今日はダートの予想です~6/13おすすめ馬紹介~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。今日のブログは土曜日のおすすめ馬紹介です。

その事なんだけど今日は”ダート”のレースに絞って紹介するよ。

芝のレースはやらないんですか?

函館は開幕週だし、東京と阪神は雨が予想される。晴れてるなら馬場の変化が少ないから、前日の予想でも大丈夫と思うんだけど芝のレースだと雨の降り具合によって微妙に狙う馬が変わってくるから、明日後半のレースは午前中の芝の様子を見て決めたいからね。

やっぱり雨の日の予想は難しいですか?

一応重馬場の予想でもある程度の指針はあるんだけどね。その指針も重馬場の度合いによって微妙に変わってくる。ましてや東京は(俺っちの地元に近い阪神と違って)雨の降り方を正しく理解しているわけじゃないし、先週までの高速馬場がどこまで維持できるか不透明な部分があるからじっくり見てみたい。

なるほど。では明日のダートでのおすすめ馬は何頭でしょう?

明日は「おすすめ穴馬」を2頭紹介するよ。

おすすめ穴馬

東京10R 三浦特別 5レイテントロアー

自信度…☆☆

レイテントロアーは2走前中山1200mで勝った時のレースを評価してる。

このレース12.2-10.8-11.3-12.3-12.2-12.2と前半で2F速いラップで先行し、ラスト1Fまで12秒台後半のラップを使うことなく押し切った。

この時期の3歳の中山ダート1200m戦で、スローペースでもないのにラスト1Fまでラップの落ちがほとんどないと言うのは結構珍しくて、それだけ高い耐久力を有していることの表れだと思う。

スタートはそんなに速くないけど主張すれば前で競馬することもできるし、距離が短くなる今回なら「行って最後バテないだろうか」と言う不安も消え押して先手を主張できる状況。巻き返す可能性は十分にある。

阪神11R 天保山S 5エルモンストロ

自信度…☆☆

エルモンストロは前走新潟の八海山Sを使ってたんだけど、正直このレースは驚いた。

それまでこの馬はどんどん使う距離を短くしたとは言え、一番短い距離でも1400mしか使ったことがなくて、1200mだと前半のペースについていけないんじゃないかなぁと思っていた。

実際レースは前半3Fが33.4のハイペース。それでもエルモンストロは5番手と言う比較的前目の位置で競馬をして最後の直線もしっかり伸びてきた。「ハイペースにも対応できた」と言う点で今後の視界が一気に広がる中身の濃い勝ち方だったと思う。

今回は距離が1400mに戻るけどこの距離は3走前0.7差で圧勝を飾った距離。元々はこのくらいの距離の方が追走が楽になる分終いの脚を生かせると言う意味で合っていると思う。

オープンの場合ペースに対応できる馬が増える分位置を取るのも大変になると思うけど、前走のペースに対応できるスピードがあれば、昇級戦の今回も悪くとも中団の位置は取れると思う。それならばこの馬の末脚が炸裂する可能性は十分あると思うよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です