新興勢力に注目~アンタレスS予想~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。日曜日の阪神メインはダートの重賞アンタレスステークスです。今週も競馬があることに感謝しつつ予想していきましょう。

過去5年時計&ラップタイム

2019年:アナザートゥルース:1.50.8 12.4-10.4-12.5-12.0-12.7-13.2-12.612.0-13.0(稍重) 47.3-50.8

2018年:グレイトパール:1.49.8 12.7-10.7-12.3-12.2-12.3-12.0-12.3-12.3-13.0(不良) 47.9-49.6

2017年:モルトベーネ:1.49.9 12.5-10.8-13.0-12.5-12.4-12.1-12.1-12.0-12.5(良) 48.8-48.7

2016年:アウォーディー:1.49.9 12.4-10.7-13.1-12.1-12.1-12.1-12.2-12.3-12.9(良) 48.3-49.5

2015年:クリノスターオー:1.49.6 12.7-11.0-12.6-11.8-12.0-12.1-12.1-12.3-13.0(良) 48.1-49.5

※見方…年度:勝ち馬:勝ちタイム ラップタイム(馬場) 前半4F‐後半4F

☆傾向

①良馬場で行われた年は後半に12秒台前半のラップが4F~5F続くことが多く、末脚の持続力を問われやすい。

待望のリワードアンヴァル重賞初挑戦も他に気になる2頭の新勢力

ここは館山さんが条件時代からずっと推しているリワードアンヴァルが出てきますね。

そうだね。改めて俺っちがリワードアンヴァルに注目するようになったきっかけを改めて説明すると、この馬は3歳時の未勝利戦で中山のダート1800mを13.0-12.4-13.1-12.9-12.3-12.3-12.3-12.2-12.8というラップで勝っているんだけど、未勝利で中山のダートを「最初の1F以外ほぼ13秒台のないラップ」かつ「12秒台前半のラップを4F出し続ける」と言うラップはかなり異例だったんだ。

だから「この馬は必ず出世する」とずっと追いかけてきた。

その期待通り1勝クラス、2勝クラスはポンポンと勝ち上がったんだけど、3勝クラスで「逃げないと脆い」面が顔を覗かせちょっとスランプに陥った。

でも前走は番手に控える競馬から4コーナー抜群の手応えで回って直線はグングン引き離し6馬身差の圧勝。調子は取り戻してきたと見るし、前走の走りが出来れば重賞のここでも十分通用するポテンシャルは秘めていると思う。ここはこの馬を自信の本命………、と言いたいところなんだけど、ここはこの馬以外にも気になる馬がもう2頭いる。

まずは前走でリワードアンヴァルを破っている

7ベストタッチダウン

この馬は今ダート1800m戦を3連勝中と勢いのある馬なんだけどそのラップがどれも凄い。

1勝クラス:12.9-11.4-13.3-12.7-12.5-12.4-12.1-11.5-12.2

2勝クラス:12.3-12.2-12.3-11.9-12.2-12.0-11.7-11.8-13.1

3勝クラス:12.3-11.2-12.1-12.1-12.1-11.8-11.9-12.1-12.7

と2勝クラス以降は馬場が走りやすかったとはいえダートの中距離でこれだけ11秒台のラップを簡単に出せる馬も珍しい。

高速ダートの申し子とでも言うべき存在で、今後のダート界を引っ張っていけるだけの存在だよ。

もう1頭は

4クリンチャー

正直ダート初戦となった仁川Sは「初ダートにしては悪くないけど、ダート路線で重賞で常に上位を争おうと思ったらちょっと物足りないな」と言う競馬だった。

ところがダート2戦目となった前走マーチSでは、4角で抜群のまくりを見せると3着以下には3馬身差をつける2着。

「あそこまでいったら勝ってほしかった」と思う人もいるだろうけど、個人的には勝ったスワーヴアラミスは「今後ダートG1も狙えるほどの逸材」と見込んでいるし、その馬と互角の勝負が出来た事を考えると、この馬も評価に値すべきレースが出来ていると思う。このメンバーでは間違いなく上位争いが出来ると思うよ。

だからここはこの3頭を中心にBOX買いをするか「館山スタイル」で勝負したいなと思うよ。

この3頭は昇級初戦だったり、ダートに路線変更して日が浅かったりでダート路線の「新興勢力」と言って良い馬たちですね。

そうだね。クリンチャーは6歳だけど、他の2頭は4歳。この馬以外にも4歳世代は高いポテンシャルを秘めたダート馬がいっぱいいるからダート界は「世代交代」の波が押し寄せてくると思う。ここはその始まりになるんじゃないかな。

相手は末脚の持続力がありそうな馬から

この3頭が中心と言う事ですが、相手はどの馬が有力でしょう?

まず今回は「買わない馬」から決めていきたい。

先にあげた3頭はポテンシャル的に東海Sの1,2着、エアアルマスとヴェンジェンスに劣らないものを持っていると思う。

だからこの2頭に水を開けられた東海S組、そしてクリンチャーに2馬身半以上差をつけられたマーチS組の逆転は厳しいと思う。だから、このどちらかのレースを走った馬は軒並み馬券検討の対象から外したよ。

そして残った馬の中から「レースの後半に12秒台前半のラップが4F程度続くレースで好走歴のある馬」をピックアップしたよ。

◎15リワードアンヴァル

◎7ベストタッチダウン

◎4クリンチャー

△8ウェスタールンド

△11アナザートゥルース

買い目

単勝:15

馬連(BOX):4,7,15

3連複(フォーメーション):4,7,15-4,7,15-4,7,15,8,11

3連単(フォーメーション):15→4,7→4,7,,8,11 4,7→15→4,7 4,7→4,7→15

ずばり、自身の度合いはいかほどでしょう?

◎3頭のワイドボックスなら☆☆☆でも良いんだけど、この買い目なら☆☆かな。上位3頭はそれくらい力を持った馬だと思うよ。

※自信度の目安

☆☆☆…家宝を質に入れてでも買うってくらい自信あり。どーんと大勝負。

☆☆…それなりの自信度。大勝負はしないけど、ちゃんと馬券を買い忘れないようにしたい。

☆…あんまり自信なし。場合によっては撤退(見)も視野に入れる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です