荒れ馬場巧者を探し出せ!~マーメイドS予想~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。今回のブログは日曜日の阪神メインレースマーメイドSの予想です。

過去5年時計&ラップタイム

2019年:サラス:2.00.3 12.2-10.9-12.2-12.2-12.3-12.4-12.1-11.8-11.4-12.8(良) 59.8-60.5

2018年:アンドリエッテ:1.59.1 12.7-10.5-12.1-12.3-12.0-12.7-11.8-11.5-11.6-11.9(良) 59.6-59.5

2017年:マキシマムドパリ:1.59.5 12.7-11.2-12.1-12.4-12.2-12.2-11.711.2-11.3-12.5(良) 60.6-58.9

2016年:リラヴァティ:1.59.3 12.0-10.7-12.2-12.6-12.1-12.1-11.9-11.6-11.6-12.5(良) 59.6-59.7

2015年:シャトーブランシュ:2.00.5 12.5-11.3-12.8-12.6-12.3-12.4-11.9-11.5-11.3-11.9(良) 61.5-58.8

☆傾向

①基礎スピードor持続力or最高速…過去5年のラップタイムの最速は11.2で11秒台前半が出ない年もある。最高速はあまり問われない。ハロン毎のラップタイムで最も加速したタイミングはラスト4F目が多くどちらかと言うと持続力を問われるレース。

②耐久力or加速力…ハロン毎のラップタイムで最も加速した地点の加速度は過去5年中4年で0.4~0.5の間。やや耐久力寄りのラップだが一本調子の馬では厳しい。

③パワーorスピード…過去5年中4年はラスト3Fに11秒台がありややスピード寄り。とは言え、ラスト1Fが12.5まで落ちている年が3年あり、最後のひと踏ん張りに費やす最低限のパワーは求められる。

これらの傾向を条件化すると……、

①持続力…「最高速」がない方が良いというイメージなのでラスト3Fに2F以上11.4以内のラップがない、かつ11.2より速いラップがないレースで好走したことがある馬は〇。

②耐久力…ハロン毎のラップタイムで最も加速した地点の加速度が0.4~0.5秒のレースで好走した馬が〇。0.3~0.6秒も△。0.8以上のレースは参考外。

③スピード&パワー…ラスト4F中3Fに11秒台が持続するレースで好走経験がある馬は〇。その上でラスト1Fで0.6以上ラップライムが減速するレースで好走経験がある馬は◎。

荒れ馬場巧者はこの2頭

重馬場での狙い方はエプソムカップについて書かれたブログの方で解説されたのでここでは省略します。気になる方は下記リンクをご覧ください。

で、マーメイドS何ですがここは過去の傾向は生かせそうですか?

エプソムカップほど正反対の適性が要求されるという事はないんじゃないかな。元々このレースは耐久力寄りのレースだと思うし。ただ、例年このレースは開幕から2週目に行われることもあってそこまで荒れた芝状態じゃないからラスト4Fにも3Fか2Fは11秒台が出て来てある程度スピードが要求されるレースになるんだけど、今年は天候から考えるとそこまでスピードは必要とされず、パワーを要するレースになるんじゃないかなと思う。

いずれにしても「荒れ馬場も苦にしない消耗戦が得意な馬」を探し出すのが予想を当てる近道だと思うよ。

では、その「荒れ馬場の消耗戦」に強そうな馬は見つかりましたか?

特にいいなと思ったのは

1リュヌルージュ

7エアジーン

リュヌルージュは不良馬場で行われた中山牝馬Sの2着馬。このレースはラスト4Fが11.6-12.2-12.3-13.3と特にラスト1Fのラップがガクッと落ちる消耗戦。その中を軽ハンデとは言え先行勢で唯一掲示板を確保し2着まで持ってきた内容は決してフロックとは思えない。

元々は3歳時に忘れな草賞2着もありこの時のレースも前半1000m58.9のハイペースでラスト5Fが11.7-12.0-12.6-12.6-12.7という消耗戦。最高速やスピードの持続力ではなくパワーや耐久力を問われるレースならばオープンでも十二分にやっていける下地はある。

今回は重賞とは言え格上挑戦の馬が7頭と決して格負けするメンバー構成ではなく、それならば適性+能力で他の馬を上回れる可能性は高いと思うよ。

エアジーンの方は過去3勝の中に上がり4Fに11秒台前半が出てくるレースが一つもない生粋のパワー型。

特にミモザ賞はラスト5Fが12.0-12.3-12.0-12.1-12.5と上がりに12秒台が続くレース、かつ残り600mからゴールが近づくにつれて減速していくラップでまさに「時計がかかる消耗戦」のイメージにぴったり。

2200mで勝利実績もあって消耗戦に必要なスタミナの担保もあるし、格上挑戦でも侮れない1頭だと思っているよ。

もう1頭どうしても気になる存在が……

他に気になる馬はいますか?

13サマーセント

が気になるね。

この馬は去年9月に今回と同じ阪神2000mの舞台で1勝クラスを勝った時の勝ち方とラップが良くて、前半1000m59.4とそれなりに流れたペースで3番手から悠々抜け出すレースは圧巻だったし、後半1000m11.5-11.8-12.0-11.9-12.1と緩みのない耐久力に優れたラップを刻んだことも評価できる。

正直今回のような荒れ馬場よりももっとスピードを生かせる馬場の方がいいかなと思うんだけど、前走でもヒンドゥタイムズ、サンレイポケットとこの夏の重賞でも活躍が期待できる牡馬相手に差のないところまで来ているし、小回り2000mなら重賞でも通用する力はあると思うよ。

サマーセント以外はどうですか?

3ナルハヤ14ミスマンマミーアあたりも悪くはないと思うんだけど、買い目を増やしてまで入れようかと思うほど人気面に妙味がないんだよねぇ。それなら外れるのも覚悟で買い目を絞っていきたいな。個人的には。

◎1リュヌルージュ

〇7エアジーン

▲13サマーセント

買い目

馬連・ワイド(BOX):1,7,13

3連複:1-7-13

自信の方はいかがですか?

ここは元が難解なレースな上に馬場の読みも難しい。正直、明日の天気次第では予想を買えなきゃいけない事態になるかもしれない。自信度は☆だね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です