久方ぶりの母父アグネスタキオン祭り⁉~11/15おすすめ馬紹介~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。

あー!鬼滅の刃観に行きてぇーーー!

館山さんまだ観に行ってないんですか?

行くチャンスは何度かあったんだけど結局行けないままズルズルと。

ふーん。でも、コミックスで見たところなんでしょ。わざわざ見に行く必要あるんですか?

バカなこと言ってんじゃないよ!今回映画化された「無限列車編」は名シーンがたくさんある原作の中でも珠玉のエピソードと言っても過言じゃない。

それにアニメになったことで戦闘シーンに迫力が増すのは間違いない。それに「鬼滅の刃」は音楽も良いから是非とも映画館で観たい作品なんだよ!

じゃあさっさと観に行けばいいじゃないですか。

うん。まぁそうなんだけどね。

さぁ、バカなこと言ってないでおすすめ馬紹介行きますよ。

自信度☆☆☆

阪神12R ドンカスターC 10イッシン

☚この馬のここがスゴイ…前走は快速馬ぞろいのレースで展開不向き。そのレースでハナを取り切ったスピードはこのクラスでは最上位だ。

日曜のイチオシは阪神最終のイッシンだよ!

イッシンは前走の妙高特別で「気になる馬紹介」で取り上げた馬ですね。

この妙高特別はイッシン以外にもプリモダルク、グランマリアージュとこのクラスでも上位のテンの速さを持っている馬が出走しており、それらの馬がやりあったせいで前崩れになった。その中でこれらの馬からハナを奪い、かつ6着まで粘ったこの馬のレースぶりは称賛に値するものだったと思う。

今回はダートスタートになるが小倉1000mのようにダートスタートのレースでもすんなり先手を取れているので今回も先手は取れるだろうし、単騎での逃げが叶えば今度は逃げ切り濃厚だろう。

自信度☆☆

阪神8R 古馬2勝クラス 1オールザワールド

☚この馬のここがスゴイ…前走鳴滝特別は重賞級の馬が複数頭出走した「ハイレベルレース」。そこで2着のこの馬は素直に信頼。

この馬の前走は館山さんが「ハイレベル」と断言されていた鳴滝特別ですね。

よく覚えてるね。まさしくその通りでこの馬の前走鳴滝特別は小牧特別でアリストテレス(菊花賞2着)とほとんど差がなかったヒートオンビートとフライライクバード、重賞で掲示板に載った経験のあるルリアンやラインハイト、同クラス2着経験のあるリノキアナやエンデュミオン等かなり骨っぽいメンバーが揃っていたレース。

そんな中オールザワールドは初めての2200mと言う距離に戸惑うことなく、3角2番手という積極的な競馬から2着に踏ん張った。

キズナ産駒はビアンフェのような短距離型からディープボンドのようなステイヤーまで幅広く輩出している種牡馬だがこの馬は後者に近いイメージでこの距離は合っていそう。

メンバーレベルはさすがに前走より落ちるのは間違いないのでここは強敵と戦ってきた経験がものを言うと思うよ。

東京9R 神奈川新聞杯 7チビラーサン

☚この馬のここがスゴイ…前走はそれまで結果が出ていなかった荒れ馬場で好走。充実期を迎えた可能性高くこのクラスも一気に突破だ!

チビラーサンはこれが現級3戦目。前走の鷹巣山特別では2着と好走しました。

その鷹巣山特別がこの馬の転機になる気がするんだよね。と言うのもこの馬これまで馬券になったレースは例外なく「左回り」で「ラスト3Fに11秒台前半を含む」切れ味を生かせるレースだった。しかし、前走の鷹巣山特別はラスト3Fが11.6-11.9-11.9と上がりがかかるタフな展開。今までのチビラーサンなら凡走してもおかしくないところをしっかりと2着に追い上げた。

個人的にはこういう「それまで結果の出ていなかった条件で好走」と言うのはその馬が一段階階段を上ったというか充実期に入った証だと思うんだよね。 今回は前回よりも馬場が良くこの馬に合った適性に近づくと思うから連続好走の可能性はかなり高いんじゃないかなと思う。

単勝はもちろんだけど、負けるとしたら6サクラトゥジュールだろうからそことの馬連も押さえたいね。

福島12R 会津特別 7タマモティータイム

☚この馬のここがスゴイ…テンのスピードだけならオープンまで行ったアンバルブライベンに匹敵(例え古っ!)。2勝クラスなら快速で逃げ切る!

タマモティータイムは未勝利勝ちの後館山さんが「気になる馬紹」で取り上げた馬ですね。

未勝利戦のテンの2Fが21秒台。ダッシュ力は間違いなくもっと上のクラスに行けるものがあるからね。イメージ的には芝1200mで重賞を2勝したアンバルブライベンに近い。

馬場が悪くなってくるであろう3週目だと不安もあるけれど、このクラスならスピードで押し切ってくれることを期待したい。

自信度☆

阪神10R オータムリーフS 5エルモンストロ

☚この馬のここがスゴイ…これまでは1200mを使われてきたが、この馬のベストは1400mの可能性大。耐久力を生かして上位入線も⁉

エルモンストロはオープンに入ってから2戦が12着、8着。このクラスでは頭打ちなのでは?

敗れた2戦は新潟1200mと中山1200m。どちらもテンの2Fが22秒台になることが多く適性的にはダッシュ力が重要になってくるコース。現にNST賞、ながつきSはどちらもテンの2Fが22秒台。

エルモンストロは3勝クラスをダート1200mで勝っているけど、元々は中距離を中心に走っていた馬で血統的にも1200mベストと言う感じの馬じゃない。

今回は1400mに距離が延びて追走が楽になる分長く脚を使う必要が出てくるが、この馬にはそれがプラスになる可能性が高い。 3歳時のユニコーンSでは今回人気するであろうヴァニラアイスとハナ差の5着と能力的にはここでも引けはとらないと思うし、勝ち負けになる余地は十二分にあると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です