今週も馬場に悩まされそう~府中牝馬S予想~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。土曜日の東京メインはエリザベス女王杯、あるいはマイルチャンピオンシップへのステップレースになる府中牝馬Sです。今年は出走が8頭と頭数だけ見ると少し寂しくなりましたね。

例年10頭は超えていたからね。今年は新潟牝馬Sもあるからそっちと分散したのかもね。それより今週末は天気が微妙で予想する側にとってみればかなり厄介だよ。

何とかしろよ!

気象庁!!

そんな無茶な……。

「気象庁」を名乗ってるくらいだから、天気の一つ変えられるだろ。

できるかー( `ー´)ノ。

過去5年時計&ラップタイム

2019年:スカーレットカラー:1.44.5 12.4-10.9-11.6-11.8-11.6-11.9-11.3-11.2-11.8(稍重) 46.7-46.2

2018年:ディアドラ:1.44.7 12.5-11.0-11.4-11.5-11.8-11.7-11.4-11.6-11.8(良) 46.4-46.5

2017年:クロコスミア:1.48.1 12.9-11.6-12.3-12.7-12.4-12.5-11.2-11.0-11.5(良) 49.5-46.2

2016年:クイーンズリング:1.46.6 12.7-11.0-12.1-12.7-12.1-12.1-11.4-11.1-11.4(良) 48.5-46.0

2015年:ノボリディアーナ:1.46.3 12.5-11.4-11.4-12.0-11.9-12.0-11.5-11.6-12.0(稍重) 47.3-47.1

☆傾向

①残り600mからペースが上がる上がり3Fの加速力勝負。

過去6年の連対馬12頭中15年勝ち馬ノボリディアーナ、16年勝ち馬クイーンズリング以外の10頭はそれまでのレースで自身が上がり3F33秒台の脚を使ったレースで勝利経験があった。また、その10頭の内9頭は3勝クラス(旧1600万下クラス)以上のレースでの実績で、9頭はそのレースの出走馬中上がり3F順位が1位か2位だった。

②上がり3F勝負にありがちな最高速比べになりやすい。

過去6年の連対馬12頭中15年勝ち馬ノボリディアーナ、16年2着馬マジックタイム以外の10頭は上がり3F内に11秒台前半が2F以上あるレースで勝利経験があった。また、残る2頭の内15年勝ち馬ノボリディアーナには同じ条件を満たす小倉日経オープンで2着の実績があった。

③父か母父にサンデーサイレンス系種牡馬がいる馬が15連勝中

ただし、ディープインパクト産駒に関しては2着が最高で未だ勝利がない。ディープインパクト産駒を軸にするときは単系の馬券ではなく複系の馬券にするのが無難かも。過去10年に絞って内訳を見てみると

  • 母父サンデーサイレンス4頭(2012年マイネイサベル→父テレグノシス、2013年ホエールキャプチャ→父クロフネ、2014年ディアデラマドレ→父キングカメハメハ、2015年ノボリディアーナ→父フレンチデピュティ)
  • 父マンハッタンカフェ2頭(2010年テイエムオーロラ、2016年クイーンズリング)
  • 父ネオユニヴァース系2頭(2011年イタリアンレッド→父ネオユニヴァース、2019年スカーレットカラー→父ヴィクトワールピサ)
  • 父ステイゴールド1頭(2017年クロコスミア)
  • 母父スペシャルウィーク1頭(2018年ディアドラ→父ハービンジャー)

とどちらかと言うと、中山のイメージがする血統が多い印象。

④前走大敗からの巻き返しは困難

過去には前走2桁着順から巻き返したマイネイサベルやホエールキャプチャの例もあったが、近5年は馬券圏内15頭の中に9着以下の馬は0。また重賞以外を走ってきた馬は2着以内に来ているのが必須条件になっている。

傾向を当てはめた結果……

早熟説にNO!!本命はあのディープインパクト産駒!!

傾向を当てはめると、4つの条件全てに「〇」がついている6シャドウディーヴァですか?

いや、出走馬中唯一「3勝クラス以上のレースで33秒台、かつ最速上がりを使って勝利経験」がある

2ダノンファンタジー

をチョイスしたい。まぁ、実際にはシャドウディーヴァとの2頭軸を考えてるから、どっちが本命でもあんまり変わらないんだけどね。

ただ、ダノンファンタジーは年が明けて古馬になってからは5着が2回と言う成績。一部には早熟説も出ていますが……。

うーん。正直俺っちは馬体に関しては門外漢だから何とも言えないけど、ローズSを勝った時のような「中盤少し緩んで上がりの3F勝負」と言うようなレースならまだ底を見せていないからこの舞台での復活する可能性は十二分にあると思う。

ここで重要なのは「”少し”緩んで」の部分。他の①を満たす馬は中盤に12秒台後半や13秒台が出るような極端にペースが遅くなったレース。対してこの馬のローズSは緩んだと言っても12秒台後半のハロンタイムはなく、重賞のペースでも速い上がりを出せることが証明されている。他の有力馬に比べてこれは大きなアドバンテージだと思う。

ですが、先ほどもおっしゃったように土曜日の東京競馬場は雨が予想されています。渋った馬場は対応できるでしょうか。

それなんだよね……。でも大丈夫、俺っちには秘策があるから。

何ですか?その秘策って?

その為の秘密兵器がこれ!!

神頼みかよ( `ー´)ノ。

◎2ダノンファンタジー

〇6シャドウディーヴァ

△5ラヴズオンリーユー

△7トロワゼトワル

条件は満たしていませんが、単騎逃げが見込めるのでピックアップ!!

△8サムシングジャスト

買い目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です