【競馬】馬場読みの難しさ【小倉大賞典】

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。
今日も今日とて競馬予想。
日曜日の小倉メインは名物ハンデ重賞の小倉大賞典です。

このレースは馬場読みがすごく難しそうだよね。
先々週までの外差し+時計のかかる馬場ならカデナの差しきりが濃厚だと思ったけど、Bコースに替わった先週の馬場ならトーラスジェミニの逃げ切りも十分に考えられたかなと思う。

当日の馬場読みが重要と言う事ですね。

そうだね。
ぶっちゃけ当日の芝レースの様子を見てから予想を固めても良いかもしれないね。

とは言え、このブログではそうはいきません。
早速予想に入りましょう。

過去5年時計&ラップタイム

2020年:カデナ:1.48.3 12.2-11.6-12.212.2-12.1-12.1-12.011.9-12.0(良) 48.2-48.0

2019年:スティッフェリオ:1.46.7 12.2-11.1-12.312.0-11.8-11.9-11.7-11.6-12.1(良) 47.6-47.3

2018年:トリオンフ:1.46.1 12.3-11.1-11.8-11.9-12.4-12.1-11.611.1-11.8(良) 47.1-46.6

2017年:マルターズアポジー:1.45.8 12.2-11.1-11.5-11.411.4-11.7-11.7-11.9-12.9(良) 46.2-47.2

2016年:アルバートドック:1.46.7 12.4-11.2-11.9-12.0-11.9-12.0-11.5-11.7-12.1(良) 47.5-47.3

☆傾向

①大きな緩急差のないイーブンラップ。スピードの耐久力が物を言う。

去年のレースが特に顕著だが、過去5年中3年で全体の最速ラップと最遅ラップの差が1秒以内と中距離にしては極端に緩急差がないイーブンラップなのが特徴。一定のスピードを維持できる耐久力が必要。

②開催週によって傾向は異なる。先週からBコースに替わったことでパワーよりスピード優勢の馬場に⁉

冬の小倉開催は芝質の振り幅が大きく馬場が良いと11秒中盤位で終始するスピード優勢のラップになるが、去年のように開催後半、芝が荒れた状態でレースを迎えると12秒台前半~中盤で推移するややパワーよりのラップになる(とは言え、福島で行われる七夕賞や福島記念のように「後半3F全て減速ラップ」と言うことは少ないためパワー全振りの馬にとっては厳しいレース。)

今年は第2回開催でのレースになるが、先週からBコースに替わったことにより時計が出るようになった。土曜競馬のタイムを見ても依然芝の状態は良くスピード優勢のレースと考えて良さそうだ。

日曜日は時計が十分に出る。それならば去年夏の小倉チャンピオンに賭ける!!

では、早速ですが館山さんの本命をお伺いしましょう。

俺っちの本命はズバリ、
6アールスター
だよ。

昨年の小倉記念の覇者ですね。

その小倉記念のラップ構成が、今回の小倉大賞典に近いものになりそうなんだよね。
まぁ、同じ小倉の中距離だから「そりゃそうだろ!」って言われたらそれまでなんだけど……。

近いって言うのは「緩急が少ない」と言う点ですか?

それもあるし、「ある程度時計の出る馬場」と言う点もそう。
12.0-10.8-11.3-11.8-12.2-12.2-12.0-11.5-11.7-12.0
と言う「終始11秒台後半~12秒台前半」で推移するようなラップで、これは小倉大賞典のイメージに近しいラップ。
このレースを勝ったアールスターなら1800mに距離が短くなるこのレースでもいい競馬できると思う。

ここ3走は結果が出ていませんがいかがでしょう?

ここ3戦は、
新潟記念がラスト5F13.0-11.9-10.8-10.7-11.6
と一気にペースが上がる加速力と最高速を問われるレースで適性外。
アルゼンチン共和国杯は距離が長かったし、
中山金杯はスローからじわじわペースが上がる前有利のレースを最速上がりで追い込んで5着。
前半からペースが上がりやすい今回はその末脚を存分に生かせる可能性が高い。去年のカデナと同じパターンだね。

まぁ色々言ったけど、要するに
「ここ3走は適性外のレースを走ってきたから、適性のあるレースに戻る今回は絶好の狙い目」
ってことだね。

他に気になる馬はいますか?

去年と同じ「中山金杯=スローで惨敗→小倉大賞典=ペースが上がって差しが決まる」と言うパターンが十分に考えられる1カデナ、小回りの1800mは多少ペースを上げてもしぶとく走れることからベスト条件と思える8トーラスジェミニ、人気だけど力は上位の15ボッケリーニはマストで押さえたい。

大穴は16ディアンドル
前走愛知杯は同じく逃げを争った2頭が揃って17着、18着になったのに対し、10着まで踏ん張った。
明らかに差し有利となったレースの内容としては決して悪くない。

父ルーラーシップは今年の小倉芝成績は1日4勝の固め打ちを含む7勝と冬の小倉を滅法得意としてる。
これまで短距離でしか実績がないけど、中距離で一変してもおかしくないと思うよ。

◎6アールスター

△1カデナ

△8トーラスジェミニ

△15ボッケリーニ

△16ディアンドル

推奨買い目

自信度…☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です