【競馬】雨が降ったら短距離馬を狙え⁉【アーリントンC】

こんちわ~す。館山速人で~す。

アシスタントの大澄晴香です。
今日も今日とて競馬予想。
今回は土曜日の阪神メインアーリントンCを予想していきます。

開催で言えば3日連続の阪神芝1600m重賞。
もういい加減傾向の説明にうんざりしてきたよ。

基本的には先週の2レースと傾向は同じなんですか?

うん。
基本的には
良馬場→スローの加速力勝負、最高速比べで速い上がりを使ったレースで実績のある馬を狙うレース。
重馬場→ハイペースの耐久力勝負、パワー比べで淀みない流れ(11秒台が前半から連続で出てくるようなレース)で実績のある馬を狙うレース。
と言う感じだね。

土曜日の阪神競馬場付近は雨が予想されています。
と言う事は……。

それは予想の本編で。

過去5年時計&ラップタイム

2020年:タイセイビジョン:1.34.3 12.4-10.8-10.9-11.6-11.9-11.7-12.1-12.9(稍重) 45.7-48.6

2019年:イベリス:1.34.2 12.4-11.2-11.4-12.412.411.511.0-11.9(良) 47.4-46.8

2018年:タワーオブロンドン:1.33.4 12.4-10.8-11.3-12.0-12.211.411.3-12.0(良) 46.5-46.9

2017年:ペルシアンナイト:1.34.1 12.3-11.0-12.0-11.9-11.9-11.411.3-12.3(良) 47.2-46.9

2016年:レインボーライン:1.34.1 12.4-10.6-11.4-12.3-12.411.411.3-12.3(良) 46.7-47.4

☆傾向

①やはり良馬場なら加速力と最高速比べのレースになりがち

先週の阪神牝馬S、桜花賞と同様に残り600mで一気にペースが上がる加速力と最高速比べのレース。その証左として過去5年中4年で残り400m~200m地点でレース中最速(テンの2Fを除く)を記録している。

②ただし、雨が降ったら真逆の消耗戦に。

唯一の例外2020年は稍重で行われたレース。このレースは前半45秒台の前傾ラップで消耗戦となった。この「雨が降れば前がかりの消耗戦になる」と言う傾向は桜花賞にも見られたもので阪神芝1600m全体の傾向と見て問題なさそう。

タフな流れなら独壇場かも⁉後の重賞勝ち馬を負かしたあの馬が軸としては最適⁉

もったいぶってましたが、結局ハイペース実績馬を狙うってことでしょ。

うん。まぁそうなんだけど、少しくらい引っ張ったっていいじゃない。

具体的には「ハイペース」のレースと言うのはどういうイメージをすればよいでしょう?

テンの2F目、3F目がともに11秒台前半(少なくとも両方11秒台)で、そこから出来るだけ長く11秒台のラップタイムが続いているレースで、後半にテンの3F目より速いラップがないようなレースを勝っている馬が良い。

今回のメンバーで言うと、
8ピクシーナイト
が勝ったシンザン記念のラップは
12.5-10.9-11.3-11.6-11.8-11.6-11.6-12.0
とイメージとしてはぴったり。
しかもこの馬はこのペースを逃げ切っているからラップとしての価値は高い。

このレースの2着馬ルークズネスト、3着馬バスラットレオンはともに次走で重賞を勝っていますね。

それだけレベルの高いレースだったと言う事だろうね。
それもこの馬を大きなポイントになる。

ここまでモーリス産駒は重賞を3勝しているけど、勝ち馬の上がりは全て35秒台。
上がりの速い決着を予想するのであればリスクの高い馬だけど、パワー型決着と読むのならこれほど信頼できる軸馬はいないと思うよ。

ピクシーナイトを脅かす可能性のある3頭

では、ピクシーナイトが確固たる軸と言う事でよろしいでしょうか?

いや、ハイペース前提なら魅力的な穴馬が他にも何頭かいる。
単勝ならむしろその馬たちを狙った方が配当的には妙味がありそう。
ワイドだったらピクシーナイトからその馬たちにぶつける形を想定しているよ。

ずばりその馬たちとは?

12レイモンドバローズ
15ショウリュウレーヴ
18グレイイングリーン

の3頭だよ。

レイモンドバローズは1/16の中京芝1600m3歳未勝利戦を
12.5-10.8-11.0-11.5-11.8-11.8-11.8-12.9
のラップで逃げ切り勝ち。
勝ちタイム(1.34.1)こそシンザン記念(1.33.3)に劣るけど、前半4F45.8はシンザン記念より速い。そのペースを逃げ切っているのは価値がある。

タイムにしてもシンザン記念7着に相当する時計で、
「本来逃げ馬には厳しい流れのシンザン記念を逃げながら7着までに粘った」と考えれば穴馬としての価値は十分だろう。

ショウリュウレーヴは前走のラップタイムが優秀。
12.5-10.4-11.0-11.5-11.6-11.8-11.8
高速馬場を考慮しても、テンの3F33秒台でラスト1Fまで続けている点は高く評価できる。個人的には「芝1400mのレースで11秒台を6F持続して勝った2歳馬、3歳馬は強い」と思っているしね。

血統的にも、父のミッキーアイルはこのレースの勝ち馬。若いころはある程度速いペースで逃げて後続を消耗させ逃げ切るスタイルを採っていた馬で重馬場のこのレースのイメージにぴったり。

グレイイングリーンは新馬戦のラップが
12.5-10.9-11.3-11.8-11.4-11.3-12.0
と前後半両方に11秒台前半の2F持続がある比較的珍しいラップ。前半にも後半にも速いラップを刻める馬で淀みないペースでの適性は高そうに見える。

この3頭を「ピクシーナイトを逆転し得る伏兵」と定めたい。

◎8ピクシーナイト

〇12レイモンドバローズ

▲18グレイイングリーン

△15ショウリュウレーヴ

☆1トーホウディアス

☆14ワールドバローズ

☆17サンデージャック

推奨買い目

ちなみにこれはnetkeibaの俺プロの買い目。
指定金額以上購入(したと言う体で予想)しないといけない縛りがあるのでこの金額になっています。
実際の購入金額とは異なりますのでご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です