買い馬ラボ~10/10おすすめ馬紹介~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。本日も買い馬ラボのお時間がやってまいりました。ところで館山さん、土曜日は週中からの雨と台風の影響で馬場が悪くなることが懸念されます。予想はかなり難しいんじゃないでしょうか?

芝レースは馬場の悪化の度合いを読むのが難しいけど、ダートなら大体脚抜きの良い時計の速いレースになることが予想されるから芝に比べるとある程度馬場は読みやすいと思う。それに土曜日はダートで楽しみな馬も多いから今回はダートを中心に予想していくよ。

おすすめ馬紹介

新潟3R 古馬1勝クラス 4コールザチューン

自信度…☆☆☆

この馬のここがスゴイ…高確率でハナをきれるダッシュ力。前走逃げつぶれの展開でただ一頭掲示板を確保。

この馬を推奨された理由は何でしょう?

総合的・俯瞰的に判断した結果だよ。

……、そんなんで説明できたとでも思ってるんですか(# ゚Д゚)?

怖っ!冗談だよ、冗談。この馬のセールスポイントはテンのダッシュ力。前の2戦はそれぞれテンの2Fのラップが22.3、22.5とかなり速いラップをすんなり逃げることが出来ているしスピードはこのクラス上位。

特に前走は上位4頭の3角順位が全て二桁という典型的な差し決着になったレースで掲示板に残っている中身の濃いレース。

ちなみにそのレースのハロンタイム推移は11.7-10.8-11.1-12.0-12.5-13.2と完全な消耗戦でラップ的にも逃げ馬には厳しいレースだった。今回は新潟に変わることで逃げ馬にとっては楽な展開になりやすいし(※下図参照)、絶好の狙い目だと思うよ。

過去5年夏の新潟開催と9月の中山開催のハロンタイム推移の比較。
中山が完全な消耗戦ラップなのに対し、新潟は残り600mで若干ペースが緩みそこから再加速する箇所がある。つまり逃げ馬が余力を残して直線に向かう事が多く、中山ダート1200mに比べて有利に働きやすい。

京都6R 古馬1勝クラス 15ブッチーニ

自信度…☆

この馬のここがスゴイ…デビュー戦で披露した圧巻の末脚。ポテンシャルはこのクラスにいる馬ではない!

ブッチーニは今回1年3か月振りのレースになります。不安はないでしょうか?

ぶっちゃけ大ありだよ。それでもこの馬には「かけてみたい」と思わせるポテンシャルがある。

と言うのもデビュー戦の勝ちっぷりが忘れられないのよ。ラスト3Fが12.9-12.4-12.1と言う加速ラップで、決して差し馬には有利と言えない流れにもかかわらずそれを楽々差し切って2着を4馬身ちぎって見せた。

「あぁ、これはダートでかなり出世するだろうな」と思ったんだけど、それ以降はなかなか結果が出ていない。けれども、俺っちはまだこの馬を信じてるし、今でも「この馬はオープンに行く器だ」と思っている。長期休養明けでそこまで人気しないであろう今回は是非とも狙ってみたい1頭だよ。

東京7R 古馬1勝クラス 1ルトロヴァイユ

東京7R 古馬1勝クラス 6ネオヴィットーリア

自信度…☆

この馬のここがスゴイ…東京ダートに必要なスピードを兼ね備えた2頭。切れ味を生かせる舞台で前進期待。

東京7Rは推奨馬が2頭なんですね。

そうだね。東京ダート、特にマイル以下の距離は後半に11秒台のラップが出ることも多くてダートの中ではスピードや切れ味を問われる、比較的芝に適性が寄ったレースが多いんだ。

ネオヴィットーリアは5度馬券になった内4レースが芝のレースですし、ルトロヴァイユに至っては初のダートレースですね。

こういうタイプが東京のダートは合うと思うんだよねぇ~。特にネオヴィットーリアの方は、ダートでの唯一の馬券圏内が東京ダートマイルでラスト3Fのハロンタイムの推移が12.3-11.9-12.2といかにも東京ダートっぽいラップ構成。その後は力のいる中山ダートだったり、ゴールに近づくにつれ時計がかかってくる消耗戦だったりでこの馬に適性のあったレースを走ってない印象がある。今回久しぶりに適条件を走るから今回は面白いと思うよ。

京都12R 古馬2勝クラス 6ハギノリュクス

京都12R 古馬2勝クラス 15スマートアリエル

自信度…☆☆☆

この馬のここがスゴイ…未勝利の時計が上級条件に匹敵。JBCレディスクラシックに出しても良い高いポテンシャルの持ち主!

このレースは是非とも見たいレース。勝ち馬にJBCレディスクラシックの優先出走権を与えても良いレース位だよ。

そんなにですか⁉よほどこの2頭には期待されているんですね。

2頭とも未勝利勝ちの時計が抜群に良いからね。ハギノリュクスはここ10年の函館ダート1700mのレースの中で、良馬場かつ2勝クラスより下と言う条件下では最も速いタイムだったし、スマートアリエルの方は同日に行われた2勝クラスの特別戦(勝ち馬:ラインベック)と同タイムと言う好時計だった。

2頭とも1勝クラスも完勝したし、雨が降って脚抜きの良いスピードが優先される馬場は合いそう。ポテンシャルの高さは重賞級だと思うし、牝馬同士であればG1も狙える逸材だと思うよ。

だから「JBCに出したい」と言う事なんですね。

そういう事。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です