無敗のダービー決戦へ~京都新聞杯予想~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。土曜日の京都メインはダービーの最終東上便京都新聞杯です。昨年はこのレース2着のロジャーバローズがダービーで見事な逃げ切りをおさめました。今年もこの中にダービー馬がいるかもしれませんね。

そうだね。今年も見逃せないレースになりそうだね。

時計&ラップタイム

2019年:レッドジェニアル:2.11.9 12.6-10.5-12.3-12.2-12.4-12.4-12.4-11.8-11.7-11.5-12.1(良) 60-59.5

2018年:ステイフーリッシュ:2.11.0 12.5-10.5-11.7-11.7-12.1-13.2-12.6-12.1-11.3-11.4-11.9(良) 58.5-59.3

2017年:プラチナムバレット:2.15.2 12.7-11.1-12.8-12.4-13.1-13.1-12.7-12.6-11.6-11.5-11.6(良) 62.1-60.0

2016年:スマートオーディン:2.12.6 12.4-11.1-12.6-12.3-12.4-12.3-12.8-12.2-11.8-10.8-11.9(良) 60.8-59.5 

2015年:サトノラーゼン:2.11.3 12.3-10.7-12.2-12.1-12.1-12.6-12.5-11.9-11.4-11.9-11.6(良) 59.4-59.3

☆傾向

①ペース自体はまちまちだが一つ言えるのは坂の上り(だいたい残り1200m地点から800m地点)にかけてはペースが緩みやすい。

②基本的にはそこからの4F程度続く持続力勝負だが、前半に緩みのないレースも多いので一定のペースで走ることのできる耐久力も必要。

③ディープインパクトはもちろんマンハッタンカフェ、ダンスインザダークなどSS系菊花賞馬の血を持つ馬が好成績。

皐月賞に続き、ダービーも無敗馬の頂上決戦に⁉

今年の注目は、何と言ってもセレクトセールにおいて6億円で取引され、デビューから2戦2勝をあげている

8アドマイヤビルゴ

ですね。

そうだね。正直デビュー初戦はそれほど強いとは思わなかったんだけど、前走の内容は圧巻だった。

コーナーリングの上手さを生かして、4コーナーでスッと後続を引き離してセーフティーリードをとったキメラヴェリテを残り100mあたりで捕らえて最後は2馬身差をつけてしまうんだからね。本当に鮮やかな勝利だった。

こういうケースって「先頭を逃げていた馬がバテた」ケースが往々にしてあるんだけど、若葉Sのラスト3Fが11.5-11.5-11.7、2着のキメラヴェリテのラップを見ても11.5-11.5-12.0だから「キメラヴェリテが止まっていた」わけではなく、「アドマイヤビルゴが伸びていた」って言うのが分かる。

勝ちタイムの1.58.6も過去の若葉Sや2000mだったころの毎日杯と比べてもかなり速くラップの観点からもケチの付け所が無い内容だった。

という事はやはりこの馬が本命と言う事でしょうか?

そうなるね。正直初距離や若葉Sのメンバーに一級戦でバリバリやってきた馬がいない等不安要素はあるんだけど、コントレイルやサリオスに太刀打ちできそうなポテンシャルを持っていそうな馬としては現状この馬が最右翼にあげられるだろうし、ダービーでこの馬とコントレイルの「無敗対決」を見たいという思いも強いからここは是非とも勝ってほしい所。

そういう俺っちの願望も入った予想にはなるけれども、アドマイヤビルゴはその願望を持つのにふさわしい馬だと思うし、その期待に答えてくれるレベルの馬だと信じてる。

相手は長距離適性のありそうなあの馬

ここはアドマイヤビルゴで固いという事ですね。では相手はどのあたりになるでしょうか?

京都新聞杯は先週の青葉賞に続き世代2度目の2000mを超える長距離重賞。俺っちの持論なんだけど、長距離重賞は基本的に切れ味や最高速度がどれだけ出せるかよりも持続力や耐久力が重要になってくると思ってる。その基準となるのが「12.5を切るラップが6F以上続くレースで勝利した経験がある」と言う事。これがあればある程度の持続力は担保される。

今回のメンバーでそれを満たしているのはアドマイヤビルゴと1200m戦で走ってた時の9イロゴトシ、そして

6ディープボンド

の3頭。この馬は未勝利勝ちの時のラップが12.3-11.3-12.7-12.7-12.3-12.3-11.9-11.9-11.7-12.0と2000mの未勝利戦としては比較的ロングスパートと言えるレースだった。

ディープボンドは皐月賞の回顧の時も「距離が伸びて面白そう」と仰っていましたよね。

そうだったね。このメンバーの中では唯一2000m超のレースで連対経験があるし、キズナ産駒の傾向を見る限り、父のディープインパクトほど爆発的な切れ味が無い分耐久力や持続力に寄った特徴を持つ産駒が多い印象で距離が延びるのは苦にしなそう。

皐月賞で強敵相手にもまれた経験もあり、ここでは力を示してくれるんじゃないかと思うよ。

◎8アドマイヤビルゴ

〇6ディープボンド

▲7キングオブドラゴン

△10ファルコニア

✕12サペラヴィ

買い目

馬連:6-8

3連複(2頭軸流し):6,8-7,10,12

3連単(フォーメーション):6,8→6,8→7,10,12 8→7,10,12→6

では、自信度の方を教えてください。

アドマイヤビルゴは強いと思うし、感覚的には☆☆☆でも良いんだけど、合理的根拠はやや薄めになっちゃったからなぁ~。☆☆にしておくよ。

(いつもそんなに合理的な根拠が濃いとも思えないんだけど……。)

※自信度の目安

☆☆☆…家宝を質に入れてでも買うってくらい自信あり。どーんと大勝負。

☆☆…それなりの自信度。大勝負はしないけど、ちゃんと馬券を買い忘れないようにしたい。

☆…あんまり自信なし。場合によっては撤退(見)も視野に入れる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です