レーヴディソールの再来⁉~アルテミスS~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。土曜日の東京メインは2歳牝馬の重賞アルテミスSです。若い女の子の戦いと言う事で館山さんの最も苦手とする分野ですね。

どういう意味じゃ( `ー´)ノ!

だって館山さん若い女の子の流行とか絶対疎いでしょ。

そんなことないよ「館山速人しか勝たん!」ねっ( -`ω-)!

ねっ!ってドヤ顔で言われてもそういう「知ってること急にぶっこんできた感」のある言動が一番やっちゃダメなんですけどね。それにそれ若い女の子の間で流行ってる言葉かどうかも怪しいですし。

ぴえん😔。

さぁ、バカなこと言ってないで予想はじめていきますよ。

過去5年時計&ラップタイム

2019年:リアアメリア:1.34.3 12.8-11.5-12.0-12.1-12.2-11.4-11.0-11.3(良) 48.4-45.9

2018年:シェーングランツ:1.33.7 12.3-10.4-11.2-12.3-12.5-11.8-11.4-11.8(良) 46.2-47.5

2017年:ラッキーライラック:1.34.9 12.4-11.2-11.8-12.1-12.3-11.4-11.5-12.2(良) 47.5-47.4

2016年:リスグラシュー:1.35.5 12.6-11.4-12.3-12.5-12.2-11.5-11.7-11.3(良) 48.8-46.7

2015年:デンコウアンジュ:1.34.1 12.5-11.3-11.1-12.4-12.6-11.9-11.1-11.2(良) 47.3-46.8

☆傾向

①残り600mから一気に加速する上がり3F勝負

ラッキーライラックが勝った2017年を除き、ラスト3Fは全て11秒台。上がり3Fで加速できることが重要で過去5年の連対馬10頭中7頭は勝利したレースでの上がり順位が1位、残り3頭は単独2位だった。

②上がり3F内に11秒台前半が出せる最高速が必要

過去5年のレースを見るとどの年もラスト3Fに11秒台前半が必ず1Fは出てきており、直線で仕掛けてからのトップスピードの高さは必須要件。過去5年の連対馬10頭中8頭は勝利したレースの上がり3F内に11秒台前半のハロンタイムがあった。

前走で魅せた末脚はレーヴディソール級⁉

過去の傾向を見てみるとやはり直線での「切れ味」が重賞視されるレースのようですね。

そうだね。だから早速「☆傾向」で太字にした部分を満たすか否かを全馬調べてみたら以下の通りになった。

両方の条件を完璧に満たすのは6ククナ9オレンジフィズの2頭ですね。

そうなれば本命は

6ククナ

で決まりだね。

前走時は館山さん絶賛してましたもんね。

詳しくは以下のブログを確認してほしいんだけど、簡単に言うとラスト2F11.4-11.1と言うハロンタイムの推移がとにかく破格。特にラスト1F11.1と言う数字は2歳戦だけでなくすべての芝レースの中で3位タイの速さ。これと同じ、もしくは上回るハロンタイムの馬は4頭いるんだけどその内2頭が平地重賞勝ち馬で1頭が平地重賞連対馬、残りの1頭がジャンプ重賞勝ち馬で皆重賞で好成績をおさめている。このことからククナ自身も重賞級のポテンシャルを秘めているのは間違いない。

しかもこの馬はこの速い加速ラップの上がりを直線で差し切るという圧巻の芸当を見せている。「北海道の芝1500mを加速ラップで差し切り」と言えばレーヴディソールとダブるところがあるけど、彼女くらい走ってもおかしくない馬。

ぶっちゃけて言うと「サラブレ」の「秋のG1予想コンテスト」でも2歳G1はこの馬で応募したくらい期待している馬。人気はソダシに持っていかれそうだけど、すんなり勝ってG1に駒を進めてほしい逸材だよ。

◎3ククナ

〇9オレンジフィズ

▲7ウインアグライア

△5ユーバーレーベン

×14ソダシ

買い目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です