重馬場で浮上してくる馬とは⁉~キーンランドカップ予想~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。日曜日の札幌メインはキーンランドカップです。やっぱり前振りが思いつかないので早速予想に入っていきましょう。

過去5年時計&ラップタイム

2019年:ダノンスマッシュ:1.09.2 11.9-10.3-11.0-11.7-11.8-12.5(稍重) 33.2-36.0

2018年:ナックビーナス:1.09.4 12.1-10.7-10.9-12.0-11.6-12.1(稍重) 33.7-35.7

2017年:エポワス:1.09.0 12.0-10.5-11.0-11.6-11.7-12.2(良) 33.5-35.5

2016年:ブランボヌール:1.08.5 12.1-10.9-11.1-11.3-11.3-11.8(良) 34.1-34.4

2015年:ウキヨノカゼ:1.08.6 12.1-10.6-11.3-11.8-11.4-11.4(良) 34.0-34.6

☆傾向

①テンの3Fまでは基本的に33秒台とスタートダッシュが重要と言う点は一般的な1200m重賞と変わらないが、テンの3F目→4F目に一気にラップが遅くなる印象。単純なスピード比べにならずパワーも必要なレース。

②その影響か過去6年の連対馬12頭を見ると10頭に「芝1400m以上のオープン勝利経験」があった(例外は2015年2着のトーホウアマポーラ、2016年1着のブランボヌール)。

③レース当日の札幌競馬場付近の天気は雨の予報がなされており、パワー型の傾向に拍車をかける見込み。ゴールが近づくにつれラップタイムがかかる消耗戦になりそうで、すでに消耗戦で結果を出している馬を狙いたい。

◎はスプリンターズSでも本命にしようと思っているあの馬

「傾向」のところでもお話が出ていますが、日曜日の札幌競馬場付近は雨が降るようで馬場の悪化は避けられそうにありません。ここはやはり重馬場適性も加味した予想となってくるでしょうか?

本来ならそうなるところだろうけど、俺っちの本命は

1ダイアトニック

と決めているよ。この馬はここでよほど下手な競馬をしない限り、スプリンターズステークスでも本命を打とうと思ってるし。

評価ポイントはやはり前走の函館スプリントステークスでしょうか?

そうだね。あのレースは結果的に前有利の競馬で馬場に恵まれた面は否定できないんだけれど、ペースとしては前半3F33.4だから決して遅いとは言えないレースだった。そのレースを行きっぷり抜群に先行することが出来たのは正直驚いた。これまで1400m以上の距離をメインで使っていたから追走には苦労すると思ったんだけど……。

で、あのレースを見て俺っちは「この馬はむしろ前半からガンガンに速いペースになる純粋なスプリント戦がベストなのではないか?」と思った。これまでは決してベストな条件を走っていたわけではないのではって。

だとしたら、ベターとはいえベストではない条件でもコンスタントに結果を残してきたことになるから、ベストの条件になれば無双するんじゃないかと言うのが俺っちの読みだよ。

あぁ、適性云々よりも能力で圧倒しそうと。

そういう事だね。

もう1頭軸にしたい有力馬とは?

ではこのレースは1ダイアトニックを軸に……、と言う事ですか?

いや、もう1頭

11フィアーノロマーノ

との2頭軸を考えてるよ。この馬は「傾向」にあげた条件にぴったり一致しそうだからね。

詳しく説明お願いします。

まず「芝1400mのオープン勝利経験」。これは2019年ダービー卿チャレンジトロフィーで条件を満たしている。

次に「消耗戦の実績」。これは2018年から2019年にかけてファイナルS、ダービー卿チャレンジトロフィーと連勝した時の2つのレースの上がり3Fが11.6-11.8-12.6、11.4-11.6-12.2といずれもゴールが近づくにつれて時計がかかっているラップを刻んでいることから適性があると判断したよ。特に前者(ファイナルS)の方はラスト1Fが12.6。ここまで時計がかかると重馬場に必要な「パワー」の証明もできていると思う。

それプラス、これは俺っちの感覚的なものもあるんだけど「中山芝マイルコース」ってJRAのコースの中で最も”タフ”なコースだと思っているんだ。

それはどういう根拠で?

マイル戦は「道中息を入れずに持つかどうかのギリギリの距離」だからペースが緩むことは少ないし、中山コースだと得にハイペースになりがち。その上直線に急坂があるから馬への負荷は相当高いと思う。

フィアーノロマーノはそのコースで重賞を勝っているし、内容も前半4F45秒台のハイペースを先行して押し切る内容。消耗戦をこなせるだけの”タフさ”に優れているのは間違いないと思うし、それならば消耗戦の耐久力勝負が予想されるレースでは当然有力になってくると思うよ。

なるほど。ではこの2頭を軸に流す相手はどの馬でしょうか?

基本的には「1400m以上のオープンレースで勝利のある馬」と「ラスト3Fのラップタイムが右肩上がりにかかっている、かつラスト1Fが12.5以上かかっているレースで好走歴(勝利orオープン2着)のある馬」をチョイスしたい。前者に該当するのは2イベリス5ショウナンアンセム9ダイメイフジ。後者に該当するのは14エイティーンガール16ヤマカツマーメイドだよ。

◎1ダイアトニック

〇11フィアーノロマーノ

△2イベリス

△5ショウナンアンセム

△9ダイメイフジ

△14エイティーンガール

△16ヤマカツマーメイド

買い目

↓↓↓以下のリンクをご覧ください。↓↓↓

https://orepro.netkeiba.com/bet/bet_complete.html?race_id=202001020611

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です