やべぇ!マイルカップ全然わかんねぇ!!~ニュージーランドトロフィー回顧~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。今日はニュージーランドトロフィーの回顧記事です。

時計&ラップタイム

勝ちタイム:1.33.0 ラップタイム:12.3-10.9-11.0-11.7-11.7-11.7-11.9-11.8 前半4F-後半4F:45.9-47.1

NHKマイルカップはいまだ霧の中……

ニュージーランドトロフィーはルフトシュトロームが見事な差し切り勝ち。NHKマイルカップにも視界が開けたんではないでしょうか?

俺っちの予想は全く視界が開けてないよ。(笑)

いまだNHKマイルカップに関しては霧の中。

ルフトシュトロームでは物足りないと?

力量的には問題ないと思うよ。勝ちタイムの1.33.0と言うのはニュージーランドトロフィーが中山1600mで行われるようになってから3番目に速いタイムだし、11.7-11.9-11.8と最後の1Fが加速ラップになってる中を差し切ったのは素直に評価して良いと思う。

ただ、この馬中山マイルでしか走ったことないんだよねぇ~。東京のマイル、ましてや春の開催だと同じようなペースで流れても上がり3Fに11秒台前半が出てくるような「前が簡単に止まらない」馬場。そんな馬場でも今回のような差し切りが決まるかどうかはちょっと疑ってかかった方が良いかなと思う。

それは2着のシーズンズギフトについても同じでこの馬も福島、中山と比較的上がりのかかりやすいコースでしか走ったことがないから、東京コースのG1だとやや不安だよ。まぁ、この馬はNHKマイルカップじゃなくてオークス目指すのかもしれないし、春は全休って言う噂もあるけど。

3着のウイングレイテストはいかがですか?

うーん。デイリー杯で11.4-11.4-12.0という上がりに11秒台前半が2つあるレースで2着に来ているし、今回のレースでも4コーナーで外に振られながらも最後まで食いついてきたレースぶりは好感が持てた。元々中山マイルは大外枠が不利ともされているし、この3頭の中では今のところ一番魅力を感じるかな。

ただ、「NHKマイルカップの本命はこの馬で決まりや!!」というインパクトまではなかった。直線途中でルフトシュトロームの前に出られそうなところがあったのに結局交わし切れなかったしね。

もう本格的にNHKマイルカップの話になっちゃいますけど、他路線組はどうですか?

サリオスが出るって噂もあるしそうなったら楽なんだけどね。(笑)

サトノインプレッサは高速馬場経験が無いのが気がかりだし、ガロアクリークあたりが出てきたら面白いと思うけどこの馬はこの馬でハイペース経験がないし……。

ただ、今年は牝馬が粒ぞろいだし、レシステンシア、エーポス、シャインガーネットあたりは面白い存在になるんじゃないかな。

スマイルカナもいますしね。

そうだね。

まとめ

1着 ルフトシュトローム

◆展開は後方からレースを進めたこの馬にとっておあつらえ向きのハイペースになった。とはいえ、ラスト1F加速ラップを差し切った内容は地力がなければ出来ないし評価できる。

◆NHKマイルカップについて言えば、中山マイルコースしか経験していないのは不安材料。東京のワンターン高速馬場で今回のような末脚が発揮できるかは少々懐疑的。

2着 シーズンズギフト

◆この馬もルフトシュトロームと同じでコーナーを4回ぐるりと回るレースしか経験していないのは不安。

◆そもそもNHKマイルカップ出るのか?

3着 ウイングレイテスト

◆権利を獲った3頭の中では唯一ワンターンマイルの競馬で実績があり、人気的にも一番狙いやすいタイプの馬。

◆ただ、直線半ばで一度ルフトシュトロームに詰め寄りながらも結局離されてしまったのは少し物足りない。最後差を詰めては来ているが……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です