2つの適性が重要~AJCC予想~

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。日曜日の中山メインは好メンバーが揃うAJCCです。

そうだね。G1ホースこそいないけど、去年のG1で馬券になった馬が5頭もいる。
ただし、日曜日の中山は雪の予報も出ているし、土曜からずっと悪天候が続くのは間違いなさそう。一筋縄ではいかないレースになりそうだね。

ただでさえ当たらないのにこれは的中の望みは薄そうですね。

やかましわ( `ー´)ノ。
ここはビシッと当てたろやんけ!!

お願いしますよ。ホント。
では、予想に入っていきましょう。

過去5年時計&ラップタイム

2020年:ブラストワンピース:2.15.0 12.8-12.0-12.912.3-12.4-12.0-12.0-11.9-12.1-12.1-12.5(稍重) 62.4-60.6

2019年:シャケトラ:2.13.7 12.5-11.5-12.7-12.6-12.9-12.8-12.4-11.7-11.8-10.9-11.9(良) 62.2-58.7

2018年:ダンビュライト:2.13.3 12.8-11.2-12.3-12.512.512.0-12.2-11.811.8-12.1-12.1(良) 61.3-60.0

2017年:タンタアレグリア:2.11.9 12.6-10.8-12.411.9-11.9-12.3-11.8-11.9-12.2-11.8-12.3(良) 59.6-60.0

2016年:ディサイファ:2.12.0 12.3-11.2-12.812.2-12.3-12.0-12.0-11.8-11.6-11.8-12.0(良)

☆傾向

①早めにペースが上がる後傾ロングスパート。段階的にペースを上げられる持続力のある馬が有利。

過去5年中3年はテンの3F目を頂点にジワジワとペースが上がっていく後傾型のレース。ロングスパートになりやすい分、後半急激にペースアップすることは少ないので持続力が問われやすく加速性能はそれほど重視されない

持続力と重馬場適性の両方がある馬を狙いたい

冒頭でも言った通り日曜の中山は悪天候で馬場の悪化は避けられない。
ここはレースの適性だけでなく「重馬場への適性」も必要になってくるのは間違いなさそう。

なるほど。そういう事なら順番に検討していきましょうか。
まずはレースへの適性から行きましょう。

このレースの特徴は5年中3年でテンの3F目が1番遅いハロンタイム(テンの1Fと2Fを除く)になっている。
また、2019年を除く4年で「最もハロンタイムの遅い箇所から次のハロンタイムのペースの上がり幅」が全体の中で1番大きかった。

例えば2020年のブラストワンピースが勝ったレースで言うと、テンの3F目が12.9でレース中最も遅いラップ。
そしてその次のラップが12.3で上がり幅は0.6秒と(テンの1F目→テンの2F目を除くと)上がり幅がレース中一番大きい。

だから、このレースに必要な能力は「早めにペースを上げることが出来て、そこから長くスピードを落とさずに走ることが出来る能力」と言えると思う。

いわゆる「持続力」ってやつですね。
では、具体的にはどんな馬が良いんでしょうか?

目安としては今回採用したいのは
◆道中で最も遅いラップがラストから数えて7F目より前
◆道中で最も遅いラップから次のラップへの上がり幅の大きさがレースの中で最も大きな上がり幅となっている。
この2点を条件としたい。

これら両方を満たすレースで勝利経験のある馬は
2サンアップルトン
3ノーブルマーズ
4ヴェルトライゼンデ
6ベストアプローチ
7タガノディアマンテ
9アリストテレス
10モズベッロ

16ジェネラーレウーノ
17ジャコマル

の9頭。

持続力で浮上してくるのはその9頭と言う事ですね。
では続いて重馬場に対する適性を見ていきましょう。

個人的に重馬場で強い馬ってのは「他の馬が速く走れないときに我慢してスピードをそれほど落とさずに走れる馬」っていうイメージ。だからハイペースでの実績と互換性が高いんじゃないかと思う。

だから、ハイペース=前傾ラップで好成績を残している馬を推したい。具体的には「テンの3F目のラップがラスト3F目と2F目の両方より速い芝1800m以上のレース」で勝利経験のある馬。
今回のメンバーで該当するのは
1サトノフラッグ
9アリストテレス
10モズベッロ

15ウインマリリン
16ジェネラーレウーノ
17ジャコマル

の6頭。

両方に該当するのは
9アリストテレス
10モズベッロ

16ジェネラーレウーノ
17ジャコマル

の4頭ですね。
この中から軸馬を選ぶ形ですかね。

う~ん。この4頭はそれぞれに不安要素もあるからなぁ~。
どっちかと言うとBOXで買いたいかな(;^_^A。

具体的に不安要素とはどんなところでしょう?

アリストテレスは去年のクラシックで活躍した馬がコントレイル以外その後パッとしないので世代レベルに疑問符がつく。人気がなければそれほど気にしなくても良いんだろうけどおそらく1番人気になるであろう馬としては馬券的妙味に欠ける。
モズベッロはやはり状態面。昨年秋の大怪我から急仕上げで挑んだ有馬記念は勝ち馬から3秒以上離されたシンガリ負け。明らかに仕上がりきっていなかった印象でわずか1か月で劇的に良くなってくるのは少し考えづらい。
ぶっちゃけ状態面に不安さえなければモズベッロ軸で行きたいと個人的には思ってる。

ジェネラーレウーノは故障による長期休養もあったけど、該当レースが2年以上前でデータの信憑性が少し落ちている印象。血統的には不良馬場の芝で20%近い勝率を誇るスクリーンヒーロー産駒だけに血統的な期待値も大きいけどね。
ジャコマルは前走3勝クラスの勝ち方がラスト3Fの上がり勝負を逃げ切りとかなり展開に恵まれた勝ち方。このクラスで通用するポテンシャルがあるかは微妙と言わざるを得ない。

正直大見得を切ったけど、それほど自信のあるレースではないかな(;´∀`)。

◎9アリストテレス

〇16ジェネラーレウーノ

▲10モズベッロ

△17ジャコマル

推奨買い目

自信度…☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です