【競馬】馬券を買うより将来のためにしっかりと見るレース?【きさらぎ賞予想】

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。
日曜日の中京メインは3歳クラシックへの登竜門・きさらぎ賞です。
今回のメンバーをご覧になっていかがでしょうか、館山さん。

全くわからん!
自信無ぇ!!

そんな無責任な!

だって3歳の中京芝2000mなんて条件、新馬・未勝利戦を除くと去年の秋のローズS、今年の若駒Sと1勝クラスの計3レースの前は2013年まで遡らないと施工例がないんだよ!

過去のデータはもちろん、コースの傾向もイマイチ掴めない。
正直個人的には「見」しても良いレースだと持ってるよ。

予想ブログでそんなんありなんですか?

読者の皆さんはどう思ってるかは知らないけど、
個人的には「予想家」じゃなくて「競馬ブロガー」でしかないと思ってるからこんなんでもいいんだよ。

めっちゃ屁理屈に聞こえますが……。

気にしない気にしない。

自信がないなら人気薄を狙えばいいじゃない

で、結局どうするんですか、予想。

自信のないレースはやることひとつ
「人気薄を狙う」
これに限る。
自信がないってことはある意味
「人気馬が信用できない」
ってことでもあるから。

なるほど。ローリスクハイリターンを狙うってことですね。
ではどの穴馬を狙いましょう。

ずばり、
5タガノカイ
を狙いたい。

推奨理由は何でしょう?

3歳重賞って芝1800mと2000m、いや、正確にはコーナー2回のU型コースとコーナー4回のO型コースで大きくペースが異なると個人的には思ってる。

具体的にはどういったところでしょう。

U型コースのレースは基本的に直線の長いコースが多く、その分最高速を引き出すのに十分な”助走”箇所があるから仕掛けが遅くなりがちでスローの上がり勝負が頻発しやすい。
一方で、O型コースは直線の短いコースが多く直線になってから仕掛けていたんじゃ最高速に到達する前にレースが終わってしまう。みな早め早めの仕掛けを意識する結果ペースアップのタイミングが前にズレて持続力勝負になりやすいと思う。

要するに、2000mの重賞は加速性能の良さや最高速ではなく、持続力を問われるレースになりやすいと。

そういう事。
で、俺っちが推奨したタガノカイは前走の1勝クラスのレースのラップが
12.8-11.3-13.3-13.0-11.9-11.7-12.0-11.6-11.7-12.4
残り1200m地点から11.9といきなりペースが上がり、そこからゴールまで12.5を切るラップが続くロングスパート戦。
そのレースで早めに後ろからつつかれながら終始先頭を譲らず、自力でこのラップを作り出したタガノカイの持続力は褒められていいと思うよ。

ここはランドオブリバティやヨーホーレイクと言ったホープフルS上位?組が人気するだろうし、人気も手ごろ。
ならば思い切ってこの馬を狙ってみるのも面白いと思うよ。

◎5タガノカイ

△1ジャンカルド

△3ヨーホーレイク

△4ダノンジェネラル

△9ランドオブリバティ

△11アランデル

推奨買い目

自信度…☆

↓↓↓俺っちの中で「ビスケットナンバーワン」と言えばこれ!!↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です