マドンナ痔だった?~東京スポーツ杯2歳S~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。今日も何です?このタイトルは。

東スポと言えばこれでしょう!今の時代だと訴えられかねないこの見出し!

確かにパッと見のインパクトは強いけど

だから何やねん⁉

としか言いようがない見出しにかけては東スポの右に出る新聞はないですからね。

いやいや「UFO発見か⁉」なんて本当だったら地球を揺るがしかねない衝撃的なニュースだからね!

「本当だったら」ね。

さて、3日間開催の最終日はそんなエキサイティングなスポーツ紙「東スポ」の名を冠した東京スポーツ杯2歳Sが行われます。

どうせだったら新聞の見出しに載るような大穴馬券を的中させたいね。

過去5年時計&ラップタイム

2019年:コントレイル:1.44.5 12.9-11.0-11.4-11.8-11.7-11.8-11.7-10.8-11.4(良) 47.1-45.7

2018年:ニシノデイジー:1.46.6 12.7-11.5-12.0-12.3-11.9-11.6-11.6-11.4-11.6(良) 48.5-46.2

2017年:ワグネリアン:1.46.6 12.4-10.9-11.4-11.8-12.0-12.3-12.0-11.8-12.0(良) 46.5-48.1

2016年:ブレスジャーニー:1.48.3 13.0-11.4-11.7-12.1-12.4-12.6-12.0-11.2-11.9(稍重) 48.2-47.7

2015年:スマートオーディン:1.49.5 12.9-11.7-12.3-12.4-13.1-13.4-11.5-10.9-11.3(良) 49.3-47.1

☆傾向

①上がり3Fの加速力勝負

過去5年の平均ハロンタイム推移をみると残り600m地点から急激にペースが上がっていることがわかる。連対馬の傾向を見ても過去5年の連対馬10頭のうち8頭が「自信の上がり3Fが34.5を切り、かつ上がり順位が1位での勝利経験」があった。急激なペースアップに対応できる加速力が必要。

今年登録馬で該当するのはジュンブルースカイとドゥラヴェルテの2頭。

ただし、ここ3年は馬場の高速化も影響してか緩急のないラップになってきており、傾向に変化が出てくる可能性はある。

②実績馬が優勢

昨年こそ新馬を勝った直後の馬のワンツーだったが、それ以前に関してはオープン勝ちもしくは重賞2着のどちらかがある馬が7年連続で連対しており実績馬が有利。

ただし、今年は登録の段階でこの条件に当てはまる馬がいない。敢えて言うならリステッド競走2着があるジュンブルースカイか。

○○はレースレベルが高い⁉

この傾向を見る限り今年の本命は10ジュンブルースカイってことになりますかね。

いや、今年は敢えてこの傾向に逆らって

4レインフロムヘヴン

を狙ってみる。

この馬の前走は百日草特別。このレースを勝ったエフフォーリアを館山さんは「大物候補」と評されていましたね。

ラップが過去の名馬に比肩するレベルだったんだよね。

過去10年東京の芝1600m以上の2歳戦で「レースの上がり4Fが45秒台」と言うのは9レースしかなくて、その勝ち馬は錚々たる面子が揃っている。

過去10年東京芝1600m以上の2歳戦で上がり4F45秒台だったレースの勝ち馬一覧

確かにこれを見ると、グランアレグリア、クロノジェネシス、コントレイルにサリオスと現役でもトップクラスの馬が揃っていますね。

でしょ!それ以外の馬もヘイワノツカイとついこの間勝ったばかりでそれ以降まだレースに出走していないエフフォーリアを除けば、みんなこれ以降に重賞を勝っている。記録したレース自体が重賞と言う事も多いけど「上がり4F45秒台での勝利」ってこれくらい価値があることだと思う。

つまり百日草特別のレースレベルは高いと。

そういう事だね。正直このメンバーで「ラップを見て強調できる馬」って見当たらないし百日草特別2着・3着馬のワンツーも十分にあり得ると思うよ。

1番人気が予想される3ダノンザキッドについてはいかがでしょうか?

新馬戦は気の悪さを見せながらも残り200mはほぼ持ったままの圧勝で、しかも2着馬と3着馬はすでに勝ち上がっているし、メンバー的にもレベルは高かったと思う。

ただ、やっぱり初戦で見せた「気の悪さ」は気になる部分で、古い話になるけどダンスインザダークの新馬戦があんな走りでその後2連敗しているんだけど、その感じに今回のダノンザキッドがダブるんだよねぇ。名前の通りまだまだ子供で「完成」はまだ先、「安心して買えるか」と言う意味では疑問符がつく。

それに馬場が悪かったこともあるだろうけど、同開催の他の2歳新馬戦と比較してもラップ自体はそれほど特筆すべき点はない。最後流している点を考慮しても「ラップ予想」を売りにしてる俺っちとしては強く推せないかな。

個人的にはラップや時計の類は「十分条件」にはなっても「必要条件」にはならないと思っていてそれがないから買えないってことはないんだけど、ここまで人気している上に他に狙いたい馬がいるなら相対的に評価を下げてもいいとは思うよ。

4レインフロムヘヴン

7ヴェローチェオロ

10ジュンブルースカイ

11ドゥラヴェルデ

23ダノンザキッド

買い目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です