【競馬】最近はダート短距離にハマってます【4/17おすすめ馬】

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。
今日も今日とて競馬予想。
今回は土曜日4/17のおすすめ馬を紹介します。

最近はダート短距離が多いけど、今日も3頭ともダート短距離での狙いだよ。

土曜のおすすめ馬

自信度☆☆

阪神6R 3歳1勝クラス 11ジェットエンブレム

☞この馬のここがスゴイ…前走はダート1400mで前半22秒台を早めに仕掛ける王道競馬。最後バテたが1200mに距離が短くなる今回は粘れるはず。

ジェットエンブレムの前走はテンの2F22秒台のハイペースを4角で早めに前を捕まえに行く強気の競馬。
さすがに最後は脚が上がったが、それでも7着ならそれほど悪い内容でもない。

今回は距離が1200mに短くなるが、何度も言っている通り阪神コースの場合、1400m→1200mになっても極端にペースが上がるわけではない。
であれば距離が短くなる分粘りが増すと考えるのが自然だろう。

今回は鞍上にルメール騎手を確保。
その分人気が上がるのは誤算だが、陣営の勝負気配もうかがえるし、チャンスは十分。

自信度☆

阪神8R 古馬1勝クラス 9ハニエル

☞この馬のここがスゴイ…近走は常に上がり最速。前走は上がり3F2位に0.5秒、同3位に1.4秒の差をつける圧倒的末脚。メンバーが楽になった今回は必勝態勢か⁉

ハニエルはここ7戦中6戦で上がり最速を記録している堅実な末脚が魅力。
その中でも不良馬場で行われた前走は、勝ったブッチーニ(上がり順位2位)より0.5秒速い上がりを披露。上がり3位のラフリッグフェルとより1.4秒速い上がりでまさしく圧倒的末脚と言えるだろう。

本来であれば、こういう良い脚を使いながら勝ち切れない馬は「届かないのでは?」と言う不安もよぎるのだが、今回のメンバーを見ると他の人気馬が、
ベストチャーム…中京は残り600m~400mで大きく緩むラップ構成でそれが向いた可能性(事実その部分でペースが緩まなかった前走の阪神戦は大敗)。
ヒロイン…中央未勝利
ジューンアクア…初ダート
とより不安要素が大きい面子。

それならこの馬の末脚が爆発し、突き抜ける可能性の方が高いと考えるのが自然だろう。

阪神10R 陽春S 9ゴールドラグーン

☞この馬のここがスゴイ…ハイペースで先行出来る現状を見る限りダート1200mがこの馬のベスト舞台。水を含んだ時計の速いダートなら逃げ残りも十分。

ゴールドラグーンは近走、結果こそ出ていないが、
5走前…逃げ馬潰しの”ペースブレイカー”マラードザレコードと先行争い
4走前…出遅れ
3走前…ハイペースを先行し4着
2走前…ハイペースを先行(1400m)
前走…芝
と敗因は割とスッと上げられる。

近走はテンの2F23秒を切るペースでもコンスタントに先行争いに加われており、”先行勢”というカテゴリーの中では決して大負けはしていない。

ジェットエンブレムのところでも述べたが、阪神や中京の1400m→1200mはペースがそれほど速くならないので、1400mでハイペースを先行出来ている馬は1200mでも問題なく先行出来、距離が短くなる分アドバンテージだけ稼げると言うのが俺っちの持論。

この持論を基にするならゴールドラグーンの現状最も得意な条件はダート1200m。
この条件2戦目で人気の出ないうちに狙うが吉。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です