10頭立ては寂し過ぎるよ~小倉2歳S~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。日曜日の小倉メインは2歳重賞小倉2歳Sです。

例年より小倉開催が短かった影響か10頭立てという寂しいメンバー構成になってしまったね。やっぱり小倉開催は長い方が良いよ。競馬場近くには美味しいものも多いし……。

ですよね。まぁ気を取り直して早速予想に入っていきましょう。

過去5年時計&ラップタイム

2019年:マイネルグリット:1.10.5 12.0-10.5-11.2-12.2-12.0-12.6(重) 33.7-36.8

2018年:ファンタジスト:1.08.9 11.9-10.4-11.1-11.7-11.7-12.1(良) 33.4-35.5

2017年:アサクサゲンキ:1.09.1 11.8-10.2-11.3-11.6-12.0-12.2(良) 33.3-35.8

2016年:レーヌミノル:1.08.0 11.7-10.4-11.2-11.4-11.4-11.9(良) 33.3-34.7

2015年:シュウジ:1.08.9 11.9-10.4-11.2-11.7-11.9-11.8(稍重) 33.5-35.4

☆傾向

①最初の1Fから11秒台が出てくる前傾ラップでスタートダッシュにきちんとついていける能力は必須要件。ただ、いかんせんみなキャリアが少ない馬なので過去の実績から適性の有無を判断するのは難しい。しかし、過去5年の連対馬のうち「小倉芝1200mで勝利経験がある馬」は全てテンの1Fが12.1以内のレースを勝っていた。テンの1Fが12.2以上かかるレースで勝ってきた小倉組は不安。

②前傾ラップの影響か後半は11秒後半~12秒台前半のラップが多くやや時計がかかる印象。消耗戦の色が濃く2017年のモズスーパーフレア(1番人気7着)のようにスピードで小倉の新馬戦、未勝利戦を勝ってきた馬は危険

③過去4年連続で2代以内にストームキャット直系の馬が入っていた。ミスタープロスペクター(レイズアネイティヴ)の血が入った馬も好相性だが、その選び方だと母数がかなり増えてくるのでお勧めはしない。

小倉デビュー馬の取捨選択

近年の小倉2歳Sは新馬戦の開始が早まったこともあってか阪神、中京でデビューした馬の活躍も目立ってきている。とはいえ、毎年「小倉芝で勝利のある馬」が1頭は連対しているから軸はこの条件を満たした馬の中から選びたい。

今年の出走馬で小倉芝勝利経験がある馬は3カシノレオ5アールラプチャー7ルクシオン8メイケイエール10フリードの5頭ですね。ここからどうやって絞っていきますか?

傾向①、②を使っていこうと思う。まず①テンの1Fが12.2よりかかっているレースで勝ってきた馬は除外する。重賞級のテンの速さに対応できるか不安だからね。この条件で3カシノレオ5アールラプチャー7ルクシオンが外れる。

次に②。いくら夏の小倉と言えど、最終週にもなるとある程度消耗戦の要素は避けられず、上位に食い込むには荒れ馬場やタフなレースをこなせるパワーが必要になる。そう考えると未勝利戦をレコード勝ちした10フリードは「スピードに寄り過ぎているのでは?」という不安が出てくる。

と言う事は本命は……。

そう、

8メイケイエール

だよ。この馬はデビュー戦のラップが11.9-10.5-11.5-11.8-11.8-11.9。テンのダッシュ力もあるし後半上がりがかかるパワー比べになっても対応できているように映る。ここなら期待できると思うよ。

相手はここ4年たて続けに連対と相性の良いストームキャットの血を持つ2フォドラを中心に考えたいね。

◎8メイケイエール

〇2フォドラ

▲9モントライゼ

△6セレッソフレイム

×4リサコーハク

買い目

↓↓↓以下のリンクを参照↓↓↓

https://orepro.netkeiba.com/bet/bet_complete.html?race_id=202010020811

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です