち上げた

4.ノーアウト一塁二塁でバッターがファーストフライを打ち上げた

5.ワンアウト満塁でバッターがピッチャーフライを打ち上げた

1は、まずランナーが一塁にいるだけじゃインフィールドフライにはなりませんし、バントの場合はインフィールドフライも適用されませんから✕。

2は、ツーアウトだからインフィールドフライにはならないので✕。

3は、……、あれ一塁三塁の場合ってどうでしたっけ?

迷ったときは、「もし、そのケースでワンバウンドさせてから捕球した場合、ゲッツーが取られるかどうか、今より状況が悪くなるかどうか」で考えてみて。

えーっと、このケースだとフライを落とした場合、三塁ランナーは動く必要がなくて、一塁ランナーはセカンドに行く必要があるから、悪くても一塁三塁がキープできますね。ということは✕ですね。

そう。大正解!!

残りの4はノーアウト一塁二塁、5はワンアウト満塁で両方ともインフィールドフライの条件を満たすので〇ですね。

素晴らしい!全問正解だよ!!これで晴香ちゃんもドヤ顔でインフィールドフライの解説が出来るね。

欲しいと思ったらすぐ買える!楽天市場は24時間営業中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です