ユルピン理論+館山スタイルで必勝態勢!~阪神牝馬S~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。今回のブログは土曜日の阪神牝馬Sの予想をしていきます。

過去4年時計&ラップタイム

2019年:ミッキーチャーム:1.33.6 12.5-11.1-12.0-12.3-12.1-11.0-11.0-11.6(良) 47.9-45.7

2018年:ミスパンテール:1.34.8 12.9-12.0-12.3-11.9-11.9-11.0-11.1-11.7(良) 49.1-45.7

2017年:ミッキークイーン:1.34.3 12.5-11.5-11.6-11.9-11.8-11.2-11.8-12.0(重) 47.5-46.8

2016年:スマートレイアー:1.33.1 12.8-10.8-11.6-11.9-11.8-11.1-11.3-11.8(良) 47.1-46.0

※見方…年度:勝ち馬:勝ちタイム ラップタイム(馬場) 前半4F‐後半4F

☆傾向

①重馬場になった2017年を除いて上がり3Fの中に11.5を切るラップが2Fある。末脚の「切れ味」と「最高速度」が問われるレース。

②マイル戦にしては緩急差の大きいレースが多く、鞍上の意図したタイミングで即座に加速できる「瞬発力」も必要。

③ただ「緩急がある」と言っても最初の1F以外に12秒台後半が出てくることはなく最低限の耐久力は必要。

「ピーーン」ではなく「ユルピン」のイメージで

さて、上の傾向を踏まえて館山さんの本命を伺いたいと思います。

いや、今回はあえて俺っちが「買わない馬」から発表するよ。

館山さんにしては珍しいですね。

何と言うか、その方がこのレースの「狙い」を示しやすいんだよね。

そうなんですか。で、その「買わない馬」ってのはどの馬ですか?

それは、サウンドキアラだよ。

サウンドキアラは重賞2連勝と今回のメンバーの中でも勢いはトップ。買わなくて大丈夫なんですか?

その2連勝も馬場の荒れていた京都で達成したものだし、今の馬場の良い阪神だとやや不安な面もあるかな。ただ、この馬に関してはそれよりも阪神牝馬Sのペースに合わないんじゃないかなと思ってる。

ペースですか?

うん。サウンドキアラはこのメンバーの中では比較的耐久力寄りと言うか、「ずっと一定して淀みなく流れるレース」の方が合ってるイメージなんだよね。それこそ12秒台が一切出てこないような終始「ピーーン」と糸を張ったようなペースが。

でも、阪神牝馬Sは前半12秒台が2Fとか出て来て勝負所で一気にペースが上がるようなレースが多く、擬態語で表すなら「ユルピン」と言うイメージ。適性的には微妙に違ってくるんだよね。

ここはその「ユルピン」ペースに適性がドンピシャの馬も多いからあえて狙う必要はないかなと思うんだ。

つまり、本命馬はその「ユルピン」の流れに合う馬を選ぶという事ですね。

そう言う事だね。

ここは「館山スタイル」で。

ではその「ユルピン」の流れに合う馬の見分け方はどういう馬ですか?

傾向の要件を満たしていくような条件のレース、具体的には

①の要件→最高速度=ラスト3Fに11.4以内のラップが2F以上ある。

②の要件→緩急=前の1Fと次の1Fの差が0.6以上の加速ラップがある。

③の要件→耐久力=最初の1F以外12.5以上のラップがない。

この3つを全て満たすレースで好走(勝利orオープン以上のレースで2着以内)がある馬を選んだ。2年以内にこれに当てはまるレースがあったのは、

アマルフィコースト:2019年阪神牝馬S(2着):12.5-11.1-12.0-12.3-12.1-11.0-11.0-11.6

シゲルピンクダイヤ:2019年桜花賞(2着):12.2-11.1-12.1-12.3-11.7-10.8-11.0-11.5

スカーレットカラー:2019年府中牝馬S:12.4-10.9-11.6-11.8-11.6-11.9-11.3-11.2-11.8

ダノンファンタジー:2019年ローズS:12.8-11.2-11.4-11.7-12.2-11.7-11.0-10.5-11.9

ビーチサンバ: 2019年ローズS(2着):12.8-11.2-11.4-11.7-12.2-11.7-11.0-10.5-11.9

ブランノワール:2020年うずしおS:12.2-11.2-11.8-12.2-11.9-11.0-11.2-12.1

の6頭。

ではその中から本命を選ばられるわけですね。

そうなんだけど……。ここは「館山スタイル」を使った予想をするよ?

館山スタイル?

説明しよう!館山スタイルとは、本命馬(◎)を3頭、ヒモ馬(△)を2頭選んで、馬連を本命馬3頭のBOX、3連複をフォーメーションで◎3頭-◎3頭-◎3頭と△2頭と買う買い方の事である!

要するに本命馬を決めきれない日和スタイルってことですね。

やかましわ。( `ー´)ノ

で、その3頭はどの馬にしたんですか?

まず、

13ダノンファンタジー

この馬は俺っちのヴィクトリアマイルの本命候補。

秋華賞は惨敗したけれどあのレースはO型コースな上に上がりのかかるレースだったからこの馬の適性とは正反対のレース。上がりの速いU型ワンターンの高速決着はピッタリの馬なので巻き返しは必至。

次に、

15スカーレットカラー

この馬は去年夏から秋にかけての充実ぶりが目覚ましい。パールSから4戦連続連対してるんだけど、馬場も荒れ馬場から高速馬場まであるし、コース形態もU型、O型問わず好走してる。

特に毎日王冠はダノンキングリーの勝った毎日王冠(勝ちタイム:1.44.4 ラップタイム:12.9-11.3-11.3-11.5-11.5-11.6-11.2-11.3-11.8)と比べて、勝ちタイム、ラップタイムともに遜色ないものだった。

先週のカデナの時も言ったけど、色々な馬場やコース形態で好走出来るのは適性関係なく好走できる「地力」がついてきた証拠。

ここ2走は距離がちょっと長かったと思うし、適距離に戻った今回は巻き返す可能性は高いと思う。

3頭目は少し捻って

8ブランノワール

この馬は3走前の夕月特別で上がり4F45.6と言う高速上がり決着を3馬身ちぎって快勝しているし「末脚」に関しては重賞級の馬。

秋華賞も厳しい流れを先行しながらそんなに大負けしていないし、3勝クラスの敗戦も、元町S=3勝クラスでも上位の牡馬が相手でメンバーレベルがかなり高かった、新春S=荒れ馬場+0.2差の接戦と敗因はある程度はっきりしてる。

昇級戦だけど地力はこのメンバーでも決して見劣らないと思うよ。

◎13ダノンファンタジー

◎15スカーレットカラー

◎8ブランノワール

△4ビーチサンバ

△11シゲルピンクダイヤ

買い目

馬連(BOX):8,13,15

3連複(フォーメーション):8,13,15-8,13,15-8,13,15,4,11

ずばり、自身の度合いはいかほどでしょう?

印をつけた5頭で決まる自信はそれなりにある。ここは☆☆としておくよ。

※自信度の目安

☆☆☆…家宝を質に入れてでも買うってくらい自信あり。どーんと大勝負。

☆☆…それなりの自信度。大勝負はしないけど、ちゃんと馬券を買い忘れないようにしたい。

☆…あんまり自信なし。場合によっては撤退(見)も視野に入れる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です