ここは推し馬3頭で~新潟記念予想~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。日曜日の新潟メインはサマー2000シリーズの最終戦、新潟記念です。

ここ2年の勝ち馬はブラストワンピース、ユーキャンスマイルだから秋のG1につながるレースとしても注目度が高くなってきているね。

そうですね。では早速予想に入っていきましょう。

過去5年時計&ラップタイム

2019年:ユーキャンスマイル:1.57.5 12.7-10.9-11.3-11.7-12.0-12.5-12.0-11.3-11.1-12.0(良) 58.6-58.9

2018年:ブラストワンピース:1.57.5 12.9-11.1-11.6-11.7-11.9-11.9-11.8-11.7-10.7-12.2(良) 59.2-58.3

2017年:タツゴウゲキ:1.57.9 12.9-10.9-11.4-11.7-12.1-12.3-12.0-11.4-11.2-12.0(良) 59.0-58.9

2016年:アデイインザライフ:1.57.5 12.8-11.0-11.2-11.4-12.1-12.0-11.9-11.711.5-11.9(良) 58.5-59.0

2015年:パッションダンス:1.58.2 13.2-11.0-11.3-11.3-12.0-12.3-12.0-11.6-10.5-13.0(稍重) 58.8-59.4

☆傾向

①残り1000mからラスト1Fを除きずっと加速し続ける持続力ラップ。ただし、一番加速度が大きいのは残り3F目、もしくは残り2F目。加速幅も大きく持続力、加速力の両方が問われる

②上がり3Fに11秒台前半が2F以上出てきたり、10秒台が出てきたりするので明らかにパワー寄りスピード優先のレース。

ここは推し馬3頭のBOXで勝負!

まぁ傾向について軽く触れたけど、ここは俺っちの”推し馬”が3頭も出てくるから、その3頭のBOXで勝負したいなと思ってるよ。

傾向を出した意味とは?

まぁ3頭とも傾向に照らし合わせても決してズレた馬じゃないから(;^ω^)。

それなら良いんですが……。で、その3頭と言うのは?(1頭はなんとなくわかる気がしますが……。)

まずは

3ピースワンパラディ

やっぱり……。

まぁこの馬はずっとこのブログで推してきた馬だしね(;^_^A。

ピースワンパラディの売りは何と言ってもそのトップスピードの高さ。過去4勝の上がり3Fラップを見ると1勝目が12.0-11.3-11.0、2勝目が11.4-10.9-11.6、3勝目が12.1-11.2-11.7、4勝目が11.2-11.1-11.7と不良馬場だった3勝目以外は11秒前半(10秒台含む)が2F以上出てくる速い上がり。前走は不良馬場でその切れ味を生かせなかったけど、新潟の広いコースならその持ち味を存分に生かせると思うよ。

今回は去年10月以来の2000m戦。距離を不安視する声もありますが。

父ジャングルポケットはオウケンブルースリ、ジャガーメイルを輩出したステイヤーの資質に富んだ種牡馬。血統的には距離に不安はない。ピースワンパラディ自身も単純な切れ味トップスピード型じゃなくて持続力もある。根拠はフローラルウォーク賞で上がり4F45秒台のレースを差し切ってること。

良く仰られてますよね。「上がり4F45秒台は最高速と持続力が高い次元にないとでない時計だ」って。

うん。その持続力があれば新潟記念の傾向である「残り1000mからラップが継続的に上がり続ける」流れにも対応できるだろうし、適性的にも期待して良い馬だと思うよ。

次に推したいのは

13カデナ

今年の大阪杯4着馬ですね。

そうだね。ぶっちゃけ適性的には「徐々にラップが上がっていく(=段階的にエンジンをかけていく)レース」より「最初から速いペースをバテずに追い込む(=継続的に一定の脚を使う)レース」の方が合っていると思う。

とはいえ、去年このレースで3着に好走しているし、G1で4着にも来ているように地力はこのメンバーでも最上位……、と言うかG3クラスなら頭一つ二つ抜けていると思うんだよね。新潟記念に登録してると知った時も「お前はオールカマーか毎日王冠から始動しろよ!」と思ったくらいだからね。

しかし前日オッズではこれを書いている13時現在単勝14倍の8番人気と評価は上がっていませんね。

そうなんだよ。はっきり言って世間はこの馬のことを舐めすぎ!G3クラスで8番人気になるような馬じゃない。とはいえ、その分オッズも美味しくなるからありがたいことだよ。

最後に推すのは

16サンレイポケット

この馬のセールスポイントは「長く良い脚を使う」と言う点。この馬の2勝目の栄特別と3勝目の中京スポニチ賞はいずれもラスト5F内に11秒台が4F持続する箇所があるラップ。2000mの条件戦では多くは見られないラップ構成だし、段階的に加速していることから末脚の持続力も感じ取ることが出来る。

勝った時の上がり3F内の最速ラップが11.3だからオープン級メンバーの最高速比べだと心もとない面があるし、だからこそ本当は小倉記念に出てきて欲しかったんだけど、今後ローカル(小回り)2000m重賞や2200~2500mの重賞で間違いなく上位を賑わせる馬だと思うから、ここは先物買いで押さえておきたいね。

◎3ピースワンパラディ

〇13カデナ

▲16サンレイポケット

買い目

↓↓↓以下のリンクを参照↓↓↓

https://orepro.netkeiba.com/bet/bet_complete.html?race_id=202004030811

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です